今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

チャンピオンズカップ2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 チャンピオンズカップ 事前予想

今週は、秋のダート最強を決める戦い、チャンピオンズカップの予想をしていくわよ!

チャンピオンズカップといえば、昨年15万馬券が出たことからもわかるように、G1としては相当に荒れるレース

それでも、好走する馬にはかなりわかりやすい条件があるから、データを使えば簡単に当てられるの。

先週のジャパンカップも、アーモンドアイからの3点でしっかり当てられたわけだし、今週も獲るわよ!

さっそく、今回の特別登録馬を確認してちょうだい。

2018年 チャンピオンズカップ 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アスカノロマン 57.0 川村禎彦 栗東
アポロケンタッキー 57.0 山内研二 栗東
インカンテーション 57.0 羽月友彦 栗東
オメガパフューム 56.0 安田翔伍 栗東
クインズサターン 57.0 野中賢二 栗東
ケイティブレイブ 57.0 杉山晴紀 栗東
ゴールドドリーム 57.0 平田修 栗東
サンライズソア 57.0 河内洋 栗東
サンライズノヴァ 57.0 音無秀孝 栗東
センチュリオン 57.0 田村康仁 美浦
ダノングッド 57.0 村山明 栗東
チュウワウィザード 56.0 大久保龍 栗東
パヴェル 57.0 モラ 外国
ヒラボクラターシュ 56.0 大久保龍 栗東
ミツバ 57.0 加用正 栗東
メイショウスミトモ 57.0 南井克巳 栗東
ルヴァンスレーヴ 56.0 萩原清 美浦
アンジュデジール 55.0 昆貢 栗東
ウェスタールンド セン 57.0 佐々木晶 栗東
ノンコノユメ セン 57.0 加藤征弘 美浦

それじゃ、過去10年のデータを基に、チャンピオンズカップの予想をしていくわよ。

前走レース別成績から見てちょうだい!

2018年 チャンピオンズカップ 前走レース別成績

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
JBCクラG1 3- 4- 4-31/42 7.1% 16.7% 26.2%
みやこSG3 2- 3- 3-30/38 5.3% 13.2% 21.1%
武蔵野SG3 2- 2- 0-25/29 6.9% 13.8% 13.8%
マイルG1 2- 0- 0- 4/ 6 33.3% 33.3% 33.3%
JBCLクG1 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
トパーズ 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
JBCスプG1 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
ブラジルH 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
エルムSG3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
JBCレデ 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
帝王賞G1 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
シリウスHG3 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
天皇賞秋G1 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
霜月SH 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
ブリーG1 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
福島民友 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
赤富士S1600 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
浦和記G2 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
プロキオG3 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ノTSG1 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ジャク 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ゴルCG1 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
コリC 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
インデG2 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
アンドロH 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
BCCG1 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

 

※今回出走する馬の前走レースだけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

OP特別条件戦海外を使ってきた馬はひととおり切ってかまわないようね。

また、地方のG2・G3を使ってきた馬が馬券になった例もないから、アポロケンタッキーミツバあたりもこのレースでは厳しいわ。

その他のレースについては…
武蔵野ステークス組は出走数のわりには好走した馬が少ないから若干マイナス、JBCクラシック組は安定感が高くて高評価、って感じね。

次は、前走着順別成績を見てちょうだい。

2018年 チャンピオンズカップ 前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 6- 4- 26/ 39 7.7% 23.1% 33.3%
前走2着 3- 1- 3- 17/ 24 12.5% 16.7% 29.2%
前走3着 1- 2- 2- 19/ 24 4.2% 12.5% 20.8%
前走4着 1- 1- 0- 13/ 15 6.7% 13.3% 13.3%
前走5着 1- 0- 0- 14/ 15 6.7% 6.7% 6.7%
前走6〜9着 1- 0- 0- 19/ 20 5.0% 5.0% 5.0%
前走10着〜 0- 0- 1- 18/ 19 0.0% 0.0% 5.3%

 

おおむね、前走の結果が良ければ良いほど、本走での活躍も見込めるようね。

そんな中でも前走2着馬の成績が妙にいいから、いちおう覚えておいてちょうだい。

また今回、他と比べて成績が1段落ちている、前走5着以降の馬について詳しく調べてみたの。
すると該当する馬は全員、前走の2番人気だったことがわかったわ。

もともと実績のある馬が前走でたまたま崩れただけ、というような場合でないと、前走で凡走した馬が馬券に絡むのは厳しいってことね。

アスカノロマンセンチュリオンメイショウスミトモあたりは切った方がいいわ。

次は、レース当日の人気別成績を見てちょうだい。

2018年 チャンピオンズカップ レース当日人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 2- 2- 3/ 10 30.0% 50.0% 70.0%
2番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
3番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
4番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
5番人気 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0%
6番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
7番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
8番人気 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
9番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
10番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
11番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
12番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%

