今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

天皇賞(春)2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 天皇賞(春)最終予想

天皇賞(春)の最終予想をするわよ!

上位5頭くらいまでは1桁台のオッズに収まりそうな、このレース。

ただでさえ荒れ模様の春天だけど、今年は人気が割れている分、中堅クラスが馬券に飛び込んできただけでも思わぬ高配当になり得るわよ!

今回もデータを増やして、人気馬の信頼度や7桁配当の鍵を握る伏兵の情報を炙り出しておいたわ。

ページの最後で紹介しているから、予想印と一緒にぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していきましょう!

2021年 天皇賞(春)枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ワールドプレミア 牡5 58.0 福永祐一 友道康夫 栗東
2 アリストテレス 牡4 58.0 ルメール 音無秀孝 栗東
2 3 カレンブーケドール 牝5 56.0 戸崎圭太 国枝栄 美浦
4 シロニイ 牡7 58.0 松若風馬 池江泰寿 栗東
3 5 ディアスティマ 牡4 58.0 坂井瑠星 高野友和 栗東
6 マカヒキ 牡8 58.0 藤岡康太 友道康夫 栗東
4 7 ユーキャンスマイル 牡6 58.0 藤岡佑介 友道康夫 栗東
8 ディバインフォース 牡5 58.0 武豊 寺島良 栗東
5 9 ジャコマル 牡7 58.0 横山和生 松永幹夫 栗東
10 ゴースト セン5 58.0 鮫島克駿 橋口慎介 栗東
6 11 メイショウテンゲン 牡5 58.0 酒井学 池添兼雄 栗東
12 ディープボンド 牡4 58.0 和田竜二 大久保龍 栗東
7 13 ナムラドノヴァン 牡6 58.0 内田博幸 杉山晴紀 栗東
14 ウインマリリン 牝4 56.0 横山武史 手塚貴久 美浦
8 15 オセアグレイト 牡5 58.0 横山典弘 菊川正達 美浦
16 メロディーレーン 牝5 56.0 池添謙一 森田直行 栗東
17 オーソリティ 牡4 58.0 川田将雅 木村哲也 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走レース別成績
阪神大賞典組が絶好調

■前走着順別成績
前走1着馬がレースの中心
G1で馬券になった経験があれば、前走6着以降からでも巻き返せる

■レース当日の人気別成績
1・2番人気の信頼度が高い
10番人気以下からはG2で3着以内のある馬を選ぶ

■所属別成績
関東馬が優勢

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年分のデータを使って天皇賞(春)の予想を詰めていくわよ。

まずは、枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 天皇賞(春)枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4 1 1 12 22.2% 27.8% 33.3%
1 1 1 15 5.6% 11.1% 16.7%
1 1 1 16 5.3% 10.5% 15.8%
1 1 3 15 5.0% 10.0% 25.0%
0 1 0 19 0% 5.0% 5.0%
1 2 2 15 5.0% 15.0% 25.0%
1 2 1 21 4.0% 12.0% 16.0%
1 1 1 25 3.6% 7.1% 10.7%

長距離戦だけに、そこまで枠順による影響はない、と思いがちだけど…。
1枠の好成績を見ると、軽視できないことが分かるわ!

ここは直近10年で4頭もの勝ち馬が出ているだけでなく、回収率は単勝・複勝ともに300%を超えている好コスパの枠なのよね。

今回そんな1枠に決まったのが、ワールドプレミアアリストテレス
上位人気のなかでも一歩リードする存在、と言えそうよ!

ちなみに、1枠以外はどこも同じような好走率になっているこのレースだけど、2・3枠は複勝回収率が100%オーバー

配当面では内側が優勢、と覚えておいてちょうだい。

次は、年齢別成績を見てもらうわよ。

2021年 天皇賞(春)年齢別成績

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 4 2 4 37 8.5% 12.8% 21.3%
5歳 5 3 0 37 11.1% 17.8% 17.8%
6歳 1 4 3 27 2.9% 14.3% 22.9%
7歳 0 0 3 17 0% 0% 15.0%
8歳 0 1 0 12 0% 7.7% 7.7%

勝ち馬になり得るのは4・5歳馬、って感じのデータね。

この4・5歳で勝ち馬になったのべ9頭について詳しく調べてみたら、全員3歳クラシックのいずれかのレースで馬券になっていた、という共通点があったの。

菊花賞を沸かせたあの2頭は、大注目の最先着候補、と言えるわね!

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表していくわよ!

2021年 天皇賞(春)注目馬①

アリストテレス(牡4)
【前走:阪神大賞典(G2)1番人気7着】

本走でもっとも信頼に値するのが、アリストテレスよ!

