今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

弥生賞ディープインパクト記念2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 弥生賞ディープインパクト 最終予想

弥生賞ディープインパクト記念の最終予想をするわよ!

月曜日にも伝えた通り、例年上位陣が好調なこのレース。

今年はダノンザキッドが高い支持を集めているみたいだけど、その分伏兵たちには思わぬオッズがついているから警戒が必要よ。

今回過去のデータを検証した結果、そんな穴クラスに最先着まで狙える1頭が潜んでいることがわかったの。

6桁配当が期待できる注目穴馬として印を打っておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順を確認するわよ!

2021年 弥生賞ディープインパクト 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ゴールデンシロップ 牡3 56.0 北村宏司 木村哲也 美浦
2 2 ダノンザキッド 牡3 56.0 川田将雅 安田隆行 栗東
3 3 テンバガー 牡3 56.0 M.デム 藤岡健一 栗東
4 4 タイトルホルダー 牡3 56.0 横山武史 栗田徹 美浦
5 5 ホウオウサンデー 牡3 56.0 岩田康誠 奥村武 美浦
6 6 ワンデイモア 牡3 56.0 田辺裕信 国枝栄 美浦
7 7 タイムトゥヘヴン 牡3 56.0 三浦皇成 戸田博文 美浦
8 ソーヴァリアント 牡3 56.0 大野拓弥 大竹正博 美浦
8 9 タイセイドリーマー 牡3 56.0 石橋脩 矢作芳人 栗東
10 シュネルマイスター 牡3 56.0 ルメール 手塚貴久 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
OP特別組のなかでも若駒Sを使った馬は好調
前走1勝クラスで馬券になった4頭に警戒

■前走着順別成績
勝ち馬候補は前走1着馬から
前走で掲示板を外した馬は凡走傾向

■レース当日人気別成績
1・2番人気が馬券の中心
前走に芝1800m以下を使った6~9番人気は穴馬になりうる

■所属別成績
穴狙いなら関西馬を重視

それじゃあ引き続き、過去10年分のデータを基に弥生賞ディープインパクト記念の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2021年 弥生賞ディープインパクト 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 0 0 9 10.0% 10.0% 10.0%
0 1 1 9 0% 9.1% 18.2%
1 1 4 5 9.1% 18.2% 54.5%
1 1 3 7 8.3% 16.7% 41.7%
0 2 0 13 0% 13.3% 13.3%
2 0 0 16 11.1% 11.1% 11.1%
1 5 1 13 5.0% 30.0% 35.0%
4 0 1 15 20.0% 20.0% 25.0%

外枠にかけて勝ち馬が集中しているわね。

なかでもとくに好調なのが、大外8枠
実は勝ち馬の4頭は、いずれもここ5年以内に出たものなのよね。

近年はここに入るだけで勝利がグッと近づく、と言っても過言ではないし、今回8枠を引いたシュネルマイスタータイセイドリーマーはかなり優位な存在よ。

他には、勝率こそ低いものの複勝率の高い3枠にも注目したいわ。

ここは2012年に当時9番人気だったコスモオオゾラが勝った例をはじめ、人気薄がよく馬券に絡む傾向にあるの。

回収率は単勝・複勝ともに100%を超えているし、今回3枠に決まったテンバガーは侮れない存在になりそうよ。

次は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。

2021年 弥生賞ディープインパクト 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~439kg 0 0 0 6 0.0% 0.0% 0.0%
440~459kg 1 2 1 12 6.3% 18.8% 25.0%
460~479kg 2 0 2 24 7.1% 7.1% 14.3%
480~499kg 4 7 4 31 8.7% 23.9% 32.6%
500~519kg 3 1 1 11 18.8% 25.0% 31.3%
520kg以上 0 0 2 3 0.0% 0.0% 40.0%

520kgを超えない程度で重い馬ほどよく走る、というデータね。

とくに高勝率をほこる500~519kgの馬はかなり安定した走りができているから、この範囲に収まる子たちには注目したいところ。

前走時の馬体重を参考にすると、人気のダノンザキッドはこの範囲に該当することになるわね。

さて、馬格のある馬が有利な弥生賞において、440~459kgだった子たちの好走も見逃せないわ。

この範囲からは2019年に当時8番人気だったメイショウテンゲンが勝った例もあって、単勝回収率は比較したなかで最高の200%オーバー

今回決して高い評価は受けていないホウオウサンデーは、前走の状態を見る限りこのあたりに収まりそうだから警戒しておきたいわね。

そんなところで、最終追い切りの結果を含めた予想印を発表するわよ!

