今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

大阪杯2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 大阪杯 最終予想

大阪杯の最終予想をするわよ!

例年を上回る豪華なメンバー構成となった、このレース。

なかでもコントレイルとグランアレグリア、サリオスは抜けた人気になっていて、すでに世間では三つ巴の争い、なんて雰囲気が漂っているわね。

ただ3強が人気を吸った分、他の有力馬には思わぬオッズがつくもの。
実力で引けを取らないような馬を見つけられれば、効率よく高配当が狙えるわよ。

今回も自慢のデータで各馬を検証したところ、そんな10万馬券まで期待できる伏兵を炙り出すことができたわ。

予想印に含めておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していきましょう。

2021年 大阪杯 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 モズベッロ 牡5 57.0 池添謙一 森田直行 栗東
2 2 サリオス 牡4 57.0 松山弘平 堀宣行 美浦
3 3 アーデントリー 牡5 57.0 和田竜二 川村禎彦 栗東
4 4 ブラヴァス 牡5 57.0 三浦皇成 友道康夫 栗東
5 ペルシアンナイト 牡7 57.0 幸英明 池江泰寿 栗東
5 6 ワグネリアン 牡6 57.0 吉田隼人 友道康夫 栗東
7 コントレイル 牡4 57.0 福永祐一 矢作芳人 栗東
6 8 レイパパレ 牝4 55.0 川田将雅 高野友和 栗東
9 クレッシェンドラヴ 牡7 57.0 内田博幸 林徹 美浦
7 10 カデナ 牡7 57.0 鮫島克駿 中竹和也 栗東
11 ハッピーグリン 牡6 57.0 団野大成 森秀行 栗東
8 12 グランアレグリア 牝5 55.0 ルメール 藤沢和雄 美浦
13 アドマイヤビルゴ 牡4 57.0 岩田望来 友道康夫 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
前走G1組が強い
G2組では金鯱賞を使った馬に注目

■前走着順別成績
前走2着馬が絶好調
前走で10着以下だった馬は切る

■レース当日人気別成績
1・2番人気は堅実な走りが見込める
G1戦で馬券経験のある中堅人気は狙い目

■所属別成績
関西馬が圧倒的に有利
関東馬でもグランアレグリアは買える

それじゃあ月曜日から引き続き、このレースがG2だった時代を含めた過去10年分のデータを基に大阪杯の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2021年 大阪杯 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
0 0 0 11 0% 0% 0%
0 0 2 10 0% 0% 16.6%
2 4 1 9 12.5% 37.5% 43.8%
2 1 2 11 12.5% 18.8% 31.3%
2 2 1 13 11.1% 22.2% 27.8%
0 1 1 17 0% 5.3% 10.5%
2 1 1 15 10.5% 15.8% 21.1%
2 1 2 14 10.5% 15.8% 26.3%

最内枠にかけて不調、というデータよ。

ただ、内側のなかでも3枠より外目はかなりの好走傾向にあるわね。

ここは2019年に当時9番人気だったアルアインがここから最先着していて、回収率は単勝・複勝ともに100%オーバーと穴馬が出やすい枠でもあるの。

そういった観点では、3枠アーデントリーは面白い存在になりそうよ。

ちなみに上位人気3頭では、サリオス以外はいいところに収まった、って印象。

データ上は5枠に決まったコントレイルがわずかにリードしているけど、グランアレグリアの入った8枠もなかなかの好走傾向にあるし、他の検証材料を加味した上で印を打っていきたいわね。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

2021年 大阪杯 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 0 1 2 11 0% 7.1% 21.4%
460~479kg 4 0 1 27 12.5% 12.5% 15.6%
480~499kg 1 3 5 33 2.4% 9.5% 21.4%
500~519kg 2 4 2 18 7.7% 23.1% 30.8%
520kg以上 3 2 0 11 18.8% 31.3% 31.3%

520kgを超すような大柄な馬ほど好走傾向にある、というデータね。

調べてみたら、大阪杯がG1になったここ4年のうち3年でこの範囲の馬が勝っていたし、今年唯一該当しそうなサリオスは馬格の面でかなり有力な1頭と言えそうよ。

ちなみに馬体重が459kg以下で馬券になった3頭について検証してみたら、いずれも「前走で最先着」した「牝馬」だった、という共通点があったわ。

条件に当てはまるレイパパレには警戒してちょうだい。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!

2021年 大阪杯 注目馬①

コントレイル(牡4)
【前走:ジャパンカップ(G1)2番人気2着】

本走の本命印にふさわしいのは、コントレイルよ!

月曜日の時点でかなりの好データに該当していたけど、今回いい枠に決まったとあって、ますます勝利に期待が持てる彼。
最適性距離で勝負できる本走は、前走の雪辱を晴らすに恰好の舞台ね。

そうそう、今回が8度目のコンビを組む福永祐一Jだけど、彼はここ10年の大阪杯で4度馬券内を確保していて、このレースとの相性が抜群

人馬ともに好調な点においても、グランアレグリアに先着する可能性が高いわ。

そんなコントレイルの最終追い切りは、栗東の坂路で【50.6-37.2-24.5-12.3】の時計を記録。
1週間前の時点で身体が出来上がっていた印象はあったけど、今回はさらに反応もよくなっていて、いよいよ日曜日に走るだけ、って感じが伝わってきたわ。

オッズも何とか最低限は確保できそうだし、軸として十分活躍してくれそうよ!

