今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

大阪杯2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 大阪杯 最終予想

大阪杯の最終予想をするわよ!

もともと登録馬の数が控えめだったところを更に2頭が回避して、最終的に12頭でのレースになった今年。

選択肢が減って予想がしやすくなったかと思いきや、例年どおり上位層が厚いだけに、結局軸選びさえままならない、って感じよね。

そこで今回、過去のレースにおけるデータを基に出走馬を評価して、もっとも信頼できる本命馬や、人気どころに先着しそうな穴馬を見つけ出したの。

印はページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2020年 大阪杯 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ロードマイウェイ 牡4 57.0 武豊 杉山晴紀 栗東
2 2 サトノソルタス 牡5 57.0 藤岡康太 堀宣行 美浦
3 3 ブラストワンピース 牡5 57.0 川田将雅 大竹正博 美浦
4 4 ワグネリアン 牡5 57.0 福永祐一 友道康夫 栗東
5 5 ラッキーライラック 牝5 55.0 M.デム 松永幹夫 栗東
6 レッドジェニアル 牡4 57.0 酒井学 高橋義忠 栗東
6 7 ステイフーリッシュ 牡5 57.0 岩田康誠 矢作芳人 栗東
8 ダノンキングリー 牡4 57.0 横山典弘 萩原清 美浦
7 9 マカヒキ 牡7 57.0 ヒューイ 友道康夫 栗東
10 ジナンボー 牡5 57.0 藤岡佑介 堀宣行 美浦
8 11 カデナ 牡6 57.0 鮫島克駿 中竹和也 栗東
12 クロノジェネシス 牝4 55.0 北村友一 斉藤崇史 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
近年は前走G2以上を使った馬しか馬券になっていない

■前走着順別成績
前走で掲示板確保していると有利
前走2着の馬が妙に勝っている

■レース当日人気別成績
1番人気は複勝率が高く、勝率はそれなり
1桁人気の馬だけ考える

■所属別成績
関東馬は10年勝てておらず、近年は馬券内もない

それじゃあ月曜から引き続き、このレースがG2だった時期も含めた過去10年のデータを使って、大阪杯の予想を詰めていくわ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2020年 大阪杯 枠順別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
0 0 0 11 0.0% 0.0% 0.0%
0 0 2 10 0.0% 0.0% 16.7%
2 4 1 9 12.5% 37.5% 43.8%
2 1 2 11 12.5% 18.8% 31.3%
1 3 1 13 5.6% 22.2 27.8%
0 1 1 17 0.0% 5.3% 10.5%
2 1 1 15 10.5% 15.8% 21.1%
3 0 2 14 15.8% 15.8% 26.3%

3枠がなかなか好調で、そこより外ならおおむねどこも買える、という感じね。

今年3枠に入ったのは、人気も高そうなブラストワンピース
他のデータとの兼ね合いはあるけど、高く評価しておきたいわ。

他の人気馬について確認すると…
ダノンキングリー勝ち馬の出ていない6クロノジェネシス勝率がもっとも高い8、ワグネリアンは複勝率が2番目に高い4よ。

次は、馬体重別成績を見てもらうわね。

2020年 大阪杯 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 0 0 2 11 0% 0% 15.4%
460~479kg 5 1 1 28 14.3% 17.1% 20.0%
480~499kg 1 3 5 30 2.6% 10.3% 23.1%
500~519kg 2 4 2 21 6.9% 20.7% 27.6%
520kg~ 2 2 0 10 14.3% 28.6% 28.6%

460kgを割った馬が不調ね…

調教後の馬体重を見る限り、ただちにこの条件に当てはまる馬はいないようだけど、クロノジェネシスダノンキングリーはそれぞれ460kgちょっと
当日までにいくらか体重は落ちるだろうから、気を付けたいわね。