2021年 弥生賞ディープインパクト 注目馬①

ダノンザキッド(牡3)
【前走:ホープフルステークス(G1)1番人気1着】

よくも悪くも本走の中心には間違いない、ダノンザキッド

今のところ単勝馬券はほとんど元払いになりそうで、コスパの面で芳しいと言えないんだけど…。

それでも月曜からのデータを限り不安なところはないし、馬体重も好走範囲内とあって、最大級の評価を与えざるを得ない、といった感じね。

そうそう、今回ダノンザキッドに騎乗する川田JはこのホープフルSにおいて過去2度勝ち鞍の経験があるんだけど、いずれも1番人気の馬を順当に勝たせているの。

前走のホープフルSを制したコンビでもあるし、人馬ともに万全よ。

そんなダノンザキッドの最終追い切りは、栗東のCWで【84.2-67.6-53.0-38.9-11.7】の時計を記録。
併せた寮馬には0秒7先着するなど、調子も上々よ。

デビュー以来負けなしで、3連勝中の彼。
ここを勝って、クラシック戦線に弾みをつけたいわね!

2021年 弥生賞ディープインパクト 注目馬②

ワンデイモア(牡3)
【前走:3歳1勝クラス 7番人気1着】

連勝してこの舞台に乗り込んでくる、ワンデイモア

月曜日にも好データに該当していたし、勝ち馬の出ている枠に入ってくれた今回は、文句なしの信頼に値するわ。

さらにワンデイモアは、状態面でも他と一線を画しているの。

水曜日に美浦の南Wで行われた最終追い切りでは、【66.4-51.8-38.2-13.0】の好時計を記録。

重賞で勝ち鞍のあるハヤヤッコを相手に楽々2馬身の差をつけるなど、まさに順調そのものなところを見せてくれたわよ。

これほどの好データが揃い、状態面も好調でありながら人気は中穴クラスの彼。
絶好の狙い目ね!

2021年 弥生賞ディープインパクト 注目馬③

ホウオウサンデー(牡3)
【前走:2歳新馬 4番人気1着】

単穴として警戒したいのが、ホウオウサンデーよ。

デビュー戦となった前走の2歳新馬戦では、後続に1馬身半の差をつけて勝ち切った彼。

前走で最先着した馬が強いのに加え、今回のレースと同じ舞台で勝利したとあって、昇格戦でありながら十分馬券争いができる1頭、と言えるわね。

そうそう、ホウオウサンデーは血統面でもこのレースと相性がいいの。

彼と同じく父にキングカメハメハを持つ子たちは、本走における成績が【1-1-2-7】と好調
さらに今回キンカメ産駒はホウオウサンデーだけだから、相対的にも優位な存在よ。

そんなホウオウサンデーの最終追い切りは、美浦の坂路で【53.6-39.2-25.7-12.9】の時計。
追われてからの反応もよかったし、前走同様の好走が期待できそうね。

まだまだ実力的には未知数なことから、人気はかなり低めな彼。
今回のようなオッズで買えるのは、最後になるかもしれないわ!

2021年 弥生賞ディープインパクト 注目馬④

シュネルマイスター(牡3)
【前走:ひいらぎ勝(1勝クラス)1番人気1着】

月曜日にも注目馬として紹介していた、シュネルマイスター

ただ本走の舞台がこれまで経験のない芝1600mなのに加え、馬体重も好走範囲から外れていることで、評価は連の下にしたんだけど…。

検証ではメンバートップクラスの好データに該当していたし、枠も抜群のところに決まったのよね。

鞍上のルメールJも【1-1-1-1】とこのレースと抜群の相性を見せているし、上位入賞へは不安なし、って感じよ。

そんなシュネルマイスターの最終追い切りは、美浦の南Wを【67.3-51.6-37.9-12.3】の時計。
強めで走る併せ馬に馬なりで追いつくなど状態もよさそうだし、日曜に向け準備は万端ね。

人気しているとはいえ、5倍程度のオッズに落ち着きそうな彼。
上位陣でもコスパのいい1頭として、覚えておいてちょうだい。

大荒れな展開も十分に期待できる、弥生賞ディープインパクト記念。
6桁配当の立役者は、誰もが見逃すアノ伏兵馬よ!

2021年 弥生賞ディープインパクト 注目穴馬

タイセイドリーマー(牡3)
【前走:若駒ステークス(OP特別L)6番人気4着】

本走における注目穴馬に推したいのが、タイセイドリーマーよ!

月曜の段階でも、穴馬らしい好データに該当していた彼。
今回絶好調の8枠に決まるなど、ますます番狂わせに期待できる材料が揃ったわね。

さらに彼、本走においては血統面でも優勢よ。
タイセイドリーマーと同じハーツクライ産駒は、過去10年で4頭が連対しているの。

複勝率は100%オーバーで、人気薄も馬券になっている、なんてデータが出ているのも好印象ね。

そんなタイセイドリーマーの最終追い切りは、栗東の坂路で【51.7-38.5-25.4-12.7】の時計を記録。
前走から目に見えて状態が上がっているのが分かるし、体調面においても不安はないわよ。

今回唯一、100倍を超えるオッズが見込まれる彼だけど…。
本走は過去に120倍の馬が連対したケースもあるから、切ろうなんて考えないことね!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次