今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

ヴィクトリアマイル2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 ヴィクトリアマイル 最終予想

ヴィクトリアマイルの最終予想をするわよ!

マイル女王グランアレグリアに注目が集まっている、このレース。

彼女はたしかに、実績・実力ともに群を抜いているけど…。
人気を吸っている分、波乱が起こればこれまでにないような高配当が出てもおかしくないわ。

今回データを追加して検証を行ったところ、誰もが見逃す伏兵に好走気配が見つかったの。

データ上は最先着まである1頭だから、7桁配当を狙いたければぜひチェックしてちょうだい!

予想印と一緒に、注目穴馬としてページの最後で紹介しているわよ!

さっそく、確定した枠順を確認していきましょう!

2021年 ヴィクトリアマイル 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 マジックキャッスル 牝4 55.0 戸崎圭太 国枝栄 美浦
2 シゲルピンクダイヤ 牝5 55.0 和田竜二 渡辺薫彦 栗東
2 3 クリスティ 牝4 55.0 斎藤新 杉山晴紀 栗東
4 イベリス 牝5 55.0 酒井学 角田晃一 栗東
3 5 デゼル 牝4 55.0 川田将雅 友道康夫 栗東
6 グランアレグリア 牝5 55.0 ルメール 藤沢和雄 美浦
4 7 マルターズディオサ 牝4 55.0 田辺裕信 手塚貴久 美浦
8 ランブリングアレー 牝5 55.0 吉田隼人 友道康夫 栗東
5 9 テルツェット 牝4 55.0 M.デム 和田正一 美浦
10 レッドベルディエス 牝5 55.0 石橋脩 鹿戸雄一 美浦
6 11 ダノンファンタジー 牝5 55.0 藤岡佑介 中内田充 栗東
12 サウンドキアラ 牝6 55.0 松山弘平 安達昭夫 栗東
7 13 プールヴィル 牝5 55.0 三浦皇成 庄野靖志 栗東
14 ディアンドル 牝5 55.0 団野大成 奥村豊 栗東
15 アフランシール 牝5 55.0 大野拓弥 尾関知人 美浦
8 16 リアアメリア 牝4 55.0 福永祐一 中内田充 栗東
17 スマイルカナ 牝4 55.0 柴田大知 高橋祥泰 美浦
18 レシステンシア 牝4 55.0 武豊 松下武士 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
G1組が信頼度高め
重賞以外のローテーションで来た馬は切る

■前走着順別成績
どの条件からでも馬券には絡める
前走掲示板外でも重賞での勝ち鞍があれば巻き返せる

■レース当日の人気別成績
最先着馬を選ぶ際は人気順は度外視する
超大穴クラスも馬券になり得る

■脚質別成績
前目に位置取りした馬が好調

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年分のデータを基にヴィクトリアマイルの予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2021年 ヴィクトリアマイル 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
0 0 3 17 0% 0% 15.0%
2 1 3 14 10.0% 15.0% 30.0%
2 0 1 17 10.0% 10.0% 15.0%
0 2 0 17 0% 10.5% 10.5%
0 3 0 16 0% 15.8% 15.8%
3 0 0 17 15.0% 15.0% 15.0%
2 1 1 24 7.1% 10.7% 14.3%
1 3 2 24 3.3% 13.3% 20.0%

ゴール前の直線が長いことで基本的には枠による有利不利はない、と言われる東京コースだけど…。
どちらかといえば外枠が優勢、ととれるデータが出ているわね。

調べてみたところ人気順もそこまで関係なく馬券になっているし、比重は外枠においてよさそうよ。

ただそんな中で、2枠だった馬は好走率が高め

回収率は単勝・複勝ともに100%を超えていて穴馬が出やすいだけでなく、ここ5年で4頭が2枠から馬券になっている、なんてデータもあるの。

近年の傾向からは見逃せない枠、と言えるから、クリスティイベリスにはアドバンテージになるわね。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

2021年 ヴィクトリアマイル 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~439kg 1 2 0 17 5.0% 15.0% 15.0%
440~459kg 2 2 6 55 3.1% 6.2% 15.4%
460~479kg 5 3 3 43 9.3% 14.8% 20.4%
480~499kg 2 2 1 20 8.0% 16.0% 20.0%
500kg以上 0 1 0 11 0% 8.3% 8.3%

500kgを超えない程度に重い馬が走る、という傾向が出ているわね。

なかでも注目は、460~479kgだった馬たち。
ここ10年のうち半数はこの範囲から勝ち馬が出ているし、単勝回収率も125%とコスパ面でも信頼できる数値が出ているわ。

調教後の馬体重を参考にすると、
サウンドキアラ
プールヴィル
レッドベルディエス

のいかにも配当妙味のありそうな3頭が該当しているわよ。

ちなみに上位人気の2頭を確認してみると…。

グランアレグリアが500kg、レシステンシアが524kg。

当日までにいくらか減少があるだろうから、このデータ上では明暗が分かれる形になったわね。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表していくわよ!

