今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

スプリングステークス2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 スプリングステークス 事前予想

皐月賞(G1トライアルフジテレビ賞スプリングステークス(G2が今週の日曜日に行われるわ!

このレースで3着までに入れば、皐月賞への優先出走権が与えられるのよ。

…まあ、もう一つのトライアルである弥生賞の方が、本番と同距離ってこともあって有力馬が集まりがちだから、コチラは若干小粒なメンバーになる傾向が強いわね…。

けど、裏を返せば隙があってどの馬にもチャンスがあるってこと!

データからしっかり好走馬を見つけていくわよ!

早速、今年の登録馬を見てちょうだい。

2018年 スプリングステークス 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
エトナ 56.0 栗田博憲 美浦
エポカドーロ 56.0 藤原英昭 栗東
カフジバンガード 56.0 松元茂樹 栗東
コスモイグナーツ 56.0 高橋祥泰 美浦
ゴーフォザサミット 56.0 藤沢和雄 美浦
サトノソルタス 56.0 堀宣行 美浦
ステルヴィオ 56.0 木村哲也 美浦
ハッピーグリン 56.0 田中淳司 地方
バールドバイ 56.0 木村哲也 美浦
ビッグスモーキー 56.0 清水久詞 栗東
フォルツァエフ 56.0 森秀行 栗東
マイネルファンロン 56.0 手塚貴久 美浦
ライトカラカゼ 56.0 相沢郁 美浦
ルーカス 56.0 堀宣行 美浦
レノヴァール 56.0 高野友和 栗東

ここから、阪神で行われた2011年を除く過去10年のデータを使って、スプリングステークスの予想を始めていくわ!

最初は、前走クラス別成績から。

2018年 スプリングステークス 前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新馬 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
未勝利 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
1勝 4- 4- 2- 29/ 39 10.3% 20.5% 25.6%
2勝 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
3勝 1- 1- 0- 12/ 14 7.1% 14.3% 14.3%
OPEN非L 1- 1- 1- 16/ 19 5.3% 10.5% 15.8%
G3 3- 3- 3- 35/ 44 6.8% 13.6% 20.5%
G2 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
G1 1- 1- 3- 3/ 8 12.5% 25.0% 62.5%
地方 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
海外 0- 0- 0- 0/ 0

馬券の中心は前走G3500万下組だけど、率が良いのは前走G1ね。

ここから、今回の登録馬を『該当するクラスごと』に徹底調査。
前走の成績から、好走条件に合致する馬を割り出したわよ!

■前走G1

5頭とも前走一桁人気で馬券に絡んでいたわ。
格の高いレースで人気と結果を残した馬なら、G2でも好走するってことね。

※該当馬
ステルヴィオ(朝日杯フューチュリティステークス3番人気2着

■前走G3

全頭が前走一桁人気で掲示板を確保
少し格が下がるG3でそれなりの結果を残していないと厳しいのね。

※該当馬
カフジバンガード
(共同通信杯7番人気5着
ゴーフォザサミット(共同通信杯4番人気4着
サトノソルタス(共同通信杯3番人気2着

前走OP特別

4頭中3頭が前走1番人気1着、1頭が5番人気7着と両極端なデータだったわ。
幅を持たせて前走5番人気で一桁決着と考えるわよ。

今年の前走OP組はビッグスモーキー(すみれステークス6番人気3着)1頭。
前走6番人気…このデータから考えるとちょっと割引ね。

前走500万下

11頭中10頭が前走2着以内という好成績を残していたわ。
漏れた1頭も5着だったから、最低でも掲示板は確保って感じね。

※該当馬
レノヴァール
(若竹賞2番人気1着
マイネルファンロン(フリージア賞4番人気2着
エポカドーロ(あすなろ賞1番人気1着
ハッピーグリン(セントポーリア賞5番人気1着

最後に、前走地方(ダート)フォルツァエフと前走未勝利戦バールドバイなんだけど、母数が少ないからここで絞るのは控えた方が良いと判断したわ。

他のデータと併せて考えることにするわね。

次は、前走着順別成績よ。

2018年 スプリングステークス 前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 6- 6- 4- 44/ 60 10.0% 20.0% 26.7%
前走2着 1- 1- 4- 16/ 22 4.5% 9.1% 27.3%
前走3着 3- 0- 0- 6/ 9 33.3% 33.3% 33.3%
前走4着 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
前走5着 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
前走6〜9着 0- 1- 1- 17/ 19 0.0% 5.3% 10.5%
前走10着〜 0- 1- 0- 14/ 15 0.0% 6.7% 6.7%

これまたハッキリしたデータね~。

馬券に絡んだ半数以上が前走を勝った馬
前走2・3着も好走率が良いから、馬券の中心は前走馬券になった馬でいいわ。

前走4着以下では1着が0頭だから、勝ち馬もここから出るってことね。

※該当馬
ステルヴィオ
(朝日杯フューチュリティステークス2着
サトノソルタス(共同通信杯2着
レノヴァール(若竹賞1着
ビッグスモーキー(すみれステークス3着
フォルツァエフ(妙見山特別1着
マイネルファンロン(フリージア賞2着
エポカドーロ(あすなろ賞1着
バールドバイ(未勝利戦1着
ハッピーグリン(セントポーリア賞1着

