今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

アメリカジョッキークラブカップ2022の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

アメリカジョッキークラブカップの最終予想をするわよ!

月曜日にも伝えたように、6桁配当が飛び出すような荒れた展開になることも少なくないこのレース。

今年もオーソクレースを筆頭に実績ある馬たちが人気しているけど、伏兵を軽視すると思わぬ不利益を被ることになりかねないから注意が必要よ。

今回もさらにデータを追加して検証を行った結果、とある穴馬に激走傾向が見つかったの。

6桁配当を演出し得る注目穴馬として印を打っておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ。

目次

競走成績

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 キングオブコージ 牡6 56.0 横山典弘 安田翔伍 栗東
2 2 アサマノイタズラ 牡4 56.0 嶋田純次 手塚貴久 美浦
3 3 キャッスルトップ 牡4 57.0 仲野光馬 渋谷信博 地方
4 クレッシェンドラヴ 牡8 56.0 津村明秀 林徹 美浦
4 5 エヒト 牡5 56.0 北村宏司 森秀行 栗東
6 ポタジェ 牡5 56.0 川田将雅 友道康夫 栗東
5 7 ダンビュライト セン8 56.0 松若風馬 音無秀孝 栗東
8 アンティシペイト 牡5 56.0 大野拓弥 国枝栄 美浦
6 9 ボッケリーニ 牡6 56.0 横山武史 池江泰寿 栗東
10 ラストドラフト 牡6 56.0 戸崎圭太 戸田博文 美浦
7 11 オーソクレース 牡4 55.0 ルメール 久保田貴 美浦
12 ソッサスブレイ セン8 56.0 柴田大知 粕谷昌央 美浦
8 13 スマイル 牡6 56.0 田辺裕信 堀宣行 美浦
14 マイネルファンロン 牡7 56.0 松岡正海 手塚貴久 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
過去10年のうち5年で前走G1組から勝ち馬が出ている
3勝クラス組は前走で勝利した馬が好走傾向にある

■前走着順別成績
前走の着順にかかわらず馬券に絡む
前走にダート戦を使った馬は切る

■レース当日人気別成績
1・2番人気は好走率が高め
穴馬は6~9番人気が狙い目

■所属別成績
関西馬が優勢

それじゃあ月曜日から引き続き、過去10年分のデータを基にAJCCの予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 0 1 2 12 0.0% 6.7% 20.0%
2枠 1 1 1 12 6.7% 13.3% 20.0%
3枠 2 1 0 12 13.3% 20.0% 20.0%
4枠 1 2 3 9 6.7% 20.0% 40.0%
5枠 2 2 1 12 11.8% 23.5% 29.4%
6枠 2 1 0 17 10.0% 15.0% 15.0%
7枠 1 2 2 15 5.0% 15.0% 25.0%
8枠 1 0 1 21 4.3% 4.3% 8.7%

真ん中にかけて馬券に絡む数が多くなっているわね。

4枠は勝率こそそこそこだけど、複勝率は40%ともっとも高いし、3~6枠あたりまでが有利と見て予想していきたいわ。

他には、7枠にも注目したいところ。

ここは勝率が低くて、一見頼りないように感じるんだけど…。
2018年には8番人気だったマイネルミラノが3着、翌2019年には7番人気だったシャケトラが最先着するなど、穴馬が好走しがちなのよね。

今回はいかにも伏兵の雰囲気漂うソッサスブレイと、1番人気筆頭のオーソクレースが7枠だから要警戒よ。

次は、年齢別成績を見てもらおうかしら。

年齢別成績

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 2 5 3 12 9.1% 31.8% 45.5%
5歳 4 1 4 20 13.8% 17.2% 31.0%
6歳 3 1 2 27 9.1% 12.1% 18.2%
7歳 1 2 0 21 4.2% 12.5% 12.5%
8歳 0 1 1 16 0.0% 5.6% 11.1%

複勝率からもわかるように、若い馬ほど馬券によく絡んでいるわね。

なかでも5歳馬はもっとも勝率が高く、勝ち馬候補としておさえておきたいところ。
今回5歳馬はアンティシペイトエヒトポタジェの3頭だけだし、相対的な意味でも評価できそうね。

ちなみに回収率では6歳馬が好調

単勝回収率は175%にもなっているから、他のデータとも相性のいい6歳馬は侮れないわよ。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表していこうかしら!

