阪神大賞典

阪神11R阪神大賞典(GⅡ・芝3000m)
◎10 アルバート
○7 レインボーライン
☆9 ムイトオブリガード
△8 クリンチャー
レースの見どころ
阪神大賞典の最終予想をするわよ!

今回圧倒的な注目を集めているのは、昨年のクラシック戦線を賑わし続け、本走では武豊騎手と組むことになったクリンチャー

でもデータを詳しく調べてみると、彼の扱いには注意が必要だってことが分かったの。

クリンチャーの最終的な評価と、彼に先着する可能性が高い思わぬ穴馬の情報を、このページの最後に載せておいたわ。

期待してちょうだい!


さっそく、今年の出走馬を見てもらうわね。


枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11トミケンスラーヴァ牡856.0秋山真一竹内正洋美浦
22スーパーマックス牡455.0山口勲九日俊光地方
33シホウ牡756.0小牧太笹田和秀栗東
44カレンミロティックセン1056.0池添謙一平田修栗東
55コウエイワンマン牡756.0四位洋文川村禎彦栗東
66サトノクロニクル牡455.0川田将雅池江泰寿栗東
67レインボーライン牡556.0岩田康誠浅見秀一栗東
78クリンチャー牡456.0武豊宮本博栗東
79ムイトオブリガード牡455.0藤岡佑介角田晃一栗東
810アルバート牡757.0福永祐一堀宣行美浦
811ヤマカツライデン牡656.0松山弘平池添兼雄栗東



詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
前走有馬記念組の成績がよい

■前走着順別成績
勝ち馬のほとんどは前走5着以内
10着以降の巻き返しに注意

■脚質別成績
4角で好位置につけられる馬が強い
人気薄の追い込み馬は切る

■斤量別成績
55kg負担の馬の成績がよい
56kg負担の馬は勝っていない


それじゃ、新たなデータを使って阪神大賞典の最終的な予想を組み立てていくわ。

当日人気別成績から見てちょうだい!

当日人気別成績
当日人気別成績表

1番人気はかなり信頼できるわね!

とくに単勝1倍台の馬は、過去10年必ず馬券になっているの。

今年1番人気が確実なクリンチャー、切るという選択肢はないわね。


人気下位のほうに目をやると、勝ち馬は5番人気以内からしか出ていないのね。

詳しく調べたところ、2着・3着の馬もすべて7番人気以内だったことがわかったわ。

今回、7番人気になりそうなのはヤマカツライデンムイトオブリガードあたり。

それ以下の馬は遠慮なく切っていいわよ。


次は、騎手の乗り替わり別の成績を見てもらおうかしら。

騎手の乗り替わり別成績
騎手の乗り替わり別成績表

乗り替わりのない馬の成績がかなりいいのね。

詳しく調べてみたところ、前走と同騎手で馬券に絡んだ馬の中には、2015年当時7番人気で2着になったデニムアンドルビーがいたわ。

7番人気というと、過去10年このレースで馬券になった馬の中では最低の人気

つまり、中穴を探すなら乗り替わりのない馬の中から探すべきだということよ。


今回、乗り替わりのない馬はほとんどいないんだけど、ここまでに切っていない馬のなかに穴を開けてくれそうな子が一頭だけいるの…。


さあ、その1頭も含めた今回の予想印を発表するわよ!


◎アルバート

◯レインボーライン

△クリンチャー

☆ムイトオブリガード


本命
アルバート(牡7
【前走:ステイヤーズステークス(G2)1番人気1着】

月曜日から引き続き、本命はアルバートよ!

今回鞍上を任される福永騎手は、過去10年間でこのレースを6度走って2-1-0-3かなり成績がいいの。

アルバートはここまでに調べたデータで不安なところもないし、最終追い切りも着々と良化していることが分かる内容だったわね。

そうそう、唯一の不安材料として、彼は阪神競馬場が初めてだってことが挙げられるけど…
関西輸送は春天への挑戦で何度も経験しているし、彼お得意のステイヤーズステークスは阪神と同じく坂のきつい長距離コースだし、あまり心配する必要はないわ。

当代最強ステイヤーとしての実力を見せてほしいわね!


1強ムードが漂う今年の阪神大賞典だけど…
クリンチャーに先着しそうな馬はまだまだいるわよ!


対抗

レインボーライン(牡5
【前走:有馬記念(G1)9番人気8着】

2016年には菊花賞で2着入りしているレインボーライン

1年半近く前のことではあるけれど、2017年に例外的な不良馬場で2になったクリンチャーとどちらを評価すべきかは、いい意味で悩ましいところよね。

彼はこれまでのデータからも好材料が揃っているし、鞍上が前走と同じ岩田騎手だというのも心強いわ。
岩田騎手はこのレースにおける過去10年での成績が2-0-1-1とかなりいいのよ。

最終追い切りは馬なりで一見物足りなかったけど、一杯に追われる調教は日曜日にもう受けているから問題ないわね。

彼が勝ち負けしてくるのは間違いなさそうよ!

連下

クリンチャー(牡4)
【前走:京都記念(G2)4番人気1着】

昨年はクラシックで善戦を続け、今年の京都記念でついに重賞初制覇を成し遂げたクリンチャー

鞍上に武豊騎手を迎えての初レースとなる今回、その鞍上がちょっと不安なのよね。

このレースで過去通算8勝を挙げている武騎手だけど、直近10年に限定すると一度も勝てていないのよ。

もちろん、馬のポテンシャルはかなりのものがあるし、1番人気の馬は遠慮なく買っていいのがこのレースだけど…
月曜日に調べたデータも含めて総合的に考えた結果、今回は連下という評価よ。

誰がクリンチャーに先着するか?と考えれば、このレースは自ずと読めてくるわ!

注目穴馬

ムイトオブリガード(牡4
【前走:4歳上500万下 1番人気1着】

500万下のレースで逃げてレコード勝ちをおさめ、今波に乗っているムイトオブリガード

いきなり2段格上のG2に挑むのはかなりの挑戦だし、今回鞍上を務める藤岡騎手も「いきなり重賞では厳しい」と控えめにコメントしているけど…

この馬はデータ上、前走のクラスを除いては不安なところが全くないのよね。

そうそう、藤岡騎手と言えば、今回武豊騎手が騎乗するクリンチャーの元・主戦騎手なの。
クリンチャーに先着してやりたい!という思いはだれよりも強いんじゃないかしら。

成長株の4歳馬と、このレースに思う所のあるジョッキーとのコンビ、アッと驚く走りを見せてくれそうよ!




的中実績

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る