今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

有馬記念2019の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 有馬記念 最終予想

有馬記念の開催が迫ってきたわね!

ここ数年で最強、といえる絶好のメンバーが集まりつつ、その中でもさらに実力の抜けたアーモンドアイに注目が集まっている今回。

事前予想の段階でも、好走は間違いなさそうな感じだったけど…
今回は相手も充実しているだけに、彼女をどの程度信頼していいか、みんな迷っているんじゃないかしら?

そこで今回、アーモンドアイをはじめとした各メンバーのデータを徹底的に調べ上げて、彼女のほかに注目すべき馬と、具体的な買い目を確定させておいたわ。

それぞれページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2019年 有馬記念 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 スカーレットカラー 牝4 55.0 岩田康誠 高橋亮 栗東
2 スワーヴリチャード 牡5 57.0 マーフィ 庄野靖志 栗東
2 3 エタリオウ 牡4 57.0 横山典弘 友道康夫 栗東
4 スティッフェリオ 牡5 57.0 丸山元気 音無秀孝 栗東
3 5 フィエールマン 牡4 57.0 池添謙一 手塚貴久 美浦
6 リスグラシュー 牝5 55.0 レーン 矢作芳人 栗東
4 7 ワールドプレミア 牡3 55.0 武豊 友道康夫 栗東
8 レイデオロ 牡5 57.0 三浦皇成 藤沢和雄 美浦
5 9 アーモンドアイ 牝4 55.0 ルメール 国枝栄 美浦
10 サートゥルナーリア 牡3 55.0 スミヨン 角居勝彦 栗東
6 11 キセキ 牡5 57.0 ムーア 角居勝彦 栗東
12 クロコスミア 牝6 55.0 藤岡佑介 西浦勝一 栗東
7 13 アルアイン 牡5 57.0 松山弘平 池江泰寿 栗東
14 ヴェロックス 牡3 55.0 川田将雅 中内田充 栗東
8 15 アエロリット 牝5 55.0 津村明秀 菊沢隆徳 美浦
16 シュヴァルグラン 牡7 57.0 福永祐一 友道康夫

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走レース別成績
菊花賞組の好走率が高い
JC組はそれなりの好走率だが穴はここから

■前走着順別成績
掲示板内なら勝ち馬でなくても買える
2桁着順の馬は当日人気で選ぶ

■レース当日人気別成績
1番人気は複勝率90%で、単勝3倍未満なら100%
2桁人気馬は、4週前までの前走で掲示板確保が条件

■騎手別成績
鞍上続投組の勝率が高い
複勝率は大きな差がない

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年分のデータ使って有馬記念の予想を詰めていくわ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2019年 有馬記念 枠順別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
2 2 1 14 10.5 21.1% 26.3%
1 2 0 16 5.3% 15.8% 15.8%
1 2 1 14 5.6% 16.7% 22.2%
2 2 0 16 10.0% 20.0% 20.0%
1 1 3 15 5.0% 10.0 25.0%
2 1 2 15 10.0% 15.0% 25.0%
1 0 2 17 5.0% 5.0% 15.0%
0 0 1 19 0.0% 0.0% 5.0%

有馬は内枠有利、なんて言われることが多いけど、実際は外過ぎなければどこも十分戦えるみたいね。

対照的に8枠は1頭しか馬券になっていないし、今年ここに入ったアエロリットシュヴァルグランも、他のデータの影響で買いにくい感じ。

7枠は一見それなりに戦えてるように見えるけど、実はここに入った馬の平均人気は全体で2番目に高い、というデータがあるの。
その割には、あまり好走できてないといえるわよね。

総合的に考えて、今年はだいたい6枠くらいまでの馬について考えたいわ。

人気馬の枠順についてチェックしておくと、アーモンドアイサートゥルナーリア複勝率が高めの5リスグラシューも十分戦えそうな3よ。

次は、脚質別成績を見てもらおうかしら。

2019年 有馬記念 脚質別成績

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 0 1 9 9.1% 9.1% 18.2%
先行 5 3 2 28 13.2% 21.1% 26.3%
差し 3 6 4 46 5.1% 15.3% 22.0%
追込 0 0 2 42 0% 0.0% 4.5%
マクリ 1 1 1 1 25.0% 50.0% 75.0%

基本的には、前目の馬が有利なようね。

またマクリを仕掛けた馬がやや多くて、かなり結果に繋がっているのも気になるところ。

ここは4角でより前にいられる馬が有利」という風に、ざっくり考えるのがよさそうね。

このレースでは、上がり3Fのタイムが6位以降だった馬でさえ3勝している、というデータもあるし…
有馬記念くらいの競走ともなると、多少無理してでもシビアな位置取り争いから抜けておかないと勝ちにくい、ということかしら。

レイデオロのようなタイプの馬は、少し買いにくくなるわ。

さあ、ここで今週の予想印を紹介するわね。

今週は、◎→◯▲☆の馬単3点で勝負よ!

