エビコ

2018年産経賞オールカマーで的中を呼び込む穴馬予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した2018年産経賞オールカマー

2018年産経賞オールカマー開催情報

レース名 産経賞オールカマー
クラス G2
開催日 2018年9月23日(日)
開催場 中山競馬場
レース番号 11R

2018年産経賞オールカマー直前予想

馬番 馬名
2ダンビュライト
3ガンコ
9ミライヘノツバサ
7レイデオロ
見どころ
いよいよ今週末、有力馬たちの始動戦である産経賞オールカマー(G2が開催されるわ!

昨年のダービー馬レイデオロに皐月賞馬アルアイン、芝転向後メキメキと頭角を現してきたガンコなど、好メンバーが揃った一戦。

上位勢を見る感じ、今年も大きく荒れることはなさそうね。
けど、中穴ラインを見ると好走気配の漂う馬もいることは確か。

1~3番人気決着みたいなガチガチにはならないと見て、小点数で適度な配当を得るために馬単6まで買い目を絞ったわ!

ちなみに、あの有力馬は3着と睨んで買い目には入れてないわよ。
そこんとこも一緒に確認しておいてちょうだい!


じゃあ、最終予想に入る前に確定した枠順を見てもらうわ。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11アルアイン牡457.0北村友一池江泰寿栗東
22ダンビュライト牡457.0武豊音無秀孝栗東
33ガンコ牡557.0藤岡佑介松元茂樹栗東
44マイネルミラノ牡856.0丹内祐次相沢郁美浦
55ブライトバローズ牡656.0石橋脩堀宣行美浦
6ショウナンバッハ牡756.0三浦皇成上原博之美浦
67レイデオロ牡457.0ルメール藤沢和雄美浦
8ゴールドアクター牡757.0吉田隼人中川公成美浦
79ミライヘノツバサ牡556.0北村宏司伊藤大士美浦
10ブラックバゴ牡656.0池添謙一斎藤誠美浦
811エアアンセム牡756.0田辺裕信吉村圭司栗東
12マイネルフロスト牡756.0柴田大知高木登美浦

そして、月曜日に出した事前データがコチラ。


前走クラス別成績
前走G1は要チェック(特に宝塚記念組
OP特別からの参戦馬は厳しい

前走着順別成績
前走の結果は気にしなくていい
凡走した馬は当日の人気をチェック

当日人気別成績
1番人気複勝率は88.9と信用できる数字
穴馬は中穴まで

年齢別成績
中心は45歳馬(特に4歳馬の好走率が良い)
高齢馬は前走の着順に注目


さあ、ここからデータをさらに2つ追加して産経賞オールカマーの最終予想に入るわよ!


まずは、脚質別成績から。

脚質
脚質表

前に行ける馬、特に先行馬の成績が優秀ね。

それと呼応するように、追い込み馬は1頭も馬券に絡めていないわ。
中山2200mは直線が短いから、後方からの一気が届かないのよね。

基本は先行力がある馬で行きたいところ。
狙うにしても、中団で脚をためて抜け出せる馬ね。

後方からの競馬になりそうなショウナンバッハブラックバゴは、大きくマイナスする必要があるわよ。

騎手
騎手表

やはりというか、前走と同じ騎手だった馬が好成績を残しているわね。
特に勝率と連対率には大きな開きがあるわ。

先行できて前走と鞍上が同じ馬…押さえるべき馬は見えてきたんじゃないかしら!

ちなみに、1番人気&継続騎乗の成績は(3-4-1-1連対率77.8と高水準。
トップ人気が予想されるレイデオロには追い風データになったわ。


ここで気になったのが、乗り替わりで馬券になった7頭のうちで3番人気以内に支持された馬は1頭しかいなかったこと。
人気馬の乗り替わりは、ちょっと狙いにくいの。

北村友一騎手と新コンビを組むアルアインには芳しくないデータね…。


最後に、オールカマーに複数回出走していて好成績を残している騎手を紹介しておくわ。

池添謙一騎手(1-2-0-0) 勝率33.3% 連対率100% 複勝率100%
ブラックバゴに騎乗

北村宏司騎手(1-1-0-3) 勝率20.0% 連対率40.0% 複勝率40.0%
ミライヘノツバサに騎乗


連対率・複勝率100%を誇る池添騎手は魅力的だけど、ブラックバゴ脚質的に狙いにくいわね…。


それじゃ、ここまでのデータを踏まえて今年の印を発表するわ。

冒頭でも触れたように、◎○→◎○△☆の馬単6で勝負よ!


