今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

日経賞2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 日経賞 事前予想

いよいよ天皇賞(春)の前哨戦、日経賞G2が土曜日に開催されるわ!

1番人気はキセキってところかしら。
以降は拮抗していて、実績から軽視されているアノ馬が妙味馬券を生み出しそうだし…今年は波乱が起きそうよ…!

注目馬は最後に紹介しているから、しっかり確認してちょうだいね!

じゃあ予想に入る前に、確定した枠順から見てもらうわ。

2018年 日経賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 アルター セン6 56.0 津村明秀 古賀慎明 美浦
2 2 ショウナンバッハ 牡7 56.0 ミナリク 上原博之 美浦
3 チェスナットコート 牡4 55.0 蛯名正義 矢作芳人 栗東
3 4 ロードヴァンドール 牡5 56.0 横山典弘 昆貢 栗東
5 ナスノセイカン 牡6 56.0 丸山元気 矢野英一 美浦
4 6 ノーブルマーズ 牡5 56.0 高倉稜 宮本博 栗東
7 トーセンバジル 牡6 56.0 M.デム 藤原英昭 栗東
5 8 サイモントルナーレ 牡12 56.0 柴田大知 加藤和宏 美浦
9 ゼーヴィント 牡5 56.0 戸崎圭太 木村哲也 美浦
6 10 ピンポン 牡8 56.0 武藤雅 粕谷昌央 美浦
11 サクラアンプルール 牡7 57.0 田辺裕信 金成貴史 美浦
7 12 ガンコ 牡5 56.0 藤岡佑介 松元茂樹 栗東
13 アクションスター 牡8 56.0 大野拓弥 音無秀孝 栗東
8 14 キセキ 牡4 57.0 ルメール 角居勝彦 栗東
15 ソールインパクト 牡6 56.0 福永祐一 戸田博文 美浦

月曜日に出した事前データも振り返っておくわよ。

■前走クラス別成績
馬券の中心は前走重賞組

■前走着順別成績
中心は前走掲示板組
(穴馬もココから出ている)

■前走人気別成績
前走6番人気以降でも掲示板を確保した馬は要注意!

では早速、阪神で行われた2011年を除く過去10年のデータを使って日経賞の最終予想を始めるわ!

まずは、当日の人気別成績から。

2018年 日経賞 レース当日人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 1- 1- 4/ 10 40.0% 50.0% 60.0%
2番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
3番人気 0- 1- 3- 6/ 10 0.0% 10.0% 40.0%
4番人気 3- 1- 1- 5/ 10 30.0% 40.0% 50.0%
5番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
6番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
7番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0%
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
11番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
13番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

ここでは勝ち馬に絞って考えるわ。

勝率から考えると、基本的に勝ち馬は4番人気以内から出るというデータ。

この8頭を掘り下げてみたら、7頭が4歳or5歳という若い馬だったの。
勢いのある4歳、充実期を迎えた5歳が強い傾向があるってことね。

残り1頭は6歳のウインバリアシオン(1番人気)。
この馬は前年の日経賞でも2着と好走経験があったことから、6歳以上で勝つには中山適性が必要となりそうよ。

そうなると…1着候補は

キセキ(4歳)
ゼーヴィント(5歳)
ロードヴァンドール(5歳)
ガンコ(5歳)

上記4頭から出ると考えられるわ。
トーセンバジルも上位人気必至だろうけど、頭で考えるのは厳しそうね。

次は、間隔別成績を見てちょうだい。

2018年 日経賞 間隔別成績

間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2週 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
3週 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
4週 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
5〜 9週 5- 5- 4- 41/ 55 9.1% 18.2% 25.5%
10〜25週 5- 5- 5- 26/ 41 12.2% 24.4% 36.6%
半年以上 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%

5週~25週中心で馬券を組み立てろってことよ。
3週以下と半年以上の休み明けは大きく割引が必要。

上位人気濃厚のゼーヴィントには嫌なデータになったわね。

【間隔2週】
アクションスター

【間隔3週】
※該当なし

【間隔4週】
サクラアンプルール
ショウナンバッハ

【間隔5~9週】
ガンコ
サイモントルナーレ
ソールインパクト
チェスナットコート
ピンポン

【間隔10~25週】
キセキ
トーセンバジル
ノーブルマーズ
ロードヴァンドール

【間隔半年以上】
アルター
ゼーヴィント
ナスノセイカン

それじゃ、ここまでのデータを基に日経賞の印を発表するわよ!