2019年 有馬記念 注目馬①

アーモンドアイ(牝4
【前走:天皇賞(秋)(G1)1番人気1着】

月曜日にも真っ先に紹介していたアーモンドアイ

世間的には、もうすこし内目の枠に入ってくれた方がよかった、と考える人も多いようだけど…
すでに話したとおり、データ上は外過ぎなければどこも大きな差はないのよね。

サートゥルナーリアの後ろにつける形でレースができれば大きな不利も受けにくいだろうし、枠順についてはむしろ有利に働くと考えてよさそうだわ。

また彼女は、調教についてもかなり順調な様子。
最終追い切りは時計が取れなかったものの走りっぷりは十分で、事実1週前の追い切りは美浦のウッドで5ハロン65.6-11.8というタイムを出していたわ。

香港を回避する原因となった熱発については、大した影響がなかったようね。

総合的に考えて、今の彼女は十分に1頭軸を任せられる状態。
今年は点数を絞って、堅実に当てにいくのが得策よ!

2019年 有馬記念 注目馬②

サートゥルナーリア(牡3
【前走:天皇賞(秋)(G1)2番人気6着】

本走における有力な先行馬として、こちらも無視するわけにいかないサートゥルナーリア

ここまで調べたデータにはよく当てはまっているし、彼が中山で好成績を収めているのは有名な話よね。

普通なら1着の買い目もあっていいところなんだけど…
今回連軸にしていないのには、いくつか理由があるわ。

一つはやはり前走の成績
ただ府中が苦手なだけならいいんだけど、もし大レースにおけるスタンドの雰囲気コース上の駆け引きを苦手にしているとしたら、ちょっと有馬では不安よね。

そしてもう一つは、アーモンドアイとの実力差ね。
上で挙げたような問題があっても普通のレースなら十分本命クラスなんだけど、ここは相手が悪かったって感じ。

十分走れるのは間違いないだろうけど、今回は女王に軍配があがりそうだわ!

2019年 有馬記念 注目馬③

ワールドプレミア(牡3
【前走:菊花賞(G1)3番人気1着】

もう1頭注目しておきたい3歳馬がこのワールドプレミア

月曜日にも紹介したとおり、大舞台に強いジョッキーが続投してくれる前走菊花賞組、というのはかなり頼りになるわ。

最終追い切りは、坂路を4ハロン54.5-12.8と、一見あまり目立たない時計だけど…
水曜日の栗東は雨で馬場が重かったし、それを考えれば上々ね。

なによりワールドプレミアは、体力よりも気性面に伸びしろのあった馬だから、しっかり我慢したまま走れたのは高く評価できるわ。

彼は枠番もまあまあ悪くないところに入ったし、上位人気の馬たちと比べればいくらかいいオッズが付きそうなのもありがたいところ。

ここでいい結果を残せば、来年以降の競馬にも期待できるわ!

小さく買って堅実に当てたい今年の有馬記念だけど…
どんなに馬券を絞っても、彼だけは押さえておいてちょうだい!

2019年 有馬記念 注目穴馬

スワーヴリチャード(牡5
【前走:ジャパンカップ(G1)3番人気1着】

月曜から引き続きの紹介だけど、ジャパンカップ勝ち馬を「穴」として紹介するのはやはりどうも慣れないわね。

とはいえ、彼はここまで紹介した馬たちと比べれば人気は1段落ちるし、不安視されるだけの材料があるのも事実。

ジャパンカップの疲労については、問題なさそうなことを月曜日に確認したけれど…
もう一点、彼の中山での成績があまり芳しくない、という話も無視するわけにはいかないわね。

ここまで3走して0-0-0-3というのは、たしかに一見するとかなり買いにくいわ。

でも、3走のうち2レースでは4着につけていて、とくに2017年の有馬記念は2着とタイム差なし

結果に恵まれていないだけで、十分以上に走れているのよ。

彼は調教も順調だし枠もいいところで、このレースで2につける可能性は十分。
配当についても、悪くないものになりそうね!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次