◎本命

ポタジェ(牡5)
【前走:天皇賞秋(G1)5番人気6着】

デビューから11戦連続で馬券圏内を確保するなど、抜群の安定感をほこるポタジェ

その記録こそ前走の天皇賞(秋)で止まってしまったけど、あの強力な面々の中での6着はそこまで悲観するようなものじゃないわよね。

秋天に比べメンバーが落ちる今回は、重賞初制覇に向け絶好の機会
検証ではメンバートップクラスの好データに該当していたし、新馬戦で圧勝した実績がある中山は相性もいいんじゃないかしら。

さらにコンビを組んで5勝を挙げている川田将雅Jが鞍上なのも、狙ってみたくなる要素よね。

そんなポタジェの最終追い切りは、栗東のCWで6F【86.5-70.3-54.3-38.4-11.5】の時計。
併せた寮馬には先着を許したものの、もともと彼は調教で動くタイプではないし、状態は悪くなさそうだったから安心してちょうだい。

今回は軸に据えてもよさそうよ!

○対抗

アサマノイタズラ(牡4)
【前走:有馬記念(G1)10番人気16着】

こちらも勝ち馬候補として残しておきたい、アサマノイタズラ

心配になるような負け方をした前走の有馬記念だったけど、どうやら調教の段階から気管支に支障があったようね。
現在は状態も改善されたとのことで、安心して重めの印が打てるわ。

データが良好なのは月曜日の段階からわかっていたし、距離や中山との相性も折り紙付き
最近は後方からの競馬が多いけど、いい位置で直線を向けたら、メンバー的にも彼の末脚は勝ち負けになる威力十分よ。

並々ならない思いを持って、再び鞍上に戻ってくる嶋田純次Jの奮起にも期待ね。

そんなアサマノイタズラだけど、調子もよさそうで美浦の南Wで行われた最終追い切りでは、6F【83.4-66.8-51.8-37.7-11.9】の時計を記録。
有馬記念の時とは一変した姿が見られたわ。

正直ピンかパーなイメージのある彼だけど、今回は結果を出してくれそうよ!

△連下

ラストドラフト(牡6)
【前走:中日新聞杯(G3)5番人気9着】

月曜日にも注目馬として紹介していた、ラストドラフト

前回の検証に加え、今日枠や懸念材料でもあった馬齢も好走範囲内にあるとわかって、激走への期待がより高まったわね。

ここ1年は馬券圏内から遠ざかっているけど、得意のこの舞台では地力よりも相性で巻き返しが見込めるわ。

それに、コンビを組んでアル共で連対した実績のある戸崎圭太Jへの乗り換りも、流れを買える意味でもいい方に働きそうよね。

ラストドラフトの最終追い切りは、美浦・南Wで6F【84.0-67.3-53.1-39.2-12.1】の時計。
追われてからの反応もよかったし、状態面でも不安なく当日が迎えられそうよ。

負けが込んでいる最近の走りが嫌われてか、そこまでオッズも高くはならなそうだし、馬券に含めればオイシイ配当の立役者になってくれるかもしれないわ!

例年中堅クラスが馬券を賑わす傾向のある、AJCC。
アノ伏兵を侮ると、みすみす6桁配当を獲り逃すことになりそうよ!

注目穴馬

スマイル(牡5)
【前走:迎春ステークス(3勝クラス)4番人気1着】

月曜日から変わらず、注目の穴馬候補はスマイルよ!

中山が舞台の本走、やはり彼のような中山巧者は見逃せないわ。
紹介したように中山ではデビュー以来、通算【4-1-1-1】と抜群の適性を見せているし、彼の勝利はすべてここ中山のレースでのものなのよね。

データ上芳しいとは言えない大外枠からのスタートに決まったけど、これほどの相性のよさなら多少の不利があったって勝負になるはずよ。

彼はデータ面でも走る条件を満たしていたし、穴馬としての材料も兼ね備えた1頭

美浦・坂路での最終追い切りでは【55.5-40.7-25.7-12.5】の時計を記録するなど、好調さが見て取れたし、状態面でも好走に期待できるわ。

今年は彼を馬券に含めてこそ、6桁配当がゲットできそうよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次