G3レース全部徹底解剖 過去の提供情報

富士ステークス予想 2016

土曜日の東京競馬場では、マイルチャンピオンシップの前哨戦であるマイル重