今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

金鯱賞2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 金鯱賞 最終予想

金鯱賞の最終予想をするわよ!

伏兵の激走で荒れる展開も少なくない、このレース。

人気のデアリングタクトは確かに押しも押されぬ優勝候補だけど、彼女に隠れた伏兵を甘く見ると、みすみす高配当を逃すことになるから要注意よ。

今回引き続き検証を続けたところ、実はデアリングタクト以上に好走気配のある、とある穴馬が存在していたの。

6桁配当必至の注目穴馬として予想印に含めておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認するわよ!

2021年 金鯱賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 デアリングタクト 牝4 55.0 松山弘平 杉山晴紀 栗東
2 2 サンレイポケット 牡6 56.0 秋山真一 高橋義忠 栗東
3 3 ブラヴァス 牡5 56.0 福永祐一 友道康夫 栗東
4 4 グローリーヴェイズ 牡6 57.0 川田将雅 尾関知人 美浦
5 5 ギベオン 牡6 56.0 西村淳也 藤原英昭 栗東
6 6 ジナンボー 牡6 56.0 菱田裕二 堀宣行 美浦
7 7 キセキ 牡7 57.0 M.デム 辻野泰之 栗東
8 ペルシアンナイト 牡7 57.0 大野拓弥 池江泰寿 栗東
8 9 サトノフラッグ 牡4 56.0 ルメール 国枝栄 美浦
10 ポタジェ 牡4 56.0 北村友一 友道康夫 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走レース別成績
有馬記念組だけが勝っている
ジャパンカップ組はサンプルが少なく、傾向を割り出すに至らない

■前走着順別成績
どこからでも馬券にはなり得る
前走4着馬は複勝率200%オーバー

■レース当日人気別成績
1番人気は堅実な走りをしている
なぜか8番人気が好調

■年齢別成績
4歳馬が馬券の中心
東京芝2000mから来る6歳馬に警戒

それじゃあ月曜から引き続き、京都開催だった2011年を除いた過去9年分のデータを使って金鯱賞の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2021年 金鯱賞 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 1 0 9 9.1% 18.2% 18.2%
1 0 1 9 9.1% 9.1% 18.2%
1 1 2 8 8.3% 16.7% 33.3%
0 1 3 10 0 7.1% 28.6%
2 0 3 12 11.8% 11.8% 29.4%
0 2 1 14 0 11.8% 17.6%
2 2 0 13 11.8% 23.5% 23.5%
2 2 0 15 10.5% 21.1% 21.1%

※3着馬が2頭出た年があるから、合計しても9にならない列があるわよ。

おおむねどこからでも馬券にはなり得る、というデータね。

ただ勝率で見ると、真ん中から外側にかけてがやや優勢

今回は上位人気馬が内枠に固まってるし、好材料のある人気薄がいれば積極的に買っていきたいわね。

ちなみに総合的にもっとも成績のいい7枠だけど、ここからは2015年に当時7歳だったミトラが勝ち馬になっているわ。

金鯱賞は高齢であっても中枠に入れば上位に食い込む、という傾向が強いし、ここに決まったキセキペルシアンナイトは面白い存在になりそうよ。

次は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。

2021年 金鯱賞 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 1 2 0 12 6.7% 20.0% 20.0%
460~479kg 1 0 0 17 5.6% 5.6% 5.6%
480~499kg 1 4 1 30 2.8% 13.9% 16.7%
500~519kg 5 3 7 18 15.2% 24.2% 45.5%
520kg以上 1 0 2 13 6.3% 6.3% 18.8%

※3着馬が2頭出た年があるから、合計しても9にならない列があるわよ。

馬格のある馬が強い、というデータね。

なかでも500~519kgだった馬は図抜けた成績を残しているから、この範囲に収まる子たちは要警戒。

前走時の馬体重を参考にすると、
サトノフラッグ
ギベオン
キセキ
ペルシアンナイト

の4頭が該当することになりそうよ。

一方、データ上心配なのが、デアリングタクトグローリーヴェイズの上位人気2頭。

基本的に本走において500kgを下回った馬たちは凡走傾向にあるんだけど、彼女らはとくに結果が出せていない460~479kgの範囲に該当しそうなのよね。

もっとも軽い馬がまったく勝てていないわけではないから、直ちに切るほどの評価をする必要はないんだけど…。

体格面で分が悪いことは覚えておくべきだわ。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!

2021年 金鯱賞 注目馬①

ブラヴァス(牡5)
【前走:チャレンジカップ(G3)2番人気2着】

このレースの本命に推したいのが、ブラヴァスよ!

