皐月賞の無料予想はココをタップ

桜花賞2022の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

桜花賞の直前予想をするわよ!

事前予想でも伝えた通り、とある伏兵に走る材料が見つかっている今年。

2013年には70万馬券が飛び出している荒れれば大きい桜花賞だけに、高配当決着の期待が高まるわね!

今回もさらにデータを追加して、信頼できる本命どころや、波乱を巻き起こし得る注目の穴馬候補を炙り出しておいたわ。

ナミュールを本命から外した3連単馬券!
10万馬券を狙うなら、予想印と一緒にぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から見ていくわよ!

【PR】大荒れの大阪杯を3連単24点で的中!ギンギラKEIBA

3連単に特化した予想を提供している「ギンギラKEIBA」
平均配当50万円オーバーの実績で、リピート率95%をほこる人気の投資競馬サイト。

大荒れだった先週の大阪杯も、見事3連単24点で的中させたわ!
ノリにノってるこのサイト、桜花賞予想でも大活躍するわよ!

今なら桜花賞の注目情報を期間限定無料公開中
このお得な機会を逃さないように、しっかりチェックしておくのよ~!

【的中実績】
2022/4/3 阪神3R 3歳未勝利
<獲得>3連単16点 1,818,900円

2022/4/3 阪神10R 心斎橋ステークス
<獲得>3連単8点 1,330,920円

2022/4/3 阪神11R 大阪杯
<獲得>3連単24点 1,075,180円

→ギンギラ競馬の桜花賞無料情報はコチラ

目次

2022年桜花賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ナムラクレア 牝3 55.0 浜中俊 長谷川浩 栗東
2 カフジテトラゴン 牝3 55.0 古川吉洋 武英智 栗東
2 3 アルーリングウェイ 牝3 55.0 藤岡佑介 藤岡健一 栗東
4 パーソナルハイ 牝3 55.0 吉田豊 矢作芳人 栗東
3 5 ピンハイ 牝3 55.0 高倉稜 田中克典 栗東
6 ウォーターナビレラ 牝3 55.0 武豊 武幸四郎 栗東
4 7 サブライムアンセム 牝3 55.0 岩田望来 藤原英昭 栗東
8 スターズオンアース 牝3 55.0 川田将雅 高柳瑞樹 美浦
5 9 クロスマジェスティ 牝3 55.0 武藤雅 水野貴広 美浦
10 ライラック 牝3 55.0 福永祐一 相沢郁 美浦
6 11 ラブリイユアアイズ 牝3 55.0 坂井瑠星 黒岩陽一 美浦
12 ベルクレスタ 牝3 55.0 吉田隼人 須貝尚介 栗東
7 13 ラズベリームース 牝3 55.0 池添謙一 林徹 美浦
14 プレサージュリフト 牝3 55.0 戸崎圭太 木村哲也 美浦
15 アネゴハダ 牝3 55.0 幸英明 佐々木晶 栗東
8 16 サークルオブライフ 牝3 55.0 M.デム 国枝栄 美浦
17 フォラブリューテ 牝3 55.0 ルメール 宮田敬介 美浦
18 ナミュール 牝3 55.0 横山武史 高野友和 栗東

詳しい予想に入る前に、軽く前回のおさらいをしておくわね。

■レース当日人気別成績
過去10年で馬券になった30頭中28頭は8番人気以内から出ている
8番人気以降でも前走チューリップ賞を使っていて、かつオープン特別以上のレースでの勝ち鞍があれば買える

■前走クラス別成績
前走G1組が絶好調
G3組からはチューリップ賞組に注目

■前走着順別成績
勝ち馬は前走4着以内からしか出ていない
前走3着馬だった馬がもっとも走る傾向にある

■キャリア別成績
キャリア3・4戦組が馬券の7割を占めている
キャリア7戦以上の馬は切る

それじゃあ引き続き、過去10年分のデータを用いて桜花賞の予想を詰めていくわよ。

まずは、枠順別成績から見てちょうだい。

2022年桜花賞 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 0 1 2 16 0.0% 5.3% 15.8%
2枠 1 0 2 16 5.3% 5.3% 15.8%
3枠 1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
4枠 2 1 0 17 10.0% 15.0% 15.0%
5枠 3 0 4 13 15.0% 15.0% 35.0%
6枠 0 2 1 17 0.0% 10.0% 15.0%
7枠 2 2 1 25 6.7% 13.3% 16.7%
8枠 1 3 0 26 3.3% 13.3% 13.3%

真ん中にかけて勝率が高くなっているわね。

とくに4・5枠は好調で、過去10年における勝ち馬の半数をこの枠だった子たちが占めているわ。

さらに単勝回収率も4枠が107%、5枠が249%と穴馬も出ているのよね。

今回4枠にはサブライムアンセムスターズオンアース、5枠にはクロスマジェスティライラックが収まるから、彼女たちは有力な勝ち馬候補として押さえておきたいわ。

また抜けて人気しているナミュールとサークルオブライフは、同じ8枠

チューリップ賞ではどちらも内枠だったし、ナミュールに関しては阪神JFで8枠から4着に沈んでいるわ。

2強にとっては、あまりいい枠とは言い難そうね。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

2022年桜花賞 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~439kg 0 5 4 50 0.0% 8.5% 15.3%
440~459kg 1 1 2 46 2.0% 4.0% 8.0%
460~479kg 7 1 2 37 14.9% 17.0% 21.3%
480~499kg 2 3 2 9 12.5% 31.3% 43.8%
500kg以上 0 0 0 6 0.0% 0.0% 0.0%

