今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

大阪杯2020のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 大阪杯 事前予想

今週は、古馬中距離勢のトップを決める戦い、大阪杯の予想をしていくわよ!

このレースはG2時代からかなりレベルが高かったけど、今年もダノンキングリーワグネリアンなど、これぞG1という感じの好メンバーが揃ったわね。

その分本命を選びにくいのも例年通りで、当日の人気推移と展開次第では、昨年のように1番人気が崩れて10万近い配当が出る可能性もあり得るわ。

今年もデータを駆使して、そんな有力どころの中で最も信頼できる馬や、彼らに先着する可能性のある穴馬を見つけ出しておいたわよ。

ページの最後で紹介しているから、期待しててちょうだい。

さっそく、今週の特別登録馬を確認してもらうわね。

2020年 大阪杯 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
カデナ 57.0 中竹和也 栗東
クレッシェンドラヴ 57.0 林徹 美浦
サトノソルタス 57.0 堀宣行 美浦
ジナンボー 57.0 堀宣行 美浦
ステイフーリッシュ 57.0 矢作芳人 栗東
ダノンキングリー 57.0 萩原清 美浦
ブラストワンピース 57.0 大竹正博 美浦
マカヒキ 57.0 友道康夫 栗東
レッドジェニアル 57.0 高橋義忠 栗東
ロードマイウェイ 57.0 杉山晴紀 栗東
ワグネリアン 57.0 友道康夫 栗東
ヴェロックス 57.0 中内田充 栗東
クロノジェネシス 55.0 斉藤崇史 栗東
ラッキーライラック 55.0 松永幹夫 栗東

それじゃあ今週は、このレースがG2だった時代も含めた過去10年分のデータを使って、大阪杯の予想を組み立てていくわ。

前走クラス別成績から見てちょうだい!

2020年 大阪杯 前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 3 2 5 13 13.0% 21.7% 43.5%
G2 5 6 5 44 8.3% 18.3% 26.7%
G3 0 1 0 26 0% 3.7% 3.7%
OP特別 1 0 0 10 9.1% 9.1% 9.1%
条件戦 0 1 0 3 0% 25.0% 25.0%

おおむね、前走の格が高ければ高いだけ、本走でも好走する傾向にあるようね。

近年はとくにこの傾向が顕著で、大阪杯がG1になってからは前走G2以上の馬しか馬券になっていないの。

カデナクレッシェンドラヴジナンボーヴェロックスあたりは、よほど他のデータが良くない限りは買いにくくなるわ。

次は、前走着順別成績を見てもらおうかしら。

2020年 大阪杯 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 4 2 4 14 16.7% 25.0% 41.7%
2着 5 0 1 15 23.8% 23.8% 28.6%
3着 1 3 2 13 5.3% 21.1% 31.6%
4着 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
5着 1 4 1 6 8.3% 41.7% 50.0%
6~9着 1 1 1 20 4.3% 8.7% 13.0%
10着以下 0 0 0 24 0% 0% 0%

前走2着の馬が妙に勝っているわね…。

もちろん、ある種の偶然である可能性は否定できないけど、前走2着だったサトノソルタスラッキーライラックがもし他の好走条件にも当てはまっていたら、厚めに買ってみるのもおもしろいかもしれないわ。

全体的な傾向としては、前走で掲示板に入った馬なら好走に期待できて、対照的に2桁決着だった馬はまったく馬券になっていない、という感じ。

ロードマイウェイについては切った方がよさそうね。

次は、レース当日人気別成績を見てもらおうかしら。

2020年 大阪杯 レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4 2 2 2 40.0% 60.0% 80.0%
2番人気 2 2 2 4 20.0% 40.0% 60.0%
3番人気 0 0 1 9 0% 0% 10.0%
4番人気 1 0 3 6 10.0% 10.0% 40.0%
5番人気 0 1 1 8 0% 10.0% 20.0%
6番人気 2 2 1 5 20.0% 40.0% 50.0%
7番人気 0 1 0 9 0% 10.0% 10.0%
8番人気 0 1 0 9 0% 10.0% 10.0%
9番人気 1 1 0 7 11.1% 22.2% 22.2%
10番人気以下 0 0 0 41 0% 0% 0%

