NHKマイルカップ

東京11RNHKマイルカップ(GⅠ・芝1600m)
◎7 グランアレグリア
○3 ダノンチェイサー
▲15 ヴィッテルスバッハ
☆12 ワイドファラオ
△10 カテドラル
レースの見どころ

NHK
マイルカップの最終予想をするわよ!

下馬評を見る限り、世間はグランアレグリアの1強ムード

今回のNHKマイルは堅いレースになるのかな?と思っている人もいるかもしれないけど…。

今回、いつものようにデータを駆使してこのレースを調べ上げたところ、ある穴馬が、グランアレグリアに先着するポテンシャルを秘めていることがわかったの。

展開によっては、帯封が拝めるかもしれないわ。

今週の予想印はページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。


さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11クリノガウディー牡357.0藤岡佑介藤沢則雄栗東
12プールヴィル牝355.0秋山真一庄野靖志栗東
23ダノンチェイサー牡357.0川田将雅池江泰寿栗東
24イベリス牝355.0浜中俊角田晃一栗東
35マイネルフラップ牡357.0松岡正海梅田智之栗東
36グルーヴィット牡357.0レーン松永幹夫栗東
47グランアレグリア牝355.0ルメール藤沢和雄美浦
48ヴァルディゼール牡357.0北村友一渡辺薫彦栗東
59ミッキーブラック牡357.0岩田康誠音無秀孝栗東
510カテドラル牡357.0アヴドゥ池添学栗東
611ロードグラディオ牡357.0大野拓弥西浦勝一栗東
612ワイドファラオ牡357.0内田博幸角居勝彦栗東
713ファンタジスト牡357.0武豊梅田智之栗東
714ハッピーアワー牡357.0吉田隼人武幸四郎栗東
715ヴィッテルスバッハ牡357.0戸崎圭太池上昌和美浦
816トオヤリトセイト牡357.0福永祐一松下武士栗東
817アドマイヤマーズ牡357.0M.デム友道康夫栗東
818ケイデンスコール牡357.0石橋脩安田隆行栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走レース別成績
ニュージーランドトロフィー(NZT)組と、桜花賞組に注目
とくにNZT組は過去穴馬でも勝っている

■前走着順別成績
成績にあまり影響しない
前走着順によって人気を落としている馬が狙い目

■当日人気別成績
1番人気はピンかパー
2桁人気馬は、前走で4番人気以内なら注意

■脚質別成績
逃げ馬の勝率30%、複勝率40%
先行馬も好走率が高く、前の馬は積極的に買える

それじゃ、新たに2点のデータを使って、NHKマイルカップの予想を詰めていくわ。

枠順別成績から見てちょうだい!

枠順別成績
枠順別成績表
一見かなり平滑で、どの枠に入っても大差ないように見えるわね。

でも詳しく調べてみたところ、おもしろいことがわかったの。

過去2~3着に飛びこんできた2桁人気馬は、どちらかと言えば外枠から多く出ていのよ。

とくに56枠は複勝回収率が高いから、あわせて覚えておいてちょうだい。


次は、馬体重別成績を見てもらうわね。

馬体重別成績
馬体重別成績表
3歳馬としては標準的な460479kgの馬と、かなり大柄な500519kgの馬が好成績ね。

とくに勝率が高いのは460479kgの馬だから、この辺りを中心に買っていきましょう。


さあ、いよいよ今週の予想印を紹介するわよ。

◎グランアレグリア

◯ダノンチェイサー

▲ヴィッテルスバッハ

△カテドラル

ワイドファラオ
本命
グランアレグリア(牝3
【前走:桜花賞(G1)2番人気1着】

月曜日にも本命候補としていたグランアレグリア

今回、勝率トップの4に入ってくれた上に、体重も理想的だとわかったから、いよいよ買わないわけにいかなくなったわね。

彼女は調教も順調そうで、最終追い切りは美穂の南ウッドで5ハロン69.2-12.4という時計。
一見パッとしない時計だけど、彼女はもともと調教駆けしない馬だし、前走からの間隔も考えればこの位の内容でちょうどいいはずよ。

彼女はどうやら単勝2倍切りそうなほどの人気で、一見買っても旨味が薄いようだけど…
これから紹介する穴馬と組み合わせれば、かなりの配当になるわ。

月曜日に調べたデータも踏まえて、1着固定で買い目を絞るのがオススメよ!

対抗
ダノンチェイサー(牡3
【前走:きさらぎ賞(G3)3番人気1着】

近年の有力馬らしい、休養から直行のローテーションで本走に挑むダノンチェイサー

もし彼がここを勝つと、レース史上最長間隔での勝利ということになるわ。

彼の人気順は、恐らくグランアレグリアアドマイヤマーズに次ぐ3番人気。
ただその2頭が圧倒的な支持を集めているおかげで、ダノンチェイサーにはそれなりのオッズが付きそうで何よりだわ。

最終追い切りは、栗東のCWコースでほぼ馬なりの4ハロン53.3-11.5という時計。
見るからに馬体がしっかりしてきて、本走の好走条件にもピッタリ当てはまりそうね。

彼を買うのに不安はないし、あとはダノンチェイサーとワンツーにならないよう祈るばかりだわ!

単穴
ヴィッテルスバッハ(牡3
【前走:ニュージーランドトロフィー(G2)2番人気3着】

前走NZT組からは、このヴィッテルスバッハに注目よ。

その前走では、4角11番手からかなりの末脚を見せて、最終的には後続に1馬身以上の差をつけて3だったのよね。

このレースは逃げ・先行馬が有利ではあるけれど、有力な差し馬がしっかり結果を残しているレースでもあるわ。

とくに今回は、人気サイドがみな前目の馬だから…
前が潰れる展開に備えて、彼のような差し馬をぜひ押さえておきたいところ。

彼は標準的な体重をはじめとして悪くないデータが揃っているし、連対率トップタイの7に入ってくれたのも追い風ね。

彼が勝ってくれれば、今年の3歳マイルはかなり面おもしろいことになるわ!

連下
カテドラル(牡3
【前走:アーリントンカップ(G3)7番人気2着】

穴サイドの差し馬として、このカテドラルにも注目しておきたいところ。

月曜日に伝えた通り、前走アーリントンカップ組は複勝率25となかなかの好成績だし、彼は他のデータも悪くないわ。

そうそう、彼は前走の内容もかなりのもので、4角17番手から33.3秒の上がりを見せて、最終的には1着イベリスにクビ差まで迫ったの。

これだけのポテンシャルがありながら、今のところほとんど注目されていないのはありがたいわね。

最終追い切りも順調で、栗東の坂路をしまい重視で4ハロン57.2-12.5というタイム。
東京の坂でも、前走のような切れる脚を見せてくれそうね!


今年のNHKマイルカップ、確かにグランアレグリアが有力だけど…
この穴馬のおかげで、10万、100万馬券が期待できるレースになるわ!


注目穴馬

ワイドファラオ(牡3
【前走:ニュージーランドトロフィー(G2)4番人気1着】

月曜日にも注目穴馬として紹介していたワイドファラオ

前走のように逃げてもよし、2走前の未勝利戦のように番手につけてもよしの器用な馬だから、今年のように展開の読みにくいレースでは頼りになるわ。

彼は本走で恐らく唯一の500kgオーバー、さらに複勝回収率の高い6に入ってくれたとあって、買わない理由がなくなったわね。

最終追い切りは、栗東の坂路を馬なり4ハロン55.8-13.1という時計。
1週前までにビッシリ追っていたから、水曜日は軽くまとめたって感じね。

ここを勝って、世間をアッと驚かせてほしいわ!




エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る