本命
ダンビュライト(牡4)
【前走:宝塚記念(G1)5番人気5着】

レイデオロとアルアインの間に割って入るはこの馬!
事前予想でも1番手評価だったダンビュライトよ。

前走G1組の中でもスバ抜けていた宝塚記念からの参戦ね。

勝負所で動けず自分の競馬ができなかった中で5着を死守。
2~3着との差はわずか0.2秒と、地力の高さを見せたわ。

今回紹介した好データ「先行馬」「前走から継続騎乗」も満たしていて、データからも信頼できる1頭。
適性に関しても、中山は3戦すべて馬券内と問題なし。
同舞台のアメリカジョッキークラブカップ(G2)を制している点も強みだわ。

もともとダンビュライトは、毎日王冠から始動する予定だったのよね。
それをオールカマーに変更したってことは、それくらい中山適性が高いと陣営が見込んでいるからじゃないかしら。

最終追い切りも坂路で自己ベスト50.2秒を記録し、万全の状態であることをアピールしたわ。

ダービー馬と皐月賞馬を撃破して、重賞2勝目をゲットよ!

ダンビュライトに先着できる○対抗は前走大敗したアノ馬!
妙味馬券を生み出す中山巧者の☆注目穴馬は休み明けでも要警戒よ!



対抗

ガンコ(牡5)
【前走:天皇賞・春(G1)3番人気14着】

こちらも前走G1組のガンコ。
前走は3番人気に支持されるも14着と大敗…使い詰めだったし、さすがに相手も強かったわね…。

まあ、本レースはG1凡走からの巻き返しが多く見られるから、そこまで悲観することないわよ。
年齢も中心で考えたい「5歳馬」、さらに今回「先行馬」「継続騎乗」といったプラス材料を上乗せしたわ。

2走前の日経賞(G2)を制しているから、コース適性も心配なし。

気になるのは休み明けがどうかというところ。
最終追い切りの時計は4F52.6-12.0秒と好タイム。
状態面は良さそうだから、あとは気持ちだけって感じね。

ガラリ一変に期待したいわ!


連下

レイデオロ(牡4)
【前走:ドバイシーマクラシック(国際G1)2番人気4着】

本レース注目の1頭で、昨年の日本ダービーを制したレイデオロ。

恐らく1番人気に支持されるんじゃないかしら。
オールカマーの1番人気が信用できる数字を残していることは、事前予想でも触れたとおり。
その成績は連対率77.8%複勝率88.9%、ちょっと無視できないわね。

ルメール騎手が引き続き手綱を持つのも好材料。
騎手別成績でも紹介したように、1番人気&継続騎乗の成績は(3-4-1-1連対率77.8とかなり高い数字を残しているのもプラスね。

海外帰りで状態面も心配されているけど、最終追い切りで騎乗したルメール騎手いわく馬が「起きた」とのこと。
先週よりもパワーアップしているのは間違いないわ。

ただ、脚質の面で取りこぼす可能性が捨てきれないのも事実。
実力は申し分ないけど、差し切れないパターンを考慮して2着までとしたわ。


注目穴馬

ミライヘノツバサ(牡5)
【前走:日経賞(G2)7番人気2着】

約1年半ぶりのブランクから、ようやく復帰。

日経賞(G2)では7番人気の低評価を覆しての2着と、激走を見せてくれたわね。
レインボーラインやゴールドアクター、ディーマジェスティといった有力馬に先着したのは評価できるところよ。

脚質も成績トップの「先行馬」と、今回も好材料をプラスしたわね。

継続騎乗ではないけど…乗り替わりで馬券圏内に好走した7頭のうち6頭が当日5番人気以降の馬たち。
中穴クラスの乗り替わりには期待できるってわけ。

さらに鞍上の北村宏司騎手は(1-1-0-3連対率40と、本レースと相性抜群の騎手!
むしろ心強い存在と言えるわね。

さらに、ミライヘノツバサで忘れてはいけないのが中山巧者であること!
成績は9戦4勝4-2-2-1複勝率88.9%と高い成績を残しているのよ。

2200mに絞ればオール馬券圏内高い舞台適性も見逃せないわ。

また状態面に関しては、伊藤調教師いわく「デキは7割」とのこと。
それでも最終追い切りでは力強い走りを見せていたから、そこまで悲観する必要ないんじゃないかしら。

勝ち切るのは厳しくとも、2着好走の気配は十分よ!




実績

産経賞オールカマー予想記事一覧

ログイン



閉じる

パスワードを忘れた方はこちら

会員登録でお得な情報を無料配信!


閉じる