今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

弥生賞ディープインパクト記念2021のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 弥生賞ディープインパクト 事前予想

今週は皐月賞の優先出走権をかけた戦い、弥生賞ディープインパクト記念(G2)を予想するわよ!

昨年は上位陣が馬券を独占するなど、ガチガチに決着するイメージの強いこの競走。

ただ、ここ10年で見ると6桁配当が4度も出ていて、大荒れな展開も十分にあり得るレースだから油断は禁物よ。

今回もデータを使って各馬を調べ上げたところ、とある伏兵に激走を示唆する傾向が見つかったの。

高配当の再来を期待させる注目穴馬として紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、今年の特別登録馬を確認していきましょう!

2021年 弥生賞ディープインパクト 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
ゴールデンシロップ 56.0 木村哲也 美浦
シュネルマイスター 56.0 手塚貴久 美浦
スペシャルトーク 56.0 杉浦宏昭 美浦
ソーヴァリアント 56.0 大竹正博 美浦
タイセイドリーマー 56.0 矢作芳人 栗東
タイトルホルダー 56.0 栗田徹 美浦
タイムトゥヘヴン 56.0 戸田博文 美浦
ダノンザキッド 56.0 安田隆行 栗東
テンバガー 56.0 藤岡健一 栗東
ホウオウサンデー 56.0 奥村武 美浦
レインフロムヘヴン 56.0 堀宣行 美浦
ワンデイモア 56.0 国枝栄 美浦

それじゃあ今週も、過去10年分のデータを基に弥生賞の予想を組み立てていくわよ。

まずは、前走クラス別成績から見てちょうだい。

2021年 弥生賞ディープインパクト 前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 2 3 6 5 12.5% 31.3% 68.8%
G3 4 3 4 22 12.1% 21.2% 33.3%
OPEN特別 2 1 0 7 20.0% 30.0% 30.0%
1勝クラス 2 2 0 31 5.7% 11.4% 11.4%
未勝利 0 0 0 9 0% 0% 0%
新馬 0 1 0 6 0% 14.3% 14.3%

基本的には、格の高いレースを使った馬が好走傾向にあるようだけど…。

なかでも注目なのが、前走OP特別組
ここからは勝ち馬2頭を含めた3頭が馬券になっているんだけど、いずれも前走に若駒Sを使っていた、という共通点があるの。

今回該当するタイセイドリーマーは、絶好のローテーションと言えるわよ。

一方、苦戦気味の昇格組だけど…。
1勝クラスを使った馬たちだけは、そこそこ走れているわ。

この1勝クラス組で馬券になった4頭について詳しく調べてみたんだけど、4頭とも前走で3着以内に入っていたのよね。

本走では人気のシュネルマイスターをはじめ、計4頭が1勝クラスを勝ち切っての参戦だから要警戒よ。

次は、前走着順別成績を見てもらおうかしら。

2021年 弥生賞ディープインパクト 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 7 5 0 41 13.2% 22.6% 22.6%
2着 0 1 4 6 0% 9.1% 45.5%
3着 0 1 2 8 0% 9.1% 27.3%
4着 1 2 1 6 10.0% 30.0% 40.0%
5着 2 0 2 1 40.0% 40.0% 80.0%
6~9着 0 1 1 16 0% 5.6% 11.1%
10着以下 0 0 0 8 0% 0% 0%

前走1着馬の成績が目立っているわね。

そもそも弥生賞は、前走で最先着した馬が多く参戦してくるものなんだけど…。

今年も登録馬の半数以上が前走の勝ち馬だから、他のデータと照らした上で、この中から優勝候補を探すのがよさそうね。

ちなみに前走6着以降で馬券になった2頭について調べてみたら、そのなかに1勝クラスを使った馬はいなかったわ。

前走7着からの巻き返しをはかるスペシャルトークには、ちょっと厳しいデータになっているわよ。

次は、レース当日の人気別成績を見てもらうわ。

2021年 弥生賞ディープインパクト レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4 2 0 4 40.0% 60.0% 60.0%
2番人気 3 1 2 4 30.0% 40.0% 60.0%
3番人気 0 1 2 7 0% 10.0% 30.0%
4番人気 0 2 2 6 0% 20.0% 40.0%
5番人気 0 0 3 7 0% 0% 30.0%
6~9番人気 3 3 0 34 7.5% 15.0% 15.0%
10番人気以下 0 1 1 25 0% 3.7% 7.4%