それとは対照的に、体重460~479kgに収まる馬はかなり勝率が高いから注目しておきたいところ。

今年当てはまりそうなのは、ステイフーリッシュロードマイウェイワグネリアンあたりよ。

さあ、ここで今週の予想印を発表するわね。

2020年 大阪杯 注目馬①

ワグネリアン(牡5
【前走:ジャパンカップ(G1)2番人気3着】

ここまで調べた結果、データ面で最も信頼できるのがこのワグネリアン

枠もいいところに入ってくれたし、馬体重も本走におけるベストの範囲に収まりそう。

前走から4か月空いたローテーションを不安に思う人もいるようだけど…
このレースでは、G1から直行してくる馬が好成績、というのは月曜日に話した通りよ。

彼は調教も順調そのもので、最終追い切りは栗東の坂路をしまい重視で4ハロン54.6-12.9という時計。

全体のタイムは一見あまりパッとしないけど、1週前と比べるとかなりスムーズに動けていたし、好調と見ていいわ。

このところ勝利に飢えている彼、ここで完全復活を果たしてくれそうね!

2020年 大阪杯 注目馬②

クロノジェネシス(牝4
【前走:京都記念(G2)1番人気1着】

当日ぎりぎりまで、ダノンキングリーあたりと1番人気を争うことになりそうなクロノジェネシス。

でもデータ上は、こちらにかなり分があるわよ。

彼女は月曜日の段階から多くの好走条件に合致していたし、費用対効果を鑑みても安心して買える存在。

またここまで触れてこなかったけど、このレースでは4歳馬の勝率が14.3%、複勝率は34.3もあるの。
そういった点でも、彼女には期待できるわね。

体重については一見ちょっと不安だけど、彼女の馬体は、本走に出走する牝馬としては標準的。
このレースはデータ上牝馬の方がわずかに有利だし、彼女についてはあまり体重を気にしなくて大丈夫ね。

最終追い切りでもよく動けていた彼女、狙い目よ!

2020年 大阪杯 注目馬③

ラッキーライラック(牝5
【前走:中山記念(G2)2番人気2着】

香港帰りの前走で、かなり充実した走りを見せてくれたラッキーライラック

明け2走目にあたる本走でなら、更なる強さを見せつけてくれそうだわ。

彼女はここまで調べたデータによく当てはまっているし、調教もかなり順調そう。

最終追い切りは栗東のCWで6ハロン81.6-12.2というなかなかの時計で、更にいくらか余力が残っているようにさえ見えたわね。

比較的人気を集めそうな彼女だけど、上位層が厚い今年はオッズが割れるから、配当もそれなりになるはずよ!

2020年 大阪杯 注目馬④

ダノンキングリー(牡4)
【前走:中山記念(G2)1番人気1着】

連下でならぜひ押さえておきたいけど、いくつか懸念もあるダノンキングリー

彼は月曜日の時点から、データ上大きく不利な関東馬であることなど、マイナスになるデータがあったのよね。

今回の検証で、彼の入った6枠が過去10年勝ち馬の出ていない所だとわかってしまった以上、大きく評価を下げざるを得ないわ。

もっとも、彼の実力やここまでの実績は無視できないところで、前走の走りを見る限り状態もよさそう。

最終追い切りも、美浦のWコースを5ハロン65.4-12.0という時計で、見ごたえのある内容だったわ。

勝利にこそ期待しにくいけど、馬券内は十分にあり得るわよ!

誰が勝ってもおかしくない今年の大阪杯
皆が見落としているアノ馬が勝てば、10万馬券も現実的になるわ!

2020年 大阪杯 注目穴馬

マカヒキ(牡7
【前走:ジャパンカップ(G1)12番人気4着】

月曜日にも注目穴馬として紹介していたマカヒキ

枠順も馬体重も、データ上不安のない範囲に収まってくれたわね。

彼は調教も着実にこなしていて、最終追い切りは栗東の坂路で4ハロン54.4-13.1という時計。

まだまだ余裕のありそうな雰囲気で、若々しさと落ち着きを両立した走りを見せてくれたわ。

彼は直近の放牧から帰ってきて以来ますます馬体が良くなっていて、前走まで不安のあった前脚についても不安はなさそう

同じ厩舎のダービー馬であるワグネリアンと、ワンツーで入線する可能性もあり得るわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次