今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

日経賞2022の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

日経賞の最終予想をするわよ!

アリストテレスの回避が発表され、ちょっと寂しくなってしまった今回のレース。

ただその分、各馬実力伯仲の本走がいくらか予想しやすくなったと捉えて、春天に向けたサバイバルレースを楽しみたいわね。

ガチガチか大荒れか両極端な傾向の日経賞、先週のファルコンSで大的中を出したデータを駆使して、各馬の信頼度や激走必至の穴馬候補を炙り出しておいたわ。

今回は3連単フォーメーションで20万馬券の的中を見込んでいるから、ぜひ注目してちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ。

目次

枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ディバインフォース 牡6 57.0 田辺裕信 寺島良 栗東
2 2 ハヤヤッコ 牡6 56.0 大野拓弥 国枝栄 美浦
3 エフェクトオン 牡6 56.0 菅原明良 久保田貴 美浦
3 4 サクラアリュール 牡7 56.0 丸山元気 村山明 栗東
5 ワイドエンペラー 牡4 55.0 津村明秀 藤岡健一 栗東
4 6 ボッケリーニ 牡6 56.0 浜中俊 池江泰寿 栗東
7 ヒートオンビート 牡5 56.0 池添謙一 友道康夫 栗東
5 8 クレッシェンドラヴ 牡8 56.0 内田博幸 林徹 美浦
9 ランフォザローゼス セン6 56.0 田中勝春 蛯名正義 美浦
6 10 トラストケンシン 牡7 56.0 和田竜二 高橋文雅 美浦
11 タイトルホルダー 牡4 57.0 横山和生 栗田徹 美浦
7 12 アサマノイタズラ 牡4 56.0 横山武史 手塚貴久 美浦
13 ラストドラフト 牡6 56.0 三浦皇成 戸田博文 美浦
8 14 ウインキートス 牝5 55.0 丹内祐次 宗像義忠 美浦
15 スマイル 牡6 56.0 石橋脩 堀宣行 美浦

詳しい予想に入る前に、軽く前回のおさらいをしておくわね。

■レース当日人気別成績
勝ち馬は4番人気以内から選ぶ
10番人気までが馬券圏内

■前走クラス別 / 前走着順別成績
G1組が好調
前走着順はアテにせず、前走の格の高い順に評価する

■年齢別成績
4歳馬が抜けて好調
回収率は6歳馬が優勢

■脚質別成績
前団以上で走れる馬が有利
追い込み馬は極端に不利

それじゃあ引き続き、過去10年分のデータを用いて、日経賞の予想を詰めていくわよ。

まずは、枠順別成績から見てちょうだい。

枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 1 1 0 9 9.1% 18.2% 18.2%
2枠 0 1 3 10 0.0% 7.1% 28.6%
3枠 1 1 0 15 5.9% 11.8% 11.8%
4枠 0 2 2 13 0.0% 11.8% 23.5%
5枠 2 1 1 15 10.5% 15.8% 21.1%
6枠 1 4 1 13 5.3% 26.3% 31.6%
7枠 2 0 2 15 10.5% 10.5% 21.1%
8枠 3 0 1 16 15.0% 15.0% 20.0%

外枠有利、と言えるデータね。

もっとも勝率が高いのは8枠だし、勝ち馬に関してはより顕著な傾向が出ているんだけど…。

とくに注目すべきは、5枠
この枠は2017年に当時6番人気だったアドマイヤデウスが3着、2012年には当時12番人気だったネコパンチが馬券になっていて、単勝回収率は実に900%を超えているの。

複勝回収率も130%オーバーと、とにかく穴馬が出やすい枠だから、今回ここに収まるクレッシェンドラヴランフォザローゼスの人気薄2頭は要警戒よ。

またその隣の6枠も、直近5年で4頭が馬券になっている、近年好調な枠。

この枠に決まったトラストケンシンタイトルホルダーも、好走に期待できそうね。

次は、斤量別成績を見てもらうわよ。

斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
55kg 2 3 2 12 5.3% 13.2% 18.4%
56kg 6 5 4 71 3.5% 6.4% 8.7%
57kg 0 1 4 16 0.0% 4.8% 23.8%

素直に負担重量が少ない馬ほど走る、というデータよ。

となれば注目すべきは、今回もっとも負担重量の少ない斤量55kgの馬。

複勝回収率も110%とまずまず人気薄も馬券になっているようだし、該当するウインキートスワイドエンペラーは押さえておきたいわね。

逆に今回最大の重量負担となる、斤量57kgの馬たちだけど…。
過去10年で同条件だった子たちは、1度も勝ち鞍がないの。

2017年には、当時単勝1.7倍と抜けて人気していたゴールドアクターが馬券外になっているし、今回同じく57kgに決まったタイトルホルダーには嫌なデータになっているわね。

そんなところで、日経賞の予想印を発表していくわよ!

