今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

阪神大賞典2020のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 阪神大賞典 事前予想

今週は天皇賞春の前哨戦として有名な、G2阪神大賞典を予想していくわよ。

例年、人気馬の信頼度が高いことから、堅いレースになるイメージの強い今レース。

今年もキセキやムイトオブリガートといった実績馬が参戦予定で、彼らに人気が集中しそうね。

ただ昨年3着に入ったロードヴァンドールのように、人気薄の馬が馬券に絡んでくることもあるから世間の評判を過信し過ぎるのは禁物。

ウチのようなデータを活用した予想で、本当に信頼できる馬を探すのが大切よ。

今回も人気馬以外で好走条件が揃う穴馬が見つかったから、期待してちょうだい!

注目馬は最後に紹介しているから、必ず読むのよ!

さっそく、今週の特別登録馬を紹介するわ!

2020年 阪神大賞典 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
キセキ 57.0 角居勝彦 栗東
タイセイトレイル 56.0 矢作芳人 栗東
トーセンカンビーナ 55.0 角居勝彦 栗東
ボスジラ 55.0 国枝栄 美浦
ムイトオブリガード 57.0 角田晃一 栗東
メイショウテンゲン 55.0 池添兼雄 栗東
ユーキャンスマイル 56.0 友道康夫 栗東
レノヴァール 56.0 高野友和 栗東
メロディーレーン 53.0 森田直行 栗東
ドレッドノータス セン 57.0 矢作芳人 栗東

それじゃあ、過去10年分のデータを使って阪神大賞典の予想をしていくわよ。

まずは、年齢別成績から見てもらうわ。

2020年 阪神大賞典 年齢別成績

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 4 5 2 12 17.4% 39.1% 47.8%
5歳 2 3 4 13 9.1% 22.7% 40.9%
6歳 3 2 2 23 10.0% 16.7% 23.3%
7歳 0 0 2 17 0% 0% 10.5%

※今回出走する馬の年齢だけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

年齢別成績表からは、“若い馬ほど勝てる“ってことが言えそうね。

特に4歳馬は複勝率が50%に迫ろうかという成績だし、馬券に入ってくる可能性は高そう。

今レースでは、
トーセンカンビーナ
メイショウテンゲン
ボスジラ
メロディーレーン
の4頭が該当しているわ。

逆に7歳馬は勝率・連対率が0で、今レースには合わない感じね。

ドレッドノータスを買うなら、他のデータを参考にしてからがいいわ。

次は、前走クラス別成績を見ていくわよ。

2020年 阪神大賞典 前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 4 5 2 8 21.1% 47.4% 57.9%
G2 4 0 5 20 13.8% 13.8% 31.0%
G3 2 2 2 25 6.5% 12.9% 19.4%
OP特別 0 1 0 9 0% 10.0% 10.0%
1600万下 0 2 1 11 0% 14.3% 21.4%

前走クラス別成績表では、G1から参戦した馬が好成績ね。

勝率もさることながら連対率が47.4と、頭抜けた数字なのは信頼できる証よ。

またこの条件で勝った4頭はすべて前走に有馬記念を使っていた、というのも見逃せないところ。

本走で唯一この条件に当てはまるキセキは要注目ね。

逆に、OPEN特別以下は勝率が0%で馬券内に入ったのは過去10年で4頭のみ

複勝率はそこそこあるけど、3勝クラスからのトーセンカンビーナボスジラの2頭はちょっと買いにくくなるわね。

次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。

2020年 阪神大賞典 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 3 4 3 9 15.8% 36.8% 52.6%
2着 2 0 0 6 25.0% 25.0% 25.0%
3着 1 1 1 4 14.3% 28.6% 42.9%
4着 1 1 0 6 12.5% 25.0% 25.0%
5着 1 0 1 13 6.7% 6.7% 13.3%
6~9着 2 3 2 24 6.5% 16.1% 22.6%
10着以下 0 1 3 17 0% 4.8% 19.0%

どの条件の馬もそれなりに走っているけど、基本的には前走で4着以内に入ったことが好走する条件と言えそうね。

前走で中位以下だった馬が多い今レースにおいて、該当するのが
トーセンカンビーナ
メイショウテンゲン
ボスジラ
レノヴァール
の4頭。

本走で勝つ馬の7割がここから出ているってことだし、要注意ね。

ただ先に紹介した前走クラス別成績の問題もあるし、このデータだけでトーセンカンビーナボスジラのような実績の乏しい馬に飛びつくのはちょっと考え物。
だいたい「前走重賞で凡走した馬」と同程度に評価すべきね。

対照的に、前走でG3を使って、さらに上位に入っているメイショウテンゲンレノヴァールはかなり期待できるわよ。

そんなところで、現段階における注目馬を紹介していくわよ!

