今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

フェブラリーステークス2021のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 フェブラリーステークス 事前予想

今週はダート界の王者を決する、フェブラリーステークスを予想するわよ!

ダートレースの最高峰だけあって、例年堅く決着しがちなこの戦い。

ただその分、過去には95万馬券が飛び出すなど、荒れる時は大きく荒れる傾向にあるから油断は禁物よ。

さらに今年は、クリソベリルやチュウワウィザードといった主役になり得る馬たちが不在。
いつも以上の混戦・高配当に期待できそうよ。

今回も綿密なデータ検証から、最先着もあり得る伏兵馬を見つけ出しておいたわ。

ページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、特別登録馬から確認していくわよ。

2021年 フェブラリーステークス 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アルクトス 57.0 栗田徹 美浦
インティ 57.0 野中賢二 栗東
エアアルマス 57.0 池添学 栗東
エアスピネル 57.0 笹田和秀 栗東
オーヴェルニュ 57.0 西村真幸 栗東
カフェファラオ 57.0 堀宣行 美浦
サクセスエナジー 57.0 北出成人 栗東
サザンヴィグラス 57.0 根本康広 美浦
サンライズノヴァ 57.0 音無秀孝 栗東
スマートダンディー 57.0 石橋守 栗東
ソリストサンダー 57.0 高柳大輔 栗東
タイサイ 57.0 田所秀孝 栗東
タガノビューティー 57.0 西園正都 栗東
デュードヴァン 57.0 加藤征弘 美浦
ハイランドピーク 57.0 土田稔 美浦
ミューチャリー 57.0 矢野義幸 地方
レッドルゼル 57.0 安田隆行 栗東
ロードグラディオ 57.0 西浦勝一 栗東
ワークアンドラブ 57.0 荒山勝徳 地方
ワイドファラオ 57.0 角居勝彦 栗東
ワンダーリーデル 57.0 安田翔伍 栗東
ヤマニンアンプリメ 55.0 長谷川浩 栗東
ヘリオス セン 57.0 寺島良 栗東

それじゃあ今週も、過去10年分のデータを基にフェブラリーステークスの予想を組み立てていくわね。

まずは、前走レース別成績を見てちょうだい!

2021年 フェブラリーステークス 前走レース別成績

前走レース名 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
根岸S
G3
4 2 2 49 7.0% 10.5% 14.0%
東海S
G2
3 1 1 13 16.7% 22.2% 27.8%
チャンピオンズC
G1
2 2 2 9 13.3% 26.7% 40.0%
川崎記念
Jpn1
0 3 1 12 0% 18.8% 25.0%
東京大賞典
Jpn1
0 2 3 12 0% 11.8% 29.4%
武蔵野S
G3
0 0 1 27 0% 0% 3.6%

※今回登録されている馬の前走レースだけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

基本的には、レースの格が上がるにつれて馬券になる確率は高まる、というデータなんだけど…。

勝率で見ると、前走に東海ステークスを使った馬が好調ね。

この条件からは過去に3頭の勝ち馬が出ているんだけど、実は3頭ともその東海ステークスで最先着を果たしている、という共通点があるの。

今回はオーヴェルニュが同じ条件で参戦してくるから、有力な勝ち馬候補として覚えておきたいわね。

他には、好走率こそ目立っていないけど、単純に馬券になった頭数がもっとも多い根岸ステークス組も注目したいところ。

ここからはのべ8頭が馬券になっているんだけど、詳しく調べてみたら8頭すべてが前走の根岸Sでも3着以内だった、という傾向が見られたわ。

該当するレッドルゼルワンダーリーデルの2頭は、好走が期待できそうね。

次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。

2021年 フェブラリーステークス 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 7 4 3 23 18.9% 29.7% 37.8%
2着 0 3 3 18 0% 12.5% 25.0%
3着 1 1 1 16 5.3% 10.5% 15.8%
4着 0 0 0 10 0% 0% 0%
5着 0 1 1 16 0% 5.6% 11.1%
6~9着 1 1 1 25 3.6% 7.1% 10.7%
10着以下 1 0 1 19 4.8% 4.8% 9.5%

前走1着馬が強いわね。

ここ10年で7頭の勝ち馬が出ているし、複勝率も高いところ見ると該当馬は十分軸に据えられる存在、と言えそうだわ。

今回は除外対象を含めた計4頭が、前走で最先着しているわよ。

さて、基本的には前走で馬券内に入った馬が活躍しているフェブラリーSなんだけど…。
穴党としては、10着以下だった馬たちについても目を向けるわよ。

前走10着以下から馬券になった馬はここ10年で2頭いるんだけど、調べてみたらどちらも前走にチャンピオンズカップを使っていて、かつ当日は3番人気以内だった、という共通点が見つかったわ。

言い換えれば、G1戦を走れるほどの分かりやすい実績がある馬なら、前走で大敗しても巻き返せるってことだから、サンライズノヴァエアアルマスあたりは挽回する走りを見せても不思議じゃないわね。

次は、レース当日の人気別成績を見てもらおうかしら。

2021年 フェブラリーステークス レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4 2 2 2 40.0% 60.0% 80.0%
2番人気 2 2 1 5 20.0% 40.0% 50.0%
3番人気 1 1 2 6 10.0% 20.0% 40.0%
4番人気 1 1 1 7 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0 2 0 8 0% 20.0% 20.0%
6~9番人気 1 1 4 34 2.5% 5.0% 15.0%
10番人気以下 1 1 0 66 1.5% 2.9% 2.9%