楽勝ムードさえあった前走の阪神大賞典では、まさかの掲示板外に沈んだ彼。

今年の春天は同じ舞台でさらに距離が延長されるとあって、最先着は難しいと考えている人も多いと思うけど…。
データ上は文句なしの勝ち馬候補、と言える存在よ。

勝率がズバ抜けて高い1枠に決まったのが伝えた通りだし、何といってもこのレースにおいて好走馬の条件でもある「3歳クラシック競争で馬券になっている」にも該当しているよね。

4戦連続で鞍上を務めるルメールJも昨年、一昨年とこの舞台を制しているし、人馬ともに強さを見せてくれそうよ。

そんなアリストテレスの最終追い切りは、栗東のCWで【79.0-64.1-50.1-37.3-12.4】の時計を記録。
前走時に比べ状態は間違いなくいいし、戦闘態勢はすでに整っている、って感じだったわ。

コスパもなかなか期待できそうだし、狙い目ね!

2021年 天皇賞(春)注目馬②

ディープボンド(牡5)
【前走:阪神大賞典(G2)3番人気1着】

月曜日にも注目馬として紹介していた、ディープボンド

阪神大賞典の最先着馬として、印を打たないわけにはいかない存在よね。

もともと月曜にはかなりの好データに当てはまっていた彼だけど、今回もなかなか買えるデータが揃ったわ。

好走率で見るともっとも成績のいい5枠に収まってくれたし、年齢もちょうどいいところ。
阪神での戦績からも、他のメンバーに比べ分がある、と言えるわね。

そんなディープボンドの最終追い切りは、栗東のCWを【83.5-68.2-53.2-38.9-12.5】の時計。
状態、折り合いもバッチリで、前回より1ハロン延びるこの舞台でもいいパフォーマンスを見せてくれそうよ。

かなりの人気ながらコスパも悪くないし、軸としても十分活躍に期待できるわね!

2021年 天皇賞(春)注目馬③

ディバインフォース(牡5)
【前走:サンシャインステークス(3勝クラス)3番人気3着】

単穴として警戒したい、ディバインフォース

キャリアを通じて、未だ重賞での馬券経験がない彼だけど…。
2019年の菊花賞では大外から一気の競馬で4着に入るなど、成績以上の実力を秘めた1頭なのよね。

今回の春天においても目立たないながら好データにはしっかりと該当しているし、”盾男”武豊Jが鞍上に決まるなど、走る材料は豊富。
検証上、今年の穴馬は彼、と言ってもおかしくないほどだわ。

そんなディバインフォースの最終追い切りは、栗東のCWで【68.4-52.8-38.6-12.3】の時計。
中1週の強行スケジュールながら疲れはまったく見られないし、むしろ叩かれて良化したように見えるほど状態は上向きよ。

単勝40~50倍程度はつきそうな彼。
切ったら痛い目を見そうよ!

2021年 天皇賞(春)注目馬④

カレンブーケドール(牝5)
【前走:日経賞(G2)1番人気2着】

データに不安がない、という意味では、カレンブーケドールも見逃せない存在。

月曜には上々の検証内容だったし、今回好走率、回収率ともに高い2枠に収まったとあって、ますます買いやすくなったわ。

伝えてきた通り、彼女はあれほどのメンバーが揃った昨年のJCで4着になる実力の持ち主だし、どんな舞台でも相手なりに走れて大崩れしない安定感が魅力
64年もの間牝馬の勝ち馬が出ていないこの舞台だけど、今の彼女なら十分その歴史を覆すことができるわ。

そんなカレンブーケドールの最終追い切りは、美浦の坂路で【52.7-38.2-25.2-12.9】の時計。
叩かれて良化する傾向のある馬だけあって、前走時よりも動きはよく見えたし、初の長距離戦となる今回も好走に期待大よ。

日曜日には勝ち切れないイメージを払拭するとともに、ぜひ歴史に名を刻んでほしいわね!

上位陣が好調な今年の天皇賞(春)だけど…
アノ大穴を見くびると、みすみす高配当を逃すことになるわよ!

2021年 天皇賞(春)注目穴馬

メイショウテンゲン(牡5)
【前走:阪神大賞典(G2)7番人気6着】

月曜から変わらず、本走における注目穴馬に推したいのがメイショウテンゲンよ!

伝えてきたように月曜日には、いかにも穴馬らしいデータに該当していた彼。
今回も好走傾向にある5歳馬、さらにここ10年でもっとも馬券になった馬を排出している6枠と、走る材料が出揃ったわね。

そうそう、近走ではちらほら大敗もあるメイショウテンゲンだけど、今年の舞台となる阪神においては成績が安定しているの。

昨年の宝塚記念ではしっかりと掲示板を確保しているし、馬券になったレースも3戦あるのよね。
距離的な問題もないし、今年に限っての阪神開催というイレギュラーは彼にとっては有利に働く要素よ。

そんなメイショウテンゲンの最終追い切りは、栗東のCWで【81.3-65.7-50.8-37.1-11.6】の時計。
1週間前の時点で走れていたけど、ここへ来てさらに動きもよくなっていたし、かなり期待できる仕上がりと言っていいんじゃないかしら。

相変わらず世間からの評価は低く、オッズは単勝100倍を超えるであろう彼。
“今年のビートブラック”になり得る大注目の穴馬候補、見逃さないでちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次