前走で馬券に絡めなかった3頭には、前走5番人気以内という共通点があったわ。
それなりの評価を受けていた馬の巻き返しには気を付けたいって感じね。

該当馬
ルーカス(ホープフルステークス1番人気6着)
ゴーフォザサミット(共同通信杯4番人気4着)

次は、前走勝てなかった12頭に絞ったデータを見てもらうわ。

2018年 スプリングステークス 前走着差表

前走着差 着別度数 勝率 連対率 複勝率
勝0.6〜0.9 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0%
勝0.3〜0.5 2- 0- 0- 9/11 18.2% 18.2% 18.2%
勝0.1〜0.2 2- 3- 4-17/26 7.7% 19.2% 34.6%
勝0.0 1- 2- 0-16/19 5.3% 15.8% 15.8%
負0.0 1- 0- 3- 5/ 9 11.1% 11.1% 44.4%
負0.1〜0.2 2- 1- 1-16/20 10.0% 15.0% 20.0%
負0.3〜0.5 1- 1- 2-14/18 5.6% 11.1% 22.2%
負0.6〜0.9 0- 1- 0-16/17 0.0% 5.9% 5.9%
負1.0〜1.9 0- 1- 0-13/14 0.0% 7.1% 7.1%
負2.0〜2.9 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
負3.0〜3.9 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
負4.0〜 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

前走負けた馬は着差0.9秒以内で考えれば良いわ。

1.0秒以上の差を付けられた馬は馬券に絡んでいないから割引。

※着差1.0秒以内以上
エトナ(着差1.5秒
ルーカス(着差1.0秒

最後はレース間隔別成績を見てもらうわね。

2018年 スプリングステークス 間隔別成績

間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2週 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
3週 0- 2- 0- 22/ 24 0.0% 8.3% 8.3%
4週 2- 2- 2- 23/ 29 6.9% 13.8% 20.7%
5〜 9週 6- 4- 3- 40/ 53 11.3% 18.9% 24.5%
10〜25週 2- 2- 5- 19/ 28 7.1% 14.3% 32.1%
半年以上 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

5週以上の好走率がいいから、ここを中心に考えたいわね。
相手は4から、3週以内はちょっと割引

間隔5週以上
エポカドーロ
カフジバンガード
コスモイグナーツ
ゴーフォザサミット
サトノソルタス
ステルヴィオ
ハッピーグリン
ライトカラカゼ
ルーカス
レノヴァール

間隔4
エトナ
バールドバイ
マイネルファンロン

間隔3
ビッグスモーキー
フォルツァエフ

さて、じゃあココまでのデータをまとめるわね。

■前走クラス別成績
馬券の中心は前走G3500万下組
好走率が良いのは前走G1
(詳細は該当箇所をチェックしてちょうだい)

■前走着順別成績
中心は前走馬券に絡んだ馬
前走4着以下は前走5番人気以内

■前走着差別成績
前走で負けた馬は着差0.9以内で考える
着差1.0秒以上は割引

■間隔別成績
中心は間隔5以上
相手は4から
3週以内は割引

以上のデータを基に、現時点での注目馬を紹介するわよ!

2018年 スプリングステークス 注目馬①

ステルヴィオ(牡3)
【前走:朝日杯フューチュリティステークス(G1)3番人気2着】

前走&2走前ともに2着と、重賞制覇まであと一歩という惜しい結果が続くステルヴィオ。

ただ2戦とも負けた相手があのダノンプレミアムって考えると、そこまでマイナスに考えなくてもいいんじゃないかしら。

先日の弥生賞を見ても、ダノンプレミアムの強さはマグレじゃなかったことが証明されたわ。
彼がいなかったら無傷の4連勝も十分ありえたはず…!

…まあ、タラレバ言っても仕方がないんだけどね。
けど実際にデビューから連対を外していないという安定した走りからも、実力上位なのは明らか。

データから見てもマイナスはないし、前走クラスが好走率の良いG1というのも良いわね。

今回は最大のライバル不在…ここで勝って改めて実力を示すチャンスよ!

2018年 スプリングステークス 注目馬②

サトノソルタス(牡3)
【前走:共同通信杯(G3)3番人気2着】

前走は3ヶ月半の休み明けながら2着と好走、しかも1着とは着差0.1秒と差のない競馬をしたわ。
しかも3着を1馬身ちょっと突き放しているのよね。

デビューから1800mを使われていて連対率100%と、距離適性○なのも高評価。

「前走G3の好走条件」「前走着順別成績」「間隔別成績」の好走条件もクリアしていて、データ的にも相性が良いのよ。

叩き2戦目ということで、上積みにも期待できるわ!

スプリングステークス攻略のポイントはコース適性!?
中山適性◎の軽視されがちな格上げ挑戦馬に注目!

2018年 スプリングステークス 注目穴馬

レノヴァール(牡3)
【前走:若竹賞(500万下)2番人気1着】

前走では直線で抜け出した途端、逃げるバケットリストを上がり最速の脚で差し切ったわ。

昨年のスプリングステークス覇者ウインブライトも、この若竹賞を勝ったのよね。
中山1800mは特殊な小回りコースで適性が求められるから、同条件を勝っているのは大きなアドバンテージだわ!

この馬も「前走500万下の好走条件」「前走着順別成績」「前走着差別成績」「間隔別成績」の好走条件を満たしていて、データからも推せる1頭。

前走500万下組は重賞組と違って軽視されがちだから、人気的にもオススメよ!


よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次