 

まずわかりやすい所として、1番人気馬の安定感はかなり高いわ。

今年の1番人気は恐らく、Jpn1競争を2連勝中のルヴァンスレーヴ

彼を外すことはちょっと考えにくいわね。

他の部分に目をやると、10番人気以降の穴馬が4頭馬券に絡んでいるのが気になるわ。

そこで彼らについて詳しく調べてみたところ、該当する馬はみんな前走からの間隔が中3~4週、つまり10月末から11月頭のレースを使って来ていたことがわかったの。

ここまで切っていない馬は誰も該当しないから、今年は1桁人気の馬だけ考えればいいわね。

昨年のような軸荒れの展開に期待しましょう。

次は、脚質別成績よ。

2018年 チャンピオンズカップ 脚質別成績

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 3- 0- 1- 7/ 11 27.3% 27.3% 36.4%
平地・先行 2- 2- 5- 25/ 34 5.9% 11.8% 26.5%
平地・中団 3- 5- 2- 52/ 62 4.8% 12.9% 16.1%
平地・後方 2- 3- 2- 43/ 50 4.0% 10.0% 14.0%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

 

※このデータは、中京開催になって以降の4レースに絞って集計しているわよ。

日本のダートといえば前が有利、というのは良く言われることよね。

現にかなりの先行馬が馬券に絡んでいるけど…
過去4レース中、最終的により勝っているのは中段以降の馬なのよ。

中京は起伏の多いタフなコースだから、とくにG1のようなハイペースなレースなら、前が潰れて差しが届く可能性が高まってくるってわけ。

軸は差し馬、相手はタフな先行馬、という風に馬券を組み立てるといいわよ。

こんなところで、現段階における注目馬を紹介するわね。

2018年 チャンピオンズカップ 注目馬①

ルヴァンスレーヴ(牡3
【前走:マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1)2番人気1着】

今年、間違いなくトップクラスの支持を集めるであろうルヴァンスレーヴ

ダートをよく見ている人には有名な話だけど…
彼はここまでの通算成績が6-1-0-0、さらにG1級競走を3しているのよ。

前走では古馬との初勝負が不安視されていたけど、結局単勝1倍台の支持を得ていたゴールドドリームを1馬身以上突き放しての快勝だったわね。

ここまで調べたデータに照らし合わせても不安なところはないし、今のところかなり安心して買える1ね。

もちろん穴党の私としては、彼が飛ぶ可能性や、彼に先着する素質を持った穴馬についても調べていきたいところ。

最終的な評価は金曜日まで待ってちょうだい!

2018年 チャンピオンズカップ 注目馬②

ノンコノユメ(セ6
【前走:JBCクラシック(Jpn1)5番人気4着】

春のダート王決定戦ことフェブラリーステークス覇者であるノンコノユメ

ただその割には、中京の千八への適性が疑問視されているからか、それほど人気していない様子。

前走のJBCクラシックでトップと2馬身近く離された、というのも影響しているかも知れないわね。

ただその前走で見せてくれた末脚は、他の馬とは明らかにレベルの違うものだったわ。

4角地点で最後方にいたせいでさすがに届かなかったようだけど、展開次第では十分に勝利もあり得たんじゃないかしら。

一気に本格化した今年の彼なら、過去にチャンピオンズカップを走ったときよりもさらにいい走りを見せてくれるはず。

データ的にも文句はないし、狙い目よ!

秋のダート最強を決めるチャンピオンズカップ
あまり注目されていないアノ馬が、ルヴァンスレーヴに勝つかもしれないわよ!

2018年 チャンピオンズカップ 注目穴馬

サンライズソア(牡4
【前走:JBCクラシック(Jpn1)1番人気3着】

前走では、さきほど紹介したノンコノユメの猛追を凌ぎ切って、3着に粘り込んだサンライズソア

チャンピオンズカップは逃げ・先行馬の複勝率が高めだから、彼のように実績のある逃げ馬をぜひ馬券に含めておきたいところ。

また本走では「マジックマン」ことモレイラJが騎乗してくれるのも追い風ね。

芝とダートで条件は違うけど、10月の毎日王冠でアエロリットを逃がして勝ったときのような展開に期待しちゃうわ。

彼はここまで調べたデータに照らして問題はないし、人気順も1桁人気ながらそこそこオッズの付くちょうどいい所になりそう。

彼は展開次第で、ルヴァンスレーヴに先着することさえあり得るわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次