1番人気の複勝率はさすがのものだけど、勝率についてはそれなり。

昨年も当時9番人気のアルアインが勝ったわけだし、このレースの軸は手広く探した方がよさそうだわ。

もっとも、過去10年このレースで2桁人気の馬が馬券になった例はないし、あまり大穴を求めるのも考え物。

1桁人気の中から有力馬を見繕って、ボックスのような手広い買い方で高配当を狙うのがオススメよ。

次は、所属別成績を見てもらうわね。

2020年 大阪杯 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 0 3 0 27 0.0% 10.0% 10.0%
関西 10 7 10 73 10.0% 17.0% 27.0%

関東馬は1頭も勝っていない、という興味深いデータよ。

2着に入った馬は3頭いるけど、これはいずれもG2時代のもの。

つまりG1になってからは、すべてのレースで上位3頭を関西馬が独占していたってわけ。

今年はダノンキングリーブラストワンピースなど、有力な関東馬がたくさん出走しているけど、安易に飛びつくのは考え物よ。

そんなところで、現段階における注目馬を紹介するわね。

2020年 大阪杯 注目馬①

ダノンキングリー(牡4
【前走:中山記念(G2)1番人気1着】

前哨戦を快勝しており、本走でもトップクラスの支持を得そうなダノンキングリー

ただここまで読んでもらえばわかる通り、あまり彼を過信しない方がいいわよ。

もともと大阪杯は1番人気が勝ちきれていない上に、彼のような関東馬にとってはかなり受難のレース。

ダノンキングリーは文句なく強い馬だけど、他と比べて飛びぬけて有力というわけではない、という力関係についても考慮する必要があるわね。

現時点での評価として、彼は3着以内に入る可能性は十分だけど、本命には推しにくいって感じ。

今後出てくるデータ次第では、切ることまで考えられるわ!

2020年 大阪杯 注目馬②

ラッキーライラック(牝5
【前走:中山記念(G2)2番人気2着】

本走で人気しそうな馬の中では、今のところデータ面でもっとも信頼できるラッキーライラック

前走ではダノンキングリーに2馬身近い差をつけられてしまったわけだけど、その前走が斤量1kg差だったのに対して本走では2kg

1kg違えば着差1馬身違う、という定説を信じるなら、あとはちょっとした展開の利があるだけで逆転できそうよね。

さきほど伝えたとおり、このレースは例年なぜか前走2着馬が好走しているし、ますます期待できるわ。

そうそう、このレースでは意外と牝馬の成績がよくて、過去10年の結果をまとめると1-0-1-6
例が少ないから過信はできないけど、牡馬よりも好調なのよ。

好走条件の揃ったこのレースでなら、前走の雪辱を果たしてくれる可能性は十分よ!

昨年のような高配当に期待が高まる大阪杯
皆が忘れているアノ名馬を押さえておけば、10万馬券も夢じゃないわ!

2020年 大阪杯 注目穴馬

マカヒキ(牡7
【前走:ジャパンカップ(G1)14番人気4着】

前走ジャパンカップ組は2頭とも信頼できるんだけど、今日はとくにマカヒキに注目したいわ。

ダービー馬だった彼も御年7歳、1年以上馬券から遠ざかっているけど、前走ではレーストップの上がりを見せて実力をアピールしてくれたわね。

展開一つで勝利までありえた走りだったし、年齢を理由に彼を敬遠するのは考え直した方がいいわよ。

彼はここまで調べた好走条件によく当てはまっているし、昨年・一昨年とこのレースで4着をマークしているのも評価すべきポイント。

復調気配の見えている今なら、着順をもう二つ三つ上げてもおかしくないわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次