 

◎本命

ウインキートス(牝5)
【前走:有馬記念(G1)12番人気11着】

データ上、もっとも信頼度できるのがこのウインキートスよ!

有馬記念は大敗に終わったけど、このレースは前走の結果が影響しない、というのは伝えた通り。

前回の検証と合わせ、今回も枠順・馬体重ともに万全なデータに該当していたし、本走が好相性の中山が舞台ということを加味すれば、タイトルホルダーに勝利してもおかしくないと見ているわ。

休み明けで懸念されていた状態面だけど、調教を見る限りは問題なさそうね。
最終追いきりで1週前よりさらに走れていたのは、調子が上がってきた何よりの証拠よ。

勝ち馬の条件とも言える「当日4番人気以内」にも該当しそうだし、オッズも好調だから積極的に頭から狙っていけるわね!

○対抗

タイトルホルダー
【前走:有馬記念(G1)4番人気5着】

当日は単勝1倍台前半までありそうな、タイトルホルダー

中山での実績、距離適性の面では抜けた存在だし、妥当なところではあると思うんだけど…。

今日の検証で見つかった、「斤量57kgの馬は勝てない」というデータは引っ掛かるわね。

目標だった阪神大賞典を回避しての本走ということで、体調面も万全ってわけではなさそうだし、不安なところがないわけでないわ。

もっとも、事前予想では好データに該当していたし、枠は近年もっとも好走率の高いところ。
勝利する材料も豊富だから、過度に心配する必要はないわよ。

ここを楽勝するなんてことになれば、春天でのディープボンドとの対決がますます面白くなるわね!

荒れた展開が濃厚な、今年の日経賞。
先週24万馬券的中のデータ検証から導き出された激アツの穴馬2頭と推奨馬券、ぜひチェックしてちょうだい!

☆注目穴馬

スマイル(牡6)
【前走:アメリカジョッキークラブカップ(G2)8番人気8着】

注目穴馬1頭目は、事前予想でも取り上げたスマイル

臨戦過程・脚質・年齢、すべてで好データに該当していたわね。

枠も好走率の高いところに決まったし、データ上は勝ち負けしてもおかしくない材料が揃っているわよ。

前走のAJCCは中1週のローテーションということもあって、勝負所で失速してしまったけど、疲れの抜けた本走は状態もよさそう
追い切りでもキレのある走りを見せてくれていたし、激走が見込める仕上がりよ。

馬券圏内の条件ともいえる「当日10番人気以内」にも該当しそうだし、現実的に2・3着が狙える存在として覚えておいてちょうだい!

☆注目穴馬

ランフォザローゼス(セ6)
【前走:ダイヤモンドステークス(G3)11番人気2着】

注目穴馬2頭目は、下馬評では大穴クラスのランフォザローゼスよ!

前走のダイヤモンドSでは、実に3年振りとなる馬券圏内を確保したこの馬。

追われてからはグングン伸びて、上り最速での2着入線と、久々に強い競馬を見せてくれたわね。

初の3400m戦だったということもあり、適性があるのは長距離戦、という見方もできるんだけど…。

実は2019年には青葉賞で連対した実績もあるし、父はダービー馬のキングカメハメハ
中長距離のレースでも、決して走らないわけじゃないのよね。

前走の連対で勢いがついているとしたら、侮れないわよ。

またこの馬は、データ面でも面白い材料が揃っているの!

伝えたように、ランフォザローゼスは前走にダイヤモンドSを使っているんだけど…。

2012年に単勝167倍で勝利したネコパンチも、同じくダイヤモンドSからのローテーションで、かつ同年齢の6歳だったのよね。
さらに、枠順も5枠と一緒

大穴クラスというところも含めると、この奇妙な一致は絶対に見逃しちゃダメよ!

この子が勝利すれば、それこそ2012年の再現になるわ!

推奨馬券は、以下の3連単フォーメーション90点よ!

【1着】
9. ランフォザローゼス
11. タイトルホルダー
14. ウインキートス

【2・3着】
6. ボッケリーニ
7. ヒートオンビート
9. ランフォザローゼス
11. タイトルホルダー
12. アサマノイタズラ
14. ウインキートス
15. スマイル

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次