今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

マイラーズカップ2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 マイラーズカップ 最終予想

マイラーズカップの最終予想をするわよ!

月曜の検証からも分かるように、例年上位陣がピリッとしないこのレース。

その分混戦になるケースも多いし、今年に限ってはよりメンバーの実力が拮抗しているとあって、いつも以上に荒れた展開が期待できるわ。

今回もさらにデータを追加し、そんな番狂わせの気配漂う穴馬候補を探し出しておいたから、ぜひウチの予想を参考にしてちょうだい!

予想印と穴馬情報は、ページの最後で公開しているわよ!

さっそく、確定した枠順から確認していきましょう!

2021年 マイラーズカップ 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ベステンダンク 牡9 56.0 浜中俊 安達昭夫 栗東
2 エアスピネル 牡8 56.0 鮫島克駿 笹田和秀 栗東
2 3 パンサラッサ 牡4 56.0 坂井瑠星 矢作芳人 栗東
4 カイザーミノル 牡5 56.0 荻野極 北出成人 栗東
3 5 ケイデンスコール 牡5 56.0 古川吉洋 安田隆行 栗東
6 アルジャンナ 牡4 56.0 福永祐一 池江泰寿 栗東
4 7 ボンセルヴィーソ 牡7 56.0 松若風馬 池添学 栗東
8 ダイワキャグニー セン7 56.0 幸英明 菊沢隆徳 美浦
5 9 ルフトシュトローム 牡4 56.0 岩田望来 堀宣行 美浦
10 エアロロノア 牡4 56.0 池添謙一 笹田和秀 栗東
6 11 ブラックムーン 牡9 56.0 団野大成 辻野泰之 栗東
12 ラセット 牡6 56.0 秋山真一 庄野靖志 栗東
7 13 ワールドウインズ セン4 56.0 藤岡康太 武幸四郎 栗東
14 ザイツィンガー 牡5 56.0 北村友一 牧田和弥 栗東
8 15 フォックスクリーク 牡6 56.0 藤岡佑介 中内田充 栗東
16 ギベオン 牡6 57.0 西村淳也 藤原英昭 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
前走にG2を使った馬が抜群の成績を残している
G1組のエアスピネルは分が悪い

■前走着順別成績
前走2着馬が優勢
前走にOP特別を使って6~9着だった馬は注意

■レース当日の人気別成績
上位陣はピリッとしないが、3番人気だけは好調
穴馬は中堅クラスからがおすすめ

■年齢別成績
5歳馬を有力視する
高齢馬ではダイワキャグニーが好走傾向にある

それじゃあ今回も近年の傾向が分かりやすいように、京都で開催された直近9年分のデータだけをピックアップしてマイラーズカップの予想を詰めていくわよ。

まずは、馬体重別成績を見てちょうだい!

2021年 マイラーズカップ 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 0 2 1 9 0% 14.3% 21.4%
460~479kg 2 1 4 28 5.7% 8.6% 20.0%
480~499kg 3 3 0 25 9.7% 19.4% 19.4%
500kg以上 4 3 4 42 7.5% 13.2% 20.8%

馬格のある馬が好走傾向にあるようね。

なかでも特に好調なのが、480~499kgの馬たち。
この範囲は勝率の高さもさることながら、単勝回収率は100%オーバーと穴サイドの馬が活躍を見せているわ。

前走時の体重を参考にすると、フォックスクリークブラックムーンボンセルヴィーソといった人気していない馬たちも該当しているから、他にいいデータがあれば積極的に買っていきたいわね。

ちなみに、より大柄な500kgを超える子たちだけど…。
詳しく調べてみたら、マイラーズカップで番狂わせを演じてきたのは、この範囲に該当する馬たちが多い、ということが分かったの。

2016年に当時11番人気から連対を果たしたクラレントをはじめ、このレースで単勝30倍以上から馬券になった穴馬はすべて馬体重が500kgを超えていたのよね。

この傾向だけに限るなら、ダイワキャグニーベステンダンクはかなり怖い存在よ。

次は、脚質別成績を見てもらおうかしら。

2021年 マイラーズカップ 脚質別成績

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 2 0 6 11.1% 33.3% 33.3%
先行 5 2 4 19 16.7% 23.3% 36.7%
差し 2 5 4 42 3.8% 13.2% 20.8%
追込 1 0 1 37 2.6% 2.6% 5.1%

前めに位置取りした馬の勝率が高いわね。

前走で逃げ切り勝ちを収めたギベオン、先行力のあるボンセルヴィーソベステンダンクあたりには追い風となるデータだわ。

ただ勝率こそ低いけど、中団からの差しも決まっているから、前に出たがる馬ばかり買うのは考え物、ということは覚えておいてちょうだい。

さて、そろそろ最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表していくわよ!

2021年 マイラーズカップ 注目馬①

ケイデンスコール(牡5)
【前走:中山記念(G2)5番人気2着】

人気した馬がイマイチな本走だけど、本命に指名するならケイデンスコールしかいないわ!