◎ロードヴァンドール

〇ソールインパクト

▲キセキ

ノーブルマーズ

2018年 日経賞 注目馬①

ロードヴァンドール(牡5
【前走:日経新春杯(G2)4番人気2着】

前走では好スタートからハナに立って、ペースをコントロールしたわね。

結果、パフォーマプロミスには差し切られてしまったけどタイム差なし。
斤量差が4kgもあるガンコを抜かせず、2着に粘ったのも評価できるわ。

中山は初だけど、小倉大賞典4着と小回りには対応できているし、内回りでも3勝2着3回と好成績を残しているから、そんなに大きなマイナスと捉えなくても大丈夫よ。

前走日経新春杯2-0-1-5)複勝率37.5%とまずまずの数字で、好ローテというのも良いわね。

また、中山2500mは先行勢が有利
近2走のように上手く前に出てマイペースに持ち込めば、念願の重賞初制覇も夢じゃないわ!

2018年 日経賞 注目馬②

ソールインパクト(牡6
【前走:ダイヤモンドステークス(G3)6番人気3着】

重賞では勝ち切れないものの、23と堅実な結果を残しているソールインパクト。

さらに中山芝コースでは9戦して掲示板を外したのは1度だけ(2-0-4-3)という、安定した成績を残しているのも高ポイント!

距離に関しても、3走前のアルゼンチン共和国杯(G2)で2着に入っているから問題ないわね。

最終追い切りも順調に消化。
2馬身先行する併せ馬を、内からかわして2馬身先着したわ。

有力馬に注目が集まっているから、人気も落ち着きそうで狙い目よ!

2018年 日経賞 注目馬③

キセキ(牡4
【前走:香港ヴァーズ(海外G1)2番人気9着】

あの泥んこ不良馬場で行われた菊花賞(G1)での激走が影響したと考えれば、前走の9着は参考外でもいいわ。
皮膚病トラブルもあったしね…。

今回1番人気になるであろうキセキ、実は1番人気のオッズに関する気になるデータを見つけてしまったのよ(下記データ参照)。

オッズ2.0~2.9倍(3-1-1-1) 勝率50.0% 連対率66.7% 複勝率83.3%

恐らくオッズは2倍台、海外帰りってことを踏まえると1倍台にはならないと思うの。
複勝率80%超えは、ちょっと無視できないわね。

正直、勝ち負けはどうか…って感じだけど、能力が高いのは明らかだから馬券には入れておくという結論に至ったわ。

不安要素のある有力馬に隠れて虎視眈々とチャンスをうかがう仕上げ良好の1頭
“入れておけばよかった…!”なんてことにならないように要チェックよ!

2018年 日経賞 注目穴馬

ノーブルマーズ(牡5)
【前走:迎春ステークス(1600万下)1番人気1着】

デビューから24戦、一度も二桁決着に敗れたことがない堅実な走りが魅力ね。

前走の迎春ステークスでは断然人気に応えて、2着に2馬身差を付ける快勝。
中山適性も問題なしね。

条件戦上がりの馬だけど、2016年の朝日セントライト記念(G2)では5着に健闘していることから、重賞が全然ダメってことはないわ。
ここでは、のちの中日新聞杯を制したメートルダールにも先着しているのよね。

陣営の「ここを目標に調整」というコメント通り、仕上がりには期待できるわ!

勝ち負けは厳しくとも、2・3着入線なら十分やれる馬よ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次