今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

京都大賞典2020のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 京都大賞典 事前予想

今週は、秋G1戦線へのステップレース、京都大賞典(G2を予想するわよ!

上位陣がよく走る傾向にあって、万馬券にならない決着もたびたび見られる今レース。

ただ、昨年は11番人気のドレッドノータスが最先着して180万馬券が飛び出すなど、ここ10年で2度も100万馬券オーバーが出ているから、いくら荒れにくいとはいえ、決して油断できないレースよ。

今回、過去のデータを使って検証したところ、どうやら今年も一波乱ありそうなの。

ノーマークながら激走傾向にある高配当必至の伏兵は、ページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

うまとみらいと
↑毎日王冠の予想は、こちらのサイトでチェックしてちょうだい!↑

さっそく、今年の特別登録馬を確認するわよ!

2020年 京都大賞典 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アイスバブル 56.0 池江泰寿 栗東
アルバート 56.0 橋口慎介 栗東
キセキ 57.0 角居勝彦 栗東
キングオブコージ 57.0 安田翔伍 栗東
グローリーヴェイズ 58.0 尾関知人 美浦
シルヴァンシャー 56.0 池江泰寿 栗東
ステイフーリッシュ 56.0 矢作芳人 栗東
タイセイトレイル 56.0 矢作芳人 栗東
ドゥオーモ 56.0 野中賢二 栗東
ノーブルマーズ 56.0 宮本博 栗東
バイオスパーク 56.0 浜田多実 栗東
バラックパリンカ 56.0 平田修 栗東
パフォーマプロミス 56.0 藤原英昭 栗東
モンドインテロ 57.0 手塚貴久 美浦
リッジマン 56.0 庄野靖志 栗東
カセドラルベル 54.0 西村真幸 栗東
ミスマンマミーア 54.0 寺島良 栗東
ダンビュライト セン 56.0 音無秀孝 栗東

それじゃあ今週も、過去10年分のデータを使って京都大賞典の予想を組み立てていくわね。

まずは、前走クラス別成績から見てもらうわよ!

2020年 京都大賞典 前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 5 5 8 23 12.2% 24.4% 43.9%
G2 1 2 0 19 4.5% 13.6% 13.6%
G3 3 1 1 23 10.7% 14.3% 17.9%
OP特別 1 1 0 15 5.9% 11.8% 11.8%
1600以下 0 1 1 2 0% 25.0% 50.0%

前走クラス別成績を見ると、G1組が馬券の大半を占める結果になっているわね。

単純な勝ち馬の数でも圧倒しているけど、50%に迫る複勝率は信頼できる証よ。

なかでも特に好走傾向にあるのが、宝塚記念組
実は G1組の勝ち馬5頭は、すべて前走で宝塚記念を使った馬たち なの。

本走では、そんな宝塚記念で連対したキセキグローリーヴェイズダンビュライトが馬券の中心と考えてよさそうね。

さて、前走重賞組がより強さを発揮する傾向の今レースにおいて、一見不利そうなOP特別から参戦してくる馬たちにも目を向けるわよ。

OP特別組は、やはり全体的にそこそこな成績なんだけど、調べてみたら単勝回収率は533%と、もっとも高い数値になっていたの。

今回も
ノーブルマーズ
ミスマンマミーア
タイセイトレイル
バラックパリンカ
と、いかにも伏兵らしい面々がOP特別を使ってくるから要注目ね。

次は、前走着順別成績を見てもらおうかしら。

2020年 京都大賞典 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 1 2 1 9 7.7% 23.1% 30.8%
2着 1 1 1 6 11.1% 22.2% 33.3%
3着 2 1 0 4 28.6% 42.9% 42.9%
4着 2 0 1 7 20.0% 20.0% 30.0%
5着 1 0 2 7 10.0% 10.0% 30.0%
6~9着 2 5 1 27 5.7% 20.0% 22.9%
10着以下 1 1 4 27 3.0% 6.1% 18.2%

前走3着馬が妙に好成績なのは気になるけど、おおよそどこからでも馬券になり得る、と言えるデータね。

ただ、穴党としては、10着以下だった馬が巻き返す可能性についてはとくに注目しておきたいところ。

詳しく調べてみたら、馬券になった6頭はいずれも前走でG1を走っていたことが分かったの。

このデータに該当する、グローリーヴェイズシルヴァンシャーはリベンジに期待できるわよ。

次は、年齢別成績を見てもらうわ。

2020年 京都大賞典 年齢別成績

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 3 5 2 17 11.1% 29.6% 37.0%
5歳 5 4 3 23 14.3% 25.7% 34.3%
6歳 1 0 3 26 3.3% 3.3% 13.3%
7歳 1 1 2 10 7.1% 14.3% 28.6%
8歳 0 0 0 8 0% 0% 0%

年齢別成績は、若い馬の好走率が高い、というデータになっているわね。

特に、ここ10年のうち半数のレースで勝ち馬になっている5歳馬は要注目。
同等の勝率である4歳馬の単勝回収率が30%なのに対し、5歳馬は実に550%にもなっていて、配当面でも期待できる成績を残しているわ。

このレースでは5歳馬と言うだけで評価できるんだけど、なかでも特にシルヴァンシャーは覚えておきたい1頭。
高配当の立役者である2013年のヒットザターゲットと同じ「北村友一J」が騎乗予定で、「前走のG1で大敗」している点も共通しているのよね。