1・2番人気が抜群の強さを見せているわね。

ここからは10年で7頭の勝ち馬が出ているし、複勝率の高さからも信頼できる、と言えるんじゃないかしら。

いまのところダノンザキッドシュネルマイスター、タイトルホルダーが高い支持を集めているわよ。

他には、下位人気ながら気を吐く6~9番人気の馬たちにも注目したいわ。

この範囲からはのべ6頭が馬券になっているんだけど、実はいずれも前走が芝1800m以下のレースだった、という共通点があるの。

芝2000mの本走において、距離が延長されるにも関わらず好調、という妙な傾向ではあるんだけど、同じ条件のゴールデンシロップがこのあたりの人気で走るようなら警戒したいわね。

最後は、所属別成績を見てもらうわよ。

2021年 弥生賞ディープインパクト 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 4 4 4 42 7.4% 14.8% 22.2%
関西 6 6 6 42 10.0% 20.0% 30.0%

成績が拮抗していて、優劣がつけにくいデータね。

やや関西馬が走る傾向にあるけど、関東馬だからと言って毛嫌いする必要はなさそうよ。

ちなみに弥生賞において、過去に単勝倍率30倍以上で馬券になった馬たちはいずれも関西馬

穴を狙うときは、関西所属の馬に比重をおいてもいいかもしれないわね。

そんなところで、現段階における注目馬を発表するわよ!

2021年 弥生賞ディープインパクト 注目馬①

シュネルマイスター(牡3)
【前走:ひいらぎ賞(1勝クラス)1番人気1着】

前走のひいらぎ賞では、後続に3馬身差をつけての最先着を果たしたシュネルマイスター
2走前の2歳新馬戦から連勝中とあって、今回もかなり人気しそうね。

そんな彼は今回の検証でも好データによく該当していて、優勝候補と目されるダノンザキッドにも十分対抗できる存在。

本走が初の中距離戦とはいえ、中山との適性は前走で証明済みだし、楽々勝ち切ってしまっても不思議はないわよ。

ただ、コスパに関しては多少の疑問が残るところ。
状態面も確認しながら、買い目については1週間かけてじっくり検討していくわよ。

2021年 弥生賞ディープインパクト 注目馬②

ワンデイモア(牡3)
【前走:3歳1勝クラス 7番人気1着】

前走の勝ち馬からは、ワンデイモアにも注目よ。

前走の3歳1勝クラスでは、10万馬券の立役者となった彼。
これで目下2連勝と、今メンバーのなかでもとくに勢いのある1頭、って感じね。

1勝クラスで馬券になった馬が好走している本走において、彼の成績は有利だし、何より本走と同じ舞台で快勝したのは好印象。
他の好データにもよく該当していたし、最先着まで狙える存在と言えそうよ。

いまのところ、そこまで人気する気配もないし、前走に続いての高配当演出に期待大ね。

上位陣が好調な、今年の弥生賞ディープインパクト記念。
配当を押し上げるのは、好データが揃ったアノ伏兵馬よ!

2021年 弥生賞ディープインパクト 注目穴馬

タイセイドリーマー(牡3)
【前走:若駒ステークス(OP特別L)6番人気4着】

現段階における注目穴馬は、タイセイドリーマーよ!

前走の若駒Sでは、惜しくも馬券圏内を逃した彼。
ただ本走において、前走に若駒Sを使った馬が好成績を残しているのは伝えた通りだし、4着馬はよく馬券に絡む傾向にあるわ。

さらに穴馬の条件である関西馬にも該当している彼は、十分波乱を巻き起こし得る存在、と言えるわよ。

今回は、デビュー戦で最先着した実績のある中山が舞台。
オッズも悪くないし、配当面でもかなり狙い目な1頭として覚えておいてちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次