今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

アメリカジョッキークラブカップ2019の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

アメリカジョッキークラブカップの最終予想をしていくわよ!

火曜日に更新した事前予想でも伝えたとおり、アメリカジョッキークラブカップは出走馬の数が少ないから荒れにくい傾向にあるけど…。

2010年には10万馬券が出たこともあるし、油断しちゃダメ。

事前予想の情報に加えて前走距離別成績と騎手別成績をチェックしたら、新たな穴馬が見つかったから最後までちゃんと読むのよ!

事前予想で伝えた注目馬に印もつけているから、予想を立てるときの参考にしてちょうだい。

まずは、アメリカジョッキークラブカップの出馬表を紹介するわ。

目次

2019年 アメリカジョッキークラブカップ 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ジェネラーレウーノ 牡4 56.0 田辺裕信 矢野英一 美浦
2 2 アクションスター 牡9 56.0 大野拓弥 和田勇介 美浦
3 3 マイネルミラノ 牡9 56.0 柴田大知 相沢郁 美浦
4 4 フィエールマン 牡4 57.0 ルメール 手塚貴久 美浦
5 5 ダンビュライト 牡5 57.0 北村友一 音無秀孝 栗東
6 6 ミライヘノツバサ 牡6 56.0 北村宏司 伊藤大士 美浦
7 ステイインシアトル 牡8 56.0 内田博幸 池江泰寿 栗東
7 8 シャケトラ 牡6 56.0 石橋脩 角居勝彦 栗東
9 ショウナンバッハ 牡8 56.0 三浦皇成 上原博之 美浦
8 10 メートルダール 牡6 56.0 マーフィ 戸田博文 美浦
11 サクラアンプルール 牡8 56.0 蛯名正義 金成貴史

それじゃあ、アメリカジョッキークラブカップの直前予想をしていくわね。
まずは火曜日に伝えていた過去データの復習から。

■前走クラス別成績
前走G1を経て出走する馬が好走する傾向にある
ただOP特別の複勝率16%も見逃せない


■前走人気別成績

今回出走する馬のなかでは、3~4番人気がねらい目
10番人気以下の複勝率も高く、馬券に絡んだすべての馬がG3を走っていた

■年齢別成績

5歳馬の勝率がダントツで高い
複勝率は4歳と8歳が高い

この3つのデータに前走距離別成績と騎手成績をプラスして、直前予想を展開していくわね。

今回も過去10年分のデータを分析しているわ!

まずは前走距離別成績から見ていきましょう。

2019年 アメリカジョッキークラブカップ 前走距離別成績

1400m 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
1600m 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
1800m 0- 1- 2- 11/ 14 0.0% 7.1% 21.4%
2000m 4- 6- 5- 39/ 54 7.4% 18.5% 27.8%
2200m 0- 0- 1- 12/ 13 0.0% 0.0% 7.7%
2400m 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
2500m 4- 2- 1- 17/ 24 16.7% 25.0% 29.2%
2600m 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
3000m 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5%
3200m 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
3600m 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1%

過去10年分の前走距離別成績を見ると、1700m~2000m、2500m~の複勝率の良さが目立っているわね。

この情報をさらに詳しく調べてみたわ。

前走2500m~を走ってきた馬のうち、とくに前走距離がちょうど2500mだった馬に限定してデータを出してみたところ、着別度数は4-2-1-17で、複勝率はなんと30%近くにもなったの。

今回、前走で2500m以上を使ってきた馬は5頭いるけど、その中でもとくに有馬記念(2500m)組に注目するとよさそうね。

前走距離が好走条件に当てはまる馬を、ここでピックアップしておくわよ。

・前走1700~2000
ダンビュライト
ミライヘノツバサ
ステイインシアトル
ショウナンバッハ
アクションスター
メートルダール

・前走2500
シャケトラ
サクラアンプルール

この情報と事前予想のデータを絡めて、予想印を決めるわよ!