逆に、注意が必要なのが高齢の8歳馬
過去8頭が参戦して、すべて惨敗に終わっているわ。

G1戦線を見据えた勢いのある馬たちが参戦してくる今レースでは、年齢的なピークを過ぎた馬に上位は難しい傾向になっているわね。
8歳馬のモンドインテロパフォーマプロミスは、切ってしまうことも検討してちょうだい。

最後は、所属別成績を見てもらうわよ。

2020年 京都大賞典 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 0 1 2 14 0% 5.9% 17.6%
関西 10 9 8 74 9.9% 18.8% 26.7%

関西所属の馬が強いわね。

単純に本走は、関西馬にとって大きな移動のない京都開催だから有利、とも言えるんだけど、それでも10年連続で関西馬から勝ち馬が出ているのは見逃せないポイント。

1着は関西馬、と仮定して馬券を買ってもいいほどね。

逆に、関東所属のモンドインテログローリーヴェイズは、勝ち馬候補として買うには分が悪い、って感じ。
さらに、詳しく調べてみたら関東所属で当日5番人気以降だった馬は【0-0-0-11と馬券にも入れていなかったわ。

関東馬を馬券に含めるなら、他のデータを参考にしてからがよさそうね。

うまとみらいと

そんなところで、現段階における注目馬を発表するわよ!

2020年 京都大賞典 注目馬①

グローリーヴェイズ(牡5
【前走:宝塚記念(G1)5番人気17着】

前走の宝塚記念では17着とふるわなかった、グローリーヴェイズ
ドバイ遠征の中止が影響したこともあってまさかの結果に終わったけど、2走前の香港ヴァーズではラッキーライラックに2馬身半差をつけて勝っていることからも分かるように、地力は本物よ。

今回は宝塚記念で大差をつけられたキセキと人気を分け合っている形だけど、データを見る限りグローリーヴェイズに分があるわ。

本走は前走で大敗した馬でもよく走るレースだし、5歳馬が好成績を残しているのは伝えた通り。
本走と同距離の2400mでは、キャリア3戦2と強さを見せているし、相性もいいのよね。

ただ、紹介したように今レースは関東馬が過去10年1度も勝ち馬になっていないの。

実際、彼は昨年もこのレースに出走しているんだけど、1番人気に推されながら馬券にすら届かなかったわ。
今回は昨年以上に好走データに該当はしているものの、最先着にはやや疑問が残るところ。

金曜日まで、データと状態面を見ながら判断していくわよ。

2020年 京都大賞典 注目馬②

シルヴァンシャー(牡5
【前走:天皇賞春(G1)9番人気14着】

前走G1組からは、シルヴァンシャーも注目しておきたいわね。

G1組の中でも天皇賞(春)を使った馬は、【0-2-2-7とそれなりに馬券に絡んでいるし、前走大敗した馬の巻き返しが多いこのレースは前走14着だった彼でも十分勝負になるはず。

今回鞍上を務める北村友一Jは、過去の京都大賞典で、今年のシルヴァンシャーと同じように前走で負けた5歳馬を最先着させた例もあるから、このレースでも十分上位入賞まであり得るわよ。

今回は前走の負けが悪い印象を持たれている上、相手が充実していることもあって今のところオッズは控えめ
配当面でも期待できる1として、金曜日までじっくり追っていくわよ。

実力拮抗で、不人気馬さえ馬券の可能性を秘めている今年の京都大賞典。
各所ノーマークのアノ5歳馬が来れば、昨年を超える高配当も夢じゃないわ!

2020年 京都大賞典 注目穴馬

タイセイトレイル(牡5
【前走:丹頂ステークス(OP特別)7番人気3着】

最先着まであり得る穴馬候補としておさえておきたいのが、タイセイトレイルよ。

このレースで前走OP特別組が好走しがちなのは伝えた通りだけど、彼と同じ丹頂ステークス組は特に注目すべき存在
過去に彼と同じローションで走った馬は【1-1-0-7】で、単勝回収率は実に1007%にもなるの。

さらに、先程伝えたように今レースではなぜか前走3着だった馬が好調だし、その点でも彼はまさに穴馬となり得る1頭と言えるわ。

そうそう、タイセイトレルは本走と同距離の芝2400mでは、キャリア【1-1-1-2】となかなかの成績を残しているの。
今年頭に本走と同じ舞台で開催された日経新春杯でも4着に入り掲示板を確保しているし、適性面でも問題なさそうよ。

今のところ3桁の単勝倍率もあるほど世間からは評価されていない1頭だから、高配当請け合いの伏兵として覚えておいてちょうだい!

エビコが認めた競馬予想「うまとみらいと」の無料登録は↓こちら
うまとみらいと

「うまとみらいと」は、本命馬穴馬指数の情報を提供する3コンテンツが一つになった、とってもオトクな競馬情報サイト。

無料情報だけでも数万円の配当を連発しているし、ウチと一緒に使えば稼ぐチャンスは何倍にもなるわ。

それどころか、「うまとみらいと」で提供されるボリューム満点の情報をすべて活用できれば欲しかった車や時計、贅沢な食事、仕事に囚われない自由な生活を手に入れるのも夢じゃないわね。

もし、今の収入にプラスして毎週10万円の利益を得られたならあなたは何がしたい?何が欲しい?

「うまとみらいと」への登録は↓から無料でカンタンにできるけど、今のうちに週末の高配当を何に使うか、考えておいてちょうだい!

うまとみらいと
よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次