天皇賞(春)の無料予想はココをタップ

弥生賞ディープインパクト記念2022のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

今週は皐月賞へのステップレース、弥生賞ディープインパクト記念(G2)を予想するわよ!

かつてはかなりカタく決着するイメージの強かった、このレース。

ただ直近10年では4度も6桁配当が飛び出しているなど、混戦ムードが高まっているのよね。

今年は昨年最優秀2歳牡馬を受賞したドウデュースが参戦してくるけど、傾向上は彼が飛ぶ可能性も十分、ということは忘れないでちょうだい。

今回も過去のデータを駆使して、ドウデュースの信頼度や、番狂わせの可能性を秘めた伏兵を炙り出しておいたわ。

回収期待値500%オーバーの穴馬候補、要チェックよ!

さっそく、特別登録馬から確認していくわ。

目次

特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アケルナルスター 56.0 清水英克 美浦
アスクビクターモア 56.0 田村康仁 美浦
インダストリア 56.0 宮田敬介 美浦
ジャスティンロック 56.0 吉岡辰弥 栗東
ジャスパージェット 56.0 森秀行 栗東
ドウデュース 56.0 友道康夫 栗東
ボーンディスウェイ 56.0 牧光二 美浦
マテンロウレオ 56.0 昆貢 栗東
メイショウゲキリン 56.0 池添兼雄 栗東
ラーグルフ 56.0 宗像義忠 美浦
リューベック 56.0 須貝尚介 栗東
ロジハービン 56.0 国枝栄 美浦

それじゃあ今回も過去10年分のデータを使って、弥生賞ディープインパクト記念の予想を組み立てていくわね。

まずは、レース当日の人気別成績から狙い目の券種を炙り出すわよ。

レース当日人気別成績

当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 2 1 4 30.0% 50.0% 60.0%
2番人気 3 2 2 3 30.0% 50.0% 70.0%
3番人気 0 1 2 7 0.0% 10.0% 30.0%
4番人気 1 2 2 5 10.0% 30.0% 50.0%
5番人気 0 0 2 8 0.0% 0.0% 20.0%
6~9人気 3 2 0 35 7.5% 12.5% 12.5%
10番人気以下 0 1 1 24 0.0% 3.8% 7.7%

荒れ気味とはいえ、1・2番人気は複勝率が60%オーバーとそこそこ信頼度は高めね。

ただ勝率は決して高い数値とは言えないし、9番人気までは勝ち馬が出ていることから、軸に固定するのはやや危険な感じ。

1・2番人気を馬券に絡めたボックス買いがよさそうね。

また穴馬の傾向についてだけど、10番人気以降からも2頭が馬券に絡んでいて、2013年に連対したミヤジタイガは当時のオッズが単勝119倍と、やはり大穴クラスも侮れない印象。

大荒れも考慮して、券種は点数を抑えて高配当が狙える3連複をオススメしておくわ。

ちなみに6番人気以降から馬券になったのべ7頭を調べてみたら、うち5頭がデビューから5戦以上のキャリアがあったの。
さらに先ほども言及した2013年に単勝119倍で連対したミヤジタイガは、中山開催の1勝クラスでの勝ち鞍があったのよね。

現時点の下馬評に限って見てみると、6番人気以降でどちらの条件にも該当しているのは、葉牡丹賞での勝ち鞍があるボーンディスウェイのみ。
彼は傾向上かなり怖い存在になる、と言っておくわ。

次は、前走クラス別成績を見てもらうわよ。

前走クラス別成績

前走 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
同クラス 8 7 10 37 12.9% 24.2% 40.3%
今走昇級戦 2 3 0 45 4.0% 10.0% 10.0%
前走 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 2 3 7 5 11.8% 29.4% 70.6%
G3 4 3 3 22 12.5% 21.9% 31.3%
OP特別 2 1 0 7 20.0% 30.0% 30.0%
1勝クラス 2 2 0 29 6.1% 12.1% 12.1%

※今回登録されている馬の前走クラスだけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

まず、前走と同クラスだった馬の方が走る、ということを頭に入れておきたいわね。

そしてその中で勝率がもっとも高いのは、前走OP特別組
レース別にして、今回該当する馬を当てはめてみると…。

■若駒S【2-1-0-0 / 勝66.7% 連100.0% 複100.0%】:リューベック

■ヒヤシンスS【0-0-0-2 / 勝0.0% 連0.0% 複0.0%】:ジャスパージェット

■ジュニアC【過去10年前例なし】:インダストリア

若駒Sを使ったリューベックは馬券から外せない、と言えるほど好ローテーションなのがわかるわね!