月曜日の検証では、欠点が見当たらないレベルで好データに該当していた彼。
馬体重も好走傾向内に収まるなど、十分最先着が狙える好材料が揃ったわね。

そんなケイデンスコールだけど、調教も順調そうで、木曜日に栗東の坂路で行われた最終追い切りでは【54.6-38.7-24.6-11.9】の好時計を記録。
直近2走で見せたキレのある末脚も健在で、すでに臨戦態勢は整っている、って感じだったわ。

長かったスランプから、ようやく脱出しつつある彼。
ここを勝ち切って、G1戦線に名乗りを上げるわよ!

2021年 マイラーズカップ 注目馬②

ダイワキャグニー(セ7)
【前走:東京新聞杯(G3)6番人気14着】

勝ち負けのできる存在として押さえておきたい、ダイワキャグニー

今のところ人気薄の彼だけど、その評価とは裏腹にデータ上は十分勝利まで見えているわ。

月曜日の検証もさることながら、脚質的にも良好だし、何よりこのレースの穴馬の条件とも言える「馬体重500kg以上」に該当しているのよね。

さらに本走での斤量は、昨年馬券入りした3レースと同じ56kg
いかにも好走しそうな好材料が揃っているわよ。

そんなダイワキャグニーの最終追い切りは、美浦の坂路を【54.5-40.0-26.2-12.8】の時計。
1週間前からよく動けていたけど、ここへきて一層キレが出てきたし、いい調教ができたみたい。

狙い目よ!

2021年 マイラーズカップ 注目馬③

ザイツィンガー(牡5)
【前走:阪急杯(G3)13番人気8着】

月曜日には注目穴馬として紹介した、ザイツィンガー

もともとキレる脚が持ち味だった彼だけど、前走の阪急杯では最先着したレシステンシアに次ぐ上りを記録するなど、一級線のマイラー相手にも十分通用することを証明してくれたわね。

阪神の外回りコースは長い直線に急坂と末脚が問われる舞台だし、そういった点でも有利な展開が期待できるわ。

そんな彼は、マイラーズカップとの相性もなかなかのもの。
検証面では好データによく該当していたし、追い風となる好材料が揃っているわよ。

最終追い切りも栗東の坂路で【52.9-37.5-24.2-12.1】と好調そうで、いい時の走りが戻ってきた感じ。
大穴クラスは来ない、なんて傾向も、今の彼なら覆せるかもしれないわ。

高配当を狙うなら、切ろうなんて思わないでちょうだい!

2021年 マイラーズカップ 注目馬④

アルジャンナ(牡4)
【前走:洛陽ステークス(OP特別L)2番人気5着】

前走の洛陽Sで約9か月ぶりに戦列への復帰を果たした、アルジャンナ

着順こそ5着だったけど、上がりはメンバー2位、最先着馬とは0秒2差と手術明けの影響を感じさせない走りを見せてくれたわね。
今回は前走での上積みが見込めるし、馬が一変したほどの走りをしてもおかしくないわよ。

そんな彼、データ上も好走が期待できる存在
前走で掲示板になった馬が馬券の中心、というのは伝えた通りだし、年齢や馬体重も好走範囲内とあって、十分上位が狙える材料が揃っているわね。

アルジャンナンの最終追い切りは、栗東の坂路で【52.6-37.9-24.7-12.4】の時計。
マイラーズカップでは直近3年で2勝を挙げている福永祐一Jとの折り合いも問題ないように見えたし、状態もよさそう。

得意の阪神マイルの舞台で、上位陣をまとめて蹴散らす準備は万端よ!

実力伯仲でどれだけ荒れてもおかしくない、今年のマイラーズカップ。
アノ生粋のマイラーをおさえて、6桁配当をゲットしてちょうだい!

2021年 マイラーズカップ 注目穴馬

ベステンダンク(牡9)
【前走:ダービー卿チャレンジ(G3)14番人気10着】

本走において注目したい穴馬候補が、ベステンダンクよ!

前走のダービー卿Cでは、ふがいない結果に終わってしまった彼だけど…。
今回はしっかりと好走が見込めるデータが出ていたのに加え、馬体重500kg以上と、このレースにおける穴馬の条件にも該当していて十分巻き返しが望めるわよ。

しかもこのマイラーズカップの舞台である阪神では、昨年のマイルCSで適性を証明済み
着順こそ9着だったものの、最先着したグランアレグリアからは0秒8差とかなりハイレベルな中でいい走りができていたし、メンバーが落ちる本走では上位に食い込むチャンスがある、と言えそうよ。

そんなベステンダンクの最終追い切りは、栗東の坂路で【52.9-38.2-25.1-12.6】の時計。
抜群の先行力に衰えは見られないし、状態的にもかなり期待できるんじゃないかしら。

昨年は8歳と高齢ながら、このレースで連対する走りを見せた彼。
マイル戦のキャリアは41戦を数える大ベテランが、今年も大番狂わせをやってのけるわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次