勝ち馬の7割は480~499kgから出ていることがわかるわね。

昨年この舞台を制したソダシもこの範囲内だったし、単勝回収率も140%オーバーと好調だから、ぜひ注視したいところ。

調教後の馬体重を参考にすると、
ナムラクレア
パーソナルハイ
ウォーターナビレラ
スターズオンアース
クロスマジェスティ
ベルクレスタ
プレサージュリフト

の7頭がこの条件に該当するわよ。

ちなみに1番人気もありそうなナミュールだけど…。

彼女と同じ430kg台だった馬は、直近10年勝てていないのよね。

馬券にならない、というわけじゃないけど、ちょっと勝ち馬には推しにくいわね。

そんなところで、2022年桜花賞の予想印と推奨馬券を発表するわよ!

2022年桜花賞 ◎本命

サークルオブライフ(牝3)
【前走:チューリップ賞(G2)2番人気3着】

データ上、もっとも信頼できるのが、サークルオブライフよ!

事前予想の段階ですでに勝ち馬に推せるほどの材料を備えていた彼女だけど、今日の検証でもまずまず好走傾向内にあるとわかって、さらに買いやすくなったわ。

叩かれたことで状態もかなり上がっているようだし、水曜日の追い切りでは一杯の寮馬に馬なりで併入するなど、上々と言える仕上がり
チューリップ賞以上の激走に期待できるわよ。

オッズも最低限は確保できそうだし、積極的に頭から勝っていきたいわね!

2022年桜花賞 ○対抗

ラブリイユアアイズ(牝3)
【前走:阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)8番人気2着】

阪神JFではサークルオブライフに0秒1差の2着入線を果たしている、ラブリイユアアイズ

休み明けが嫌われてか、前走の成績に似つかわしくない中堅人気に落ち着いているわね。

ただ伝えたように、阪神JFからのローテーション組は好走率が高いし、そこでの上位入線しているのも本走での激走が見込めるポイント

枠順と馬格は勝利した前例に乏しいところではあるけど、距離や阪神コースの適性を加味すれば勝ち負けできる材料が揃った1頭、と言えるじゃないかしら。

追い切りの動きもよかったし、スタートさえ決まれば勝利まで見えるわ!

2022年桜花賞 ▲単穴

アルーリングウェイ(牝3)
【前走:エルフィンステークス(OP特別L)4番人気1着】

前走エルフィンSを快勝した、アルーリングウェイ

2走前の万両賞では、のちにシンザン記念を勝利するマテンロウオリオンにタイム差なしの2着に入っているし、地力は重賞でも通用するものを備えているわ。

彼女は検証でも問題になるようなところはなかったし、枠順も先行するには都合のいい2枠
短距離戦ではあるけど、本走の舞台である阪神コースを2戦しているのもプラス材料ね。

勝ち負けできる材料を備えていながら、人気は中堅クラス。
彼女が勝てば、2013年の再来も夢じゃないわ!

2022年桜花賞 △連下

フォラブリューテ(牝3)
【前走:紅梅ステークス(OP特別)1番人気1着】

新馬戦で後続に4馬身差をつける派手なデビューを飾った、フォラブリューテ

続くアルテミスSでは5着に敗れたものの、立て直しをはかった前走紅梅Sでは見事最先着を果たし、理想的な臨戦過程で参戦してくるわね。

検証ではそこまで目立った存在ではなかったけど、好データにはよく該当しているし、不安材料のなかった存在

ここまで触れてこなかったけど、今回鞍上を務めるC・ルメールJは過去10年における桜花賞の成績が【2-1-2-2 / 勝28.6% 連42.9% 複71.4%】とまさに馬券の常連だし、本走がコンビ3戦目、というところも考慮すれば、馬券圏内に飛び込んできてもおかしくないわよね。

馬券になり得る「当日8番人気以内」からはちょっと外れそうだけど、それでも走る材料が揃った今回の彼女なら買っていけるわよ。

荒れた展開も大いにあり得る、今年の桜花賞。
6桁配当をもたらす注目穴馬と推奨馬券、ぜひチェックしてちょうだい!

2022年桜花賞 ☆注目穴馬

ピンハイ(牝3)
【前走:チューリップ賞(G2)13番人気2着】

チューリップ賞では25万馬券を演出して見せた、ピンハイ

まだまだ前走の2着入線はフロックだなんて言い方もされているけど、強烈なメンバーが揃っていたあの舞台はまぐれで連対できるところじゃないわよね。

事前予想でも伝えたように、今回はデータもいいものばかり揃っているし、阪神コースとの相性も抜群
勝利した新馬戦同様3枠に決まったのも、彼女にとって優位に働きそうよね。

キレのよさは一線級、スタートが上手く決まれば現実的に勝利が見込めるわ!

推奨馬券は、以下の3連単120点よ!

【1着】
3. アルーリングウェイ
5. ピンハイ
11.ラブリイユアアイズ
16. サークルオブライフ

【2・3着】
3. アルーリングウェイ
5. ピンハイ
8. スターズオンアース
11. ラブリイユアアイズ
16. サークルオブライフ
17. フォラブリューテ
18. ナミュール

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコ・デラックス
性別:セン
年齢:うるさいわね
出身地:千葉県
血液型:A型
星座:おとめ座
競馬歴:30年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人はとくに好物)
好きな券種: 馬連・3連複・3連単

目次