2021年 大阪杯 注目馬②

レイパパレ(牝4)
【前走:チャレンジカップ(G3)1番人気1着】

デビュー以来いまだ負けなしの、レイパパレ

抽選の末、秋華賞への出走は叶わなかったけど、代わりに登録した大原Sでの見事な大勝は記憶に新しいわね。

そんな彼女、本走においてもデータ面ではなかなか優秀
軽い馬体ながらしっかりと好走条件に該当している、というのは伝えた通りだし、今回騎乗する川田将雅Jもこのレースで3度馬券になっているのは好印象よ。

レイパパレの最終追い切りは、栗東の坂路で【52.9-39.0-25.3-12.4】の時計を記録。
1週間前に比べ各段に時計もよかったし、状態面は万全と見ていいんじゃないかしら。

キャリアはわずか5戦ながら、阪神ではすでに2勝を挙げている彼女。

まだまだ実力的には底を見せていないし、今回3強に割って入ることがあってもおかしくないわよ!

2021年 大阪杯 注目馬③

ワグネリアン(牡6)
【前走:京都記念(G2)2番人気5着】

実績では3強にも引けを取らない、ワグネリアン

メンバー一二を争う中距離のキャリアもさることながら、相手なりに走れて大崩れしない安定感は最大の魅力ね。

前走も休み明けでコンディションが整わないなか、しっかりと掲示板を確保していたし、今回は2度の勝ち鞍がある得意の阪神とあって、十分上位を脅かす存在になり得るわよ。

そんなワグネリアンの最終追い切りは、栗東のCWで【50.6-37.2-24.5-12.3】の時計。
ひと叩きされた上積みが感じられる走りは好印象で、馬券を賑わせた昨年のジャパンCを思い起こさせる調教ができていたわ。

今回は強力なメンバーの陰に隠れて、過去最大のオッズがつきそうな彼。

データも好調だし、軽視していると痛い目を見そうだから注意してちょうだい!

2021年 大阪杯 注目馬④

グランアレグリア(牝5)
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)1番人気1着】

評価は連下ながら、切るに切れないグランアレグリ

ご存じの通り、昨年の安田記念ではアーモンドに土をつけ、最優秀短距離馬に輝いた彼女だけど…。
今回は最大のライバル、コントレイルにデータ上ちょっと及ばない感じ。

前走にマイルCSを使った馬はこれまで好走した実績がないし、関西所属馬は不調と不安な点がいくつかあるのよね。

もっとも、彼女と同等の馬体重だったはよく走る傾向にあるし、またここまで伝えてこなかったけど、実は大阪杯は牡馬よりも牝馬の方が馬券になりやすい、なんて好材料もあるの。

総合的には欠点になるようなデータも出ていないから、上位にはしっかり食い込んできそう、って感じよ。

そんな彼女の最終追い切りは、美浦の南Wで【81.1-66.8-52.6-39.1-12.8】の時計。
道中は終始落ち着きがあったし、鞍上のC・ルメールJとの折り合いもバッチリで状態面での問題もなさそうだったわ。

今回が初の芝2000mとなる彼女。
世代最強牝馬の実力、存分に見せつけてほしいわね!

堅く決着しそうな、今年の大阪杯だけど…
アノ伏兵が来れば、桁違いの配当になり得るわよ!

2021年 大阪杯 注目穴馬

モズベッロ(牡5)
【前走:京都記念(G2)5番人気8着】

本走で注目したい穴馬候補が、モズベッロよ!

月曜からの検証では、目立たないながらもなかなかの好データに該当していた彼。

ただ今回このレースの鬼門にあたる1枠を引いてしまうなど、ちょっと不安な点が出てきてしまったんだけど…。

本走において穴馬の条件とも言える、「過去にG1戦で馬券になったことがある」にも当てはまるし、馬体重もまずまずな範囲とあって十分上位入賞の可能性がある、と判断したわ。

そうそう、今回4戦振りに池添謙一Jが鞍上を務めるんだけど、実はこのコンビ【1-1-1-1】とかなりの好相性なの。
昨年は宝塚記念で3着に入る激走を見せてくれたし、主戦騎手が戻ってくる本走は一発あってもおかしくない存在と言えるわよ。

そんなモズベッロの最終追い切りは、栗東の坂路を【52.6-38.1-25.5-13.1】の時計。
先週の時点で上々の時計が出ていたのに加え、今回のひと追いでますます動きにキレが出てきたし、日曜に向けて準備万端、って感じだったわ。

かなりの好材料が揃いながら、世間ではまだまだ人気の薄い彼
狙わない手はないわね!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次