1番人気が圧倒的な好成績を残しているわね。

勝率も信頼できる範囲だし、なにより複勝率は80%もあるから、馬券に含めるには問題なさそう。
大本命不在の今回は、チャンピオンズカップ組と前走1着馬の計5頭が人気を分け合っている格好よ。

そうそう、このレースは2番人気もよく走る傾向にあるから、調教の結果などで人気が抜けるような子たちがいれば、遠慮なく買っていきましょう。

さて、穴馬を探す上では、10番人気以降だった馬たちを忘れるわけにはいかないわ。

ここからは、過去に2頭が馬券になっているんだけど…。
詳しく調べてみたら、どちらも当時は16番人気で、2頭ともその年のレースにおける最下位人気だったことが分かったわ。

16番人気からは2014年に単勝オッズ272倍のコパノリッキーが勝ち馬になった例もあるし、たとえ支持されていない超大穴クラスでも、買えるデータがあれば気にせず狙っていきたいわね。

最後は、年齢別成績を見てもらうわよ。

2021年 フェブラリーステークス 年齢別成績

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 3 1 1 22 11.1% 14.8% 18.5%
5歳 4 3 4 23 11.8% 20.6% 32.4%
6歳 3 2 3 30 7.9% 13.2% 21.1%
7歳 0 3 1 32 0% 8.3% 11.1%
8歳 0 1 1 17 0% 5.3% 10.5%

勝ち馬になり得るのは6歳まで、というデータね。

なかでも注目したいのが、4歳馬
勝率こそ5歳馬の方が高いものの、単勝と複勝の回収率はともに100%オーバーと、他を大きく上回っているのよね。

また4歳馬は今回3頭しか登録されていないから、相対的に彼らの優位が大きくなるわよ。

逆に、ここ10年勝ちから見放されている7歳以上の馬たちなんだけど…。
計6頭が馬券になっている通り、まったく振るわない、というわけではないのよね。

昨年は7歳馬で単勝オッズ142倍のケイティブレイブが連対しているし、好データが出ているにも関わらず年齢が嫌われて人気が下がっているような馬がいれば、積極的に買ってよさそうよ。

そんなところで、現段階における注目馬を発表するわね!

2021年 フェブラリーステークス 注目馬①

オーヴェルニュ(牡5)
【前走:東海ステークス(G2)2番人気1着】

前走の東海Sでは、重賞初挑戦ながら見事最先着を果たしたオーヴェルニュ

一昨年のフェブラリーSを制したインティをはじめ、強力なライバルたちに約2馬身の差をつけて快勝するなど、いよいよ本格化の兆しが見えてきた、って感じね。

そんなオーヴェルニュは、検証においても目立っていた1頭。
東海Sの勝ち馬がよく走るのは伝えた通りだし、他のデータも好調そのものだったから、今回も1着入線に期待大よ。

また本走においては、G1馬たちに隠れてそれなりの人気に落ち着きそうなのもありがたい限り。
配当面でもうまみたっぷりの1頭として、覚えておいてちょうだい!

2021年 フェブラリーステークス 注目馬②

サンライズノヴァ(牡7)
【前走:チャンピオンズカップ(G1)6番人気12着】

前走G1組からは、サンライズノヴァに注目よ。

前走のチャンピオンズカップでは12着に沈み、結果を残せなかった彼だけど…。

伝えてきたように、本走は彼のように過去実績を残してきた馬なら十分巻き返しに期待できる舞台。

さらに彼は、東京のダート1600mにおいて11戦中7戦で馬券内を確保している府中巧者で、昨年のフェブラリーSでも3着に入っているの。

データに加え、コースとの相性面でも十分上位が狙える存在、と言えるわよ。

配当も1桁台後半程度は見込めるし、狙い目ね!

大本命不在で混戦模様の、フェブラリーステークス。
高配当の鍵を握るのは、人気馬に隠れたアノ実績馬よ!

2021年 フェブラリーステークス 注目穴馬

エアスピネル(牡8)
【前走:チャンピオンズカップ(G1)12番人気7着】

現段階において注目したい穴馬候補が、エアスピネルよ!

本走がダート転向後5戦目となる彼。
転向初戦のプロキオンSで連対を果たしているのに加え、本走と同じ舞台で行われた前々走の武蔵野Sでも3着に入賞するなど、芝時代から変わらない走りができているのが好印象ね。

さらにフェブラリーSではこれまで2頭の8歳馬が馬券になっているんだけど、彼らも芝でのデビュー後にダートへ転向していた、という共通点があるの。
本走最高齢となる8歳馬のエアスピネルだけど、過去に馬券を賑わせてきた高齢馬たちと条件が似ているのは頼もしいデータよ。

そんなエアスピネルなんだけど、このレースにおいては見逃せない良血馬でもあるの。

彼と同じキングカメハメハを父に持つ馬たちは、過去10年で【0-1-2-8】と複勝率が高め

今回キンカメ産駒はエアスピネル1頭だけだし、その点でも番狂わせに期待大、って感じね。

100万馬券再来の鍵を握る彼、体調面も含め1週間追っていくわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次