中京記念の無料予想はココをタップ

スプリングステークス2022のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

今週は古馬重賞の阪神大賞典もアツいけど、3歳重賞のスプリングステークス(G2)も見逃せないわよ!

皐月賞のトライアルレースとしてもお馴染みの、このレース。

各馬・各陣営、出走権獲得に執念を燃やす一戦だけあって、例年熾烈な争いが繰り広げられるわね。

ただ基本的にはカタく決着する傾向が強くて、超高配当は見込みにくい印象
いかに回収率を高めるかが、重要になるわ。

今回もデータを用いて高回収率が狙える買い目と、穴馬候補を炙り出しておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、特別登録馬から確認していくわよ。

目次

特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アサヒ 56.0 金成貴史 美浦
アライバル 56.0 栗田徹 美浦
アルナシーム 56.0 橋口慎介 栗東
エンギダルマ 56.0 手塚貴久 美浦
オウケンボルト 56.0 土田稔 美浦
グランドライン 56.0 高木登 美浦
サトノヘリオス 56.0 友道康夫 栗東
サノラキ 56.0 中舘英二 美浦
ソリタリオ 56.0 西村真幸 栗東
ディオ 56.0 辻野泰之 栗東
トーセンヴァンノ 56.0 小桧山悟 美浦
ドーブネ 56.0 武幸四郎 栗東
ニシノスーベニア 56.0 上原博之 美浦
ビーアストニッシド 56.0 飯田雄三 栗東
リューベック 56.0 須貝尚介 栗東

それじゃあ今回も過去10年分のデータを駆使して、スプリングSの予想を組み立てていくわ。

まずはレース当日の人気別成績から、狙い目の券種を炙り出していくわよ。

レース当日人気別成績

当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2 5 2 1 20.0% 70.0% 90.0%
2番人気 0 1 2 7 0.0% 10.0% 30.0%
3番人気 3 2 0 5 30.0% 50.0% 50.0%
4番人気 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
5番人気 2 1 0 7 20.0% 30.0% 30.0%
6~9人気 1 1 3 35 2.5% 5.0% 12.5%
10番人気以下 1 0 2 40 2.3% 2.3% 7.0%

例年カタめに決着するレースだけあって、1番人気は複勝率90%と信頼度はかなり高め

ただ勝率は20%と低いし、10番人気以降からも勝ち馬が出ているところを見ると、軸に固定するのは避けた方がよさそうね。

さらに連対馬は10番人気以内からしか出ていない、というデータがあるから、券種はより点数を絞れる馬連がベスト。
このレースの買い方は、1番人気を絡めた馬連ボックス買いがオススメよ。

また穴馬についてだけど、6番人気以降から馬券になったのべ3頭は中山で2戦以上の戦績があるか、または前走に1勝クラスを使って掲示板になっていた、という傾向が見られたの。

現時点での下馬評に則った形になるけど、6番人気以降でこの条件に該当する
エンギダルマ
オウケンボルト
グランドライン
トーセンヴァンノ
ニシノスーベニア

穴馬候補として覚えておきたいわね。

次は、前走クラス別成績を見てもらうわよ。

前走クラス別成績

前走 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 2 3 1 6 16.7% 41.7% 50.0%
G2 0 0 1 4 0.0% 0.0% 20.0%
G3 2 3 1 32 5.3% 13.2% 15.8%
OP特別L 0 0 2 1 0.0% 0.0% 66.7%
1勝クラス 6 4 3 39 11.5% 19.2% 25.0%
未勝利 0 0 1 8 0.0% 0.0% 11.1%

前項で紹介したように、今回は馬連で勝負したいレースだから…。

注目すべきは、連対率の高い前走G1組と1勝クラス組

とくにG1組は連対率が40%と抜けて高いから、この条件に該当する
グランドライン
サトノヘリオス
ドーブネ

は有力な馬券候補と言えそうね。

一方の1勝クラスだけど…。

ここはレース別にして、より好走傾向にあるローテーションを探し出すわよ。

■水仙賞【1-1-0-1 / 勝33.3% 連66.7% 複66.7%】:オウケンボルト
■つばき賞【0-0-0-2 / 勝0.0% 連0.0% 複0.0%】:アルナシーム
■1勝クラス【0-0-0-2 / 勝0.0% 連0.0% 複0.0%】:ニシノスーベニア