2020年 阪神大賞典 注目馬①

キセキ(牡6)
【前走:有馬記念(G1)7番人気5着】

前走有馬記念では、遠征帰りという不利を背負いながら5着と健闘した、キセキ

G1を主戦場にする彼にとって、G3に落とした今回はメンバーを見ても1番人気は堅いんじゃないかしら。

配当のうまみは少ないけど、1番人気が馬券を外さない今レースでは注目せざるを得ない存在よ。

データ面でも、有馬記念を使ってきた唯一の馬としてかなりのアドバンテージがあるわ。

多くの登録馬と同じように、彼にとっても3,000mという距離は久々だけど、彼の代表的な勝ち鞍といえば本走と同距離の菊花賞だし、距離については問題なさそう。

コース適性についても、彼はこれまで阪神で【1-3-2-1】と文句なしの結果を挙げているし、十分信頼できるわね。

最終的な判断は追い切りを見てからになるけど、今のところ今レースの主役は彼よ!

2020年 阪神大賞典 注目馬②

メイショウテンゲン(牡4)
【前走:ダイヤモンドステークス(G3)3番人気2着】

前走のダイヤモンドステークスではトップとハナ差の2着に迫り、復調気配の見えてきたメイショウテンゲン

ここまで紹介したデータの中では「前走のG3戦で馬券になる」「4歳馬」という2点を備えていて、今メンバーでもっとも好走気配がある馬よ。

彼は昨年10月の菊花賞から前走までの3戦すべてで3,000m以上のレースを走っていて、前走の2着でやっと感触が掴めた感じ。

最近まで凡走が続いていたことを気にする人もいるかもしれないけど、池添調教師が「この馬は4歳になってから」と語ったように、この冬大きく成長してきているから心配ご無用。

しっかり長距離適性をつけてきた今、キセキの対抗馬として今レースのカギになる馬よ。

2020年 阪神大賞典 注目馬③

メロディーレーン(牝4)
【前走:日経新春杯(G2)6番人気9着】

前走の日経新春杯では人気に推されたものの9着に沈んだ、メロディーレーン

340kg台と異様に軽い体重に注目がいきがちな馬だけど、今レースでは4歳馬の好走条件を満たしているだけでなく、唯一の牝馬として斤量53㎏で走れるのは大きな有利よ。

さらに史上10年ぶりの牝馬として参戦した昨年の菊花賞では、12番人気ながら5着に入って長距離も苦にしない走りを見せてくれたわ。

また彼女はこれまでのキャリアで2勝を挙げているけれど、そのレースは両方とも阪神でのものだった、というのも見逃せないポイント。

彼女にとって阪神がベストな舞台だというのは間違いなさそうね。

日曜は、小さい体のダークホースに注目よ!

1番人気以外はどこが来てもおかしくない、阪神大賞典。
もっとも好走条件を満たすアノ馬が、高配当を運んできてくれるわよ!

2020年 阪神大賞典 注目穴馬

レノヴァール(牡5)
【前走:ダイヤモンドステークス(G3)4番人気4着】

今レースの注目穴馬には、レノヴァールを推すわ!

紹介したデータでは「前走G3で4着」という好走条件に当てはまっているし、通算4勝のキャリアは今メンバーの中でもトップクラスよ。

またレノヴァールは最近注目されているハーツクライ産駒だけど、この阪神大賞典はかなりハーツの子に有利なレース。

このレースにおけるハーツの産駒成績は10年で【2-3-0-3】、連対率はなんと60%を超えるわ。

阪神大賞典でより優秀な成績を残している種牡馬としてはほかにステイゴールドがいるけど、今回ステゴの子は登録していないし…
今回、ハーツクライ産駒は血統面でもっとも有利だと言えるわ。

そんな彼の不安材料といえば、前走からわずか3というローテーション。

一見かなり厳しそうだけど、実は彼、ここまで挙げてきた4勝はすべて前走から1ヶ月ほどしか開いていないレースで達成しているの。

使い込まれたほうが実力の出るタイプだってことね。

キセキムイトオブリガートといったG1馬に隠れてそこまで人気は上がらないだろうから、現段階ではかなりおいしい穴馬よ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次