2019年 アメリカジョッキークラブカップ 前走騎手別成績

前走騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
乗替り 7- 5- 3-60/75 9.3% 16.0% 20.0%
同騎手 3- 5- 7-47/62 4.8% 12.9% 24.2%

前走騎手別成績は前走からの乗替り、同騎手の差はほとんどないわ

勝率は乗替りが若干多く、複勝率は同騎手の方が少しいいという感じかしら。

予想に迷ったらこのデータを参考にするくらいでいいわね!

これらのデータをもとに導き出した、アメリカジョッキークラブカップの予想印はコレよ!

2019年 アメリカジョッキークラブカップ 注目馬①

フィエールマン(牡4)
【前走:菊花賞(G1)7番人気1着】

まず軸馬になるのが、フィエールマンね!

菊花賞の勝馬ということもあって、世間からの注目も高くて人気が集中してしまいそう…。

とはいえ彼は火曜日に伝えた年齢や前走クラスの好走条件とも合致しているし、フィエールマンなしには予想が立てられないわね!

3か月のブランクが気になるところだけど、彼は休養明けの成績が(2-0-1-0と十分鉄砲が利く馬だから、そこは問題にならないわ。

今回も菊花賞を共に戦ったルメールが騎乗するから、高確率で馬券に絡んでくるのは間違いなしよ!

2019年 アメリカジョッキークラブカップ 注目馬②

ジェネラーレウーノ(牡4
【前走:菊花賞(G1)4番人気9着】

フィメールマンと接戦になると予想しているのが、ジェネラーレウーノ

今回は彼の脚質に合った距離だし、菊花賞の悔しい思いをアメリカジョッキークラブカップで晴らしにくるんじゃないかしら。

好スタートさえ切れば、フィエールマンを脅かす存在になりそうね。

フィエールマンとジェネラーレウーノとワンツーになってしまうと馬券がり寂しくなりそうだけど…。

それでも、この2頭は予想から外せないわ。

これから紹介する穴馬をうまく組み合わせて、効率良く馬券を組み立ててちょうだい。

2019年 アメリカジョッキークラブカップ 注目馬③

サクラアンプルール(牡8
【前走:有馬記念(G1)15番人気7着】

事前予想の時点ではノーマークだった、サクラアンプルール

彼はG3以上の前走で10番人気以降だったり、このレースにおいて複勝率の高い8だったりと、2~3着に飛びこんできそうなデータが揃っているのよ。

前走有馬記念が2500m、というのも、今日調べた好走条件に当てはまっているわよね。

彼は年齢の問題もあるから勝馬争いまではいかないだろうけど、相手に迷ったらサクラアンプルールを選んでみてちょうだい。

1月最後のG2レース、アメリカジョッキークラブカップ
前走で大荒れを演出した穴馬が、また暴れてくれそうよ!

2019年 アメリカジョッキークラブカップ 注目馬④

ショウナンバッハ(牡8
【前走:中日新聞杯(G3)12番人気2着】

事前記事では注目馬として、紹介したショウナンバッハ

直前の情報では世間で話題になっていないし、結構なオッズがつきそうなのよね。

ショウナンバッハは前走2000mを走っていて、好走条件にもバッチリ当てはまっているわよ。

年齢も複勝率の高い8歳だし、前走10番人気以下かつG3からの出走だから、今回も前走の中日新聞杯(G3)同様に、20万以上の払戻をだす可能性大!!

だからショウナンバッハを穴馬として、押さえておきましょうね。

2019年 アメリカジョッキークラブカップ 注目穴馬

ミライヘノツバサ(牡6
【前走:アンドロメダ(OP)4番人気6着】

もう1頭の穴馬が、ミライヘノツバサ。

事前予想でも穴馬として紹介したんだけど、距離別の成績を見てさらに根拠が強まったわ。

ミライヘノツバサの前走は複勝率16%のアンドロメダ(OP距離は2000

その時は4番人気だったし、データ上では好走する馬の条件に合っているから馬券に絡んでくる可能性は否定できないわね。

直前の情報を見ても人気が集中することはなさそうだから、大きな配当を狙いたいならこの子たちは予想から外しちゃダメよ!!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次