水仙賞組が絶好調ね。

ちなみに昨年7番人気から連対したアサマノイタズラと、一昨年6番人気から最先着したガロアクリークも前走に水仙賞を使っていたの。

今回唯一このローテーションで参戦するオウケンボルトは、高く評価すべきね。

次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。

前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
前走1着 6 6 5 44 9.8% 19.7% 27.9%
前走2着 2 2 4 13 9.5% 19.0% 38.1%
前走3着 1 0 0 6 14.3% 14.3% 14.3%
前走4着 1 2 1 8 8.3% 25.0% 33.3%
前走5着 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着 0 0 0 13 0.0% 0.0% 0.0%
前走10着~ 0 0 0 9 0.0% 0.0% 0.0%

馬券になり得るのは前走4着以内だった馬、という非常に興味深いデータが出ているわね!

前走からの巻き返し、みたいなのは望めないってことだから…。

前走4着以降だった、
アサヒ
グランドライン
サトノヘリオス
トーセンヴァンノ
ドーブネ
ニシノスーベニア
リューベック

かなり割り引いて考えなくちゃいけないわよ。

次は、キャリア別成績を見てもらおうかしら。

キャリア別成績

キャリア 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
3戦 1 5 2 20 3.6% 21.4% 28.6%
4戦 4 3 3 28 10.5% 18.4% 26.3%
5戦 2 1 2 12 11.8% 17.6% 29.4%
6戦 1 0 1 10 8.3% 8.3% 16.7%
7戦以上 0 0 1 16 0.0% 0.0% 5.9%

7戦以上のキャリアがある馬は連対しない、ということが言えそうね。

登録馬で唯一キャリアが7戦以上あるトーセンヴァンノは、ここで切っちゃいましょう

さてここからは、連対の可能性があるキャリア6戦以内の馬に絞って検証していくわよ。

まず勝率がもっとも高い、キャリア5戦組

ここは単勝回収率も200%オーバーと好調だし、該当する
アサヒ
オウケンボルト
ソリタリオ
ビーアストニッシド

の4頭は勝利も見込める馬券候補として押さえておきたいわ。

次に連対率がもっとも高い、キャリア3戦組

この条件に当てはまる、
アライバル
エンギダルマ
サノラキ
ドーブネ

についても相手候補として残しておきたいわね。

そんなところで、現段階における注目馬と穴馬候補を紹介していくわよ!

注目馬①

ソリタリオ(牡3)
【前走:シンザン記念(G3)2番人気2着】

前走のシンザン記念では勝ち馬とタイム差なしの2着入線を果たした、ソリタリオ

この連対で収得賞金上は皐月賞出走の目途が立ったわけだけど、本番を見据えてスプリングSに参戦してきたわね。

これで今回の条件を克服できれば、皐月賞でもかなり面白い存在になるわ。

そんな叩きの要素もある本走だけど、データ上は好走傾向十分
万全なデータに該当する馬が少なかった中、彼には問題になるようなところが見当たらなかったし、デビューから連対率100%、という安定感もプラス材料になるわ。

人気が割れていることでオッズもそこまで低くならなそうだし、コスパ面での活躍も期待できるわね!

注目馬②

ビーアストニッシド(牡3)
【前走:共同通信杯(G3)8番人気3着】

前走共同通信杯では逃げ粘って3着入線した、ビーアストニッシド

これでデビューから5戦連続での掲示板確保と、善戦ホースぶりをいかんなく発揮してくれたわね。

彼はここまでの検証でも好走条件によく当てはまっていたし、直線の短い中山は逃げの展開にも向きそう

また、重賞を3戦経験している、という点は、他の馬にはない強みね。

前走は稍重で3着、雨予報の今回も安定した走りを見せてくれるはずよ。

注目穴馬

オウケンボルト(牡3)
【前走:水仙賞(1勝クラス)4番人気2着】

万全なデータに該当した馬がいない中、もっとも好データと適合していたオウケンボルト

臨戦過程、穴馬の条件ともに、ほぼ完璧と言っていいほどの材料が備わっていたわね。

中山ではすでに4戦を経験していて、連対率は50%。
さらに今回鞍上を務めるM・デムーロJとは、コンビを組んだ3戦すべてで馬券になっている、という抜群の相性も買える材料よね。

これほどの条件が揃っていながら、現状の人気は中堅クラス。
このままのオッズで推移してくれたら、回収率1000倍オーバーなんてことも夢じゃないわ!

よかったらシェアしてちょうだい!
目次