昨年は重賞初制覇を含め、5戦中4戦で馬券圏内を確保するなど波に乗っている彼。

前走のチャレンジCでは惜しくも2着に敗れたとはいえ、上がりはメンバー最速でキレのいい脚は好印象だったわ。

さらにブラヴァスは、検証面でも好調

月曜からなかなかの好データに該当していただけでなく、彼と同じキングカメハメハの子は、この金鯱賞で【2-1-3-8】とよく馬券に絡む相性のよさを見せているのよね。

本走では人気で抜けている2頭とも、十分勝ち負けできる存在、と言えるわよ。

そんな彼の最終追い切りは、栗東のポリトラックコースで【82.5-65.9-51.7-38.2-11.9】の時計。
仕掛けてからの反応も申し分ないし、調整も順調そのものだったわ。

今回は、10倍台のオッズで買えそうな彼。
狙わない手はないわね!

2021年 金鯱賞 注目馬②

デアリングタクト(牝4)
【前走:ジャパンカップ(G1)3番人気3着】

勝利が絶対条件となる、デアリングタクト

ただ見てもらった通り、本走に限っては決してデータ上万全、とは言い難いわ。

馬体重は好走傾向から大きく外れているし、ここ25年で見ても金鯱賞では牝馬が勝てていない、なんて不吉なデータもあるのよね。

もっとも1番人気は70%近い複勝率になっているし、若い馬がよく走るといった好材料があるのも確か。

今回は牝馬三冠を成し遂げた松山弘平Jとのコンビも健在だし、このレースに限っては大きく馬券を外すことはなさそうよ。

そんな松山Jを背に行われた最終追い切りでは、栗東の坂路を【52.9-38.3-24.7-12.2】の時計。
モタれる癖も見られなかったし、これまで以上の走りも期待できる仕上がりになっているわ。

単勝馬券はほぼ元払いな感じになりそうだけど、それでも彼女は切れないわよ!

2021年 金鯱賞 注目馬③

キセキ(牡7)
【前走:有馬記念(G1)8番人気12着】

前走ではいいところなく大敗を喫した、キセキ

ただ前走に有馬記念を使った馬が強いのは伝えた通りだし、なにより金鯱賞は大いに巻き返しが期待できる舞台なのよね。

さらに今回絶好7枠に収まったことを含め、なかなかの好データに該当しているし、菊花賞で勝ち鞍になったミルコ・デムーロJとのコンビ復活とあって、好走気配は十分よ。

そんなキセキの最終追い切りは、栗東の坂路で【52.8-38.3-25.2-12.8】の時計。

状態を確かめる程度だったとはいえ、併せた寮馬に0秒3先着するなど、すでに臨戦態勢は整っているように感じられたわ。

オッズも10倍台後半程度に落ち着きそうだし、狙い目の穴候補ね!

2021年 金鯱賞 注目馬④

ポタジェ(牡4)
【前走:白富士ステークス(OP特別L)1番人気1着】

破竹の4連勝と勢いに乗る、ポタジェ

デビュー以来、馬券を外したことのない堅実な走りは好印象ね。

彼は月曜の検証でも目立っていたように、データ面では信頼度の高い1頭
今回もいい枠に収まってくれたし、重賞馬相手にも引けを取らない好走に期待大だわ。

そうそう、今回ポタジェに騎乗する川田将雅Jは、このレースにおいてここ10年で2勝の実績があるの。
しかも勝たせた2頭はいずれも当時人気していた馬たちだし、そのあたりからも今回のポタジェは面白い存在と言えるわよ。

そんなポタジェの最終追い切りは、栗東の芝コースで【85.4-67.9-52.2-38.1-12.5】の時計。
1週間前にしっかりと追われたこともあり、今回は確認程度だったけど、かわらず動きはいいし状態面でも不安はないわ。

重賞初参戦となる今回だけど、G1馬たちを蹴散らすような結果になっても不思議はないわよ!

デアリングタクトに思わぬ不利が見つかった、金鯱賞。
彼女に先着しうるのは、誰もが見落とすアノ伏兵馬よ!

2021年 金鯱賞 注目馬⑤

ギベオン(牡6)
【前走:白富士ステークス(OP特別L)7番人気5着】

本走における注目穴馬に推したいのが、ギベオンよ!

月曜の段階でもかなりの好材料が揃っていた彼だけど、今回枠、馬体重ともに好調だったこともあり、ますます買いやすくなったわね。

そうそう、彼は今回の舞台である中京芝2000mともなかなか好相性を見せているの。

前回の金鯱賞では馬券にこそ入れなかったものの、しっかりと掲示板を確保していたし、2018年の中京新聞杯では堂々最先着を果たしているのよね。

ここ2年ほど馬券から遠ざかっている彼だけど、得意の今舞台でなら好走してもおかしくないわ。

そんなギベオンの最終追い切りは、栗東のCWで【72.1-55.4-40.1-13.0】の時計を記録。
直線ではしっかりと伸びていた印象があったし、状態面の問題もなさそうよ。

今回は、単勝オッズが100倍を超えそうな彼。
桁違いの高配当に期待できるかなりおいしい1頭だから、勇気を持って勝負してちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次