2021年 ヴィクトリアマイル 注目馬①

グランアレグリア(牝5)
【前走:大阪杯(G1)2番人気4着】

どうしたって高い評価を与えざるを得ない、グランアレグリア

ほぼ元払いのオッズになりそうだとしても、買わなければはじまらない、といった感じね。

そもそも牝馬のマイル戦線においては敵なし状態、といっても過言でなはない彼女。

これだけの好データ揃っているほか、すでに3勝を挙げている府中マイルで凡走する姿は想像しがたいわ。

そんなグランアレグリアの最終追い切りは、美浦の南Wで【82.5-66.7-51.8-38.0-12.5】の時計を記録。
ちょっと行きたがるところがあったようだけど、主戦騎手ルメールJとは折り合いもとれているし問題ないわね。

レースレコードで圧勝するくらいの走りを期待するわ!

2021年 ヴィクトリアマイル 注目馬②

サウンドキアラ(牝6)
【前走:高松宮記念(G1)7番人気6着】

マイル戦では要注目の、サウンドキアラ

前走の高松宮記念は適性距離でなかったこともあり結果を残せなかった彼女だけど、このヴィクトリアマイルでは侮らないほうがいいわよ。

ご存じの通り、昨年のこの舞台ではアーモンドアイに次ぐ2着入線をやってのけた彼女。

リピーターが強く、コース・距離ともに適性が重要視されるヴィクトリアマイルでは、今回の好メンバーのなかでも頭ひとつ抜けた存在、と言えるわ。

サウンドキアラは調教でも好調で、栗東の坂路で行われた最終追い切りでは【53.1-37.3-24.3-12.4】の時計を記録。
昨年いい走りをした時よりもさらに馬体がガッシリしたように感じるし、動きもかなりよかったから、状態面でもまったく不安はないわ。

芝1600mで5勝をあげる生粋のマイラーが、この舞台で復活を遂げるわよ!

2021年 ヴィクトリアマイル 注目馬③

テルツェット(牝4)
【前走:ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)3番人気1着】

月曜日にも注目馬として紹介した、テルツェット

前走が初の重賞であるなど、まだまだ実力未知数な彼女だけど…。

東京コースでは2戦2勝、マイル戦では5戦全勝と、このヴィクトリアマイルにおいてはメンバー1・2を争う適性がある、と言えるわ。

検証でも目立たないながらしっかりと好データには当てはまっているし、グランアレグリアを筆頭とした上位陣と勝ち負けになるようなことになっても不思議はないわよ。

そんな彼女の最終追い切りは、美浦の南Wで【68.1-53.2-39.2-12.5】を記録。
時計こそまずまずだったものの、動きに問題はないし、好調と言っていい走りだったわ。

最先着もある、という意味での単穴印。
期待しているわ!

2021年 ヴィクトリアマイル 注目馬④

マルターズディオサ(牝4)
【前走:高松宮記念(G1)9番人気8着】

前走高松宮記念組からは、このマルターズディオサにも注目ね。

結果こそいいものとは言えなったけど、前走G1組は好走傾向にあるし、何よりこれまでに重賞で2勝をあげている彼女は十分巻き返しが見込める1頭

前々走の阪神Cでは連対する好走を見せているし、好材料を備えマイルに戻る本走では地力を発揮してくれそうよ。

そんなマルターズディオサ、調教も順調にこなせたみたい。

美浦の南Wで行われた最終追い切りでは、【68.7-53.9-39.7-12.5】となかなか時計を記録。
コンビ9戦目となる田辺裕信Jとの折合いもバッチリだし、いい状態で日曜が迎えられそうね。

オッズも30倍程度はつきそうだし、配当面ではかなりオイシイ1頭と言えるわ!

2015年の200万馬券が記憶に新しい、ヴィクトリアマイル。
再来を予感させるアノ伏兵、見逃すなんてあり得ないわ!

2021年 ヴィクトリアマイル 注目穴馬

イベリス(牝5)
【前走:阪神牝馬ステークス(G2)4番人気6着】

月曜日から変わらず、注目の穴馬候補はイベリスよ!

前回の検証でも、かなりの好データに該当していた彼女。
今日も枠、馬体重とそれぞれ好走傾向内にあると分かって、ますます買いやすくなったわね。

伝えてきたようにこのヴィクトリアマイルは、先行力が勝ち負けのカギを握る舞台。
さらにこのところの府中はスプリント能力も試されるような馬場状態とあって、短距離型の逃げ馬である彼女には最適なレース、と言えるわよ。

そんなイベリスの最終追い切りは、栗東の坂路で【54.8-39.9-25.3-12.4】を記録。
1週間前にも併せ馬に1秒0先着とかなり動けていた印象があったけど、輸送があった今回もなかなかの時計でいい状態をキープしている感じだったわ。

200万馬券が出た2015年は、その波乱の立役者であるミナレットがスタートからハナに立っての大逃げを打ったわよね。
今年のイベリスにもその先行力は十分に期待できるところ。

6年ぶりの7桁配当、あるわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次