また前走G1組も、複勝率70.6%と見逃せない数値が出ているわ。
ここもレース別にして、今回該当する馬を当てはめてみると…。

■朝日杯FS【1-2-3-2 / 勝12.5% 連37.5% 複75.0%】:ドウデュース

■ホープフルS【1-1-4-3 / 勝11.1% 連22.2% 複66.7%】:ボーンディスウェイ・ラーグルフ

どちらも複勝率が高くて馬券に含めやすいデータになっているけど、より成績がいいのは朝日杯FS組
1番人気筆頭のドウデュースには追い風になる材料ね。

次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。

前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
前走1着 7 6 1 41 12.7% 23.6% 25.5%
前走2着 0 0 3 6 0.0% 0.0% 33.3%
前走3着 0 1 2 8 0.0% 9.1% 27.3%
前走4着 1 2 1 6 10.0% 30.0% 40.0%
前走5着 2 0 2 1 40.0% 40.0% 80.0%
前走6~9着 0 1 1 16 0.0% 5.6% 11.1%
前走10着~ 0 0 0 7 0.0% 0.0% 0.0%

勝ち馬の7割は前走1着馬、というデータね。

前項で好データに該当していた馬たちに限定すると、リューベックドウデュースは有力な勝ち馬候補よ。

ただもっとも成績がいいのは、前走5着馬
複勝率は80%とかなり安定しているし、単勝回収率は実に1364%にもなるの。

前走で馬券から漏れているにもかかわらず、これほどの好走傾向にあるのはちょっと奇妙な感じがするんだけど、該当するボーンディスウェイは高く評価しておきたいわね。

逆に前走10着以降だった馬は、好走率0%
傾向上ジャスパージェットは、ここで切らざるを得ないわね。

次は、騎手の乗り替り別成績を見てもらうわよ。

騎手乗り替り別成績

前走騎手 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
同騎手 6 6 7 38 10.5% 21.1% 33.3%
乗替り 4 4 3 47 6.9% 13.8% 19.0%

前走と同騎手だった馬の方が成績がいいようね。

馬券を組む際は、乗り替りのない馬に比重を置いて考えましょう。

ちなみに前走から乗り替りがあって勝利した4頭のうち3頭は、中山開催のレースで馬券圏内になった実績がある、という傾向があったの。

今回乗り替りが予定されている子たちの中では、前々走の未勝利戦で勝利、前走の京成杯で連対した実績のあるロジハービンだけが該当することになるから、彼は好走傾向にあると見ておくべきね。

そんなところで、現段階における注目馬と穴馬候補を紹介するわよ!

注目馬➀

リューベック(牡3)
【前走:若駒ステークス(OP特別L)3番人気1着】

勝率6割超えの若駒Sを使ってくる、リューベック

そんな前走では上がり最速で最先着、さらに今回は前走から引き続き池添謙一Jが鞍上を務めるなど、現時点ではデータ上もっとも勝利に近い存在、と言えるんじゃないかしら。

これまで中山でのレースはないけど、逃げ先行策で結果を残してきている彼にとって、開幕2週目の馬場は決して悪い条件ではないはず。

思い切って先行する競馬ができれば、今回のメンバー相手にも十分勝ち負けになると見ているわ!

注目馬②

ドウデュース(牡3)
【前走:朝日杯フューチュリティステークス(G1)3番人気1着】

デビュー以降負けなしの3連勝を飾り、2021年の最優秀2歳牡馬に輝いたドウデュース

前走の朝日杯FSでは、セリフォスやジオグリフといった同世代トップクラスの実績馬を悠々差し切って最先着しているし、実力は今回のメンバーでも頭ひとつ抜けた存在、と言えるわね。

ドウデュースはデータとの相性もよくて、ここまでの検証で不安材料はなし
1番人気の信頼度が高め、という点でも、抜けて人気している彼は”買える”と判断できるわね。

現時点で彼が飛ぶことは考えにくいわ!

2019年には45万馬券が飛び出している、弥生賞ディープインパクト記念。
今年は回収期待値500%のアノ伏兵が、波乱を演出してくれそうよ!

注目穴馬

ボーンディスウェイ(牡3)
【前走:ホープフルステークス(G1)10番人気5着】

穴馬らしい好材料が揃っていた、ボーンディスウェイ

好ローテーションのホープフルS組であることや、複勝率80%の前走5着馬であるなど、データ検証では高く評価できるものばかりに該当していたわ。

何より本走において人気薄から馬券になり得る条件の「5戦以上のキャリア、かつ中山開催の1勝クラスで勝ち鞍あり」に唯一当てはまっていたとあって、穴党としては狙わずには居られない、って感じよね。

また彼は、中山2000mでは3戦2勝のコース巧者

敗れたホープフルSも最先着馬に0秒5差、3着馬には0秒1差と展開ひとつで勝ち負けになってもおかしくない走りができていたし、得意の舞台で開催される今回は適性的にも勝利まで期待できるわ。

現時点のオッズもかなりいいし、今回は狙うべきレースよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコ・デラックス
性別:セン
年齢:うるさいわね
出身地:千葉県
血液型:A型
星座:おとめ座
競馬歴:30年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人はとくに好物)
好きな券種: 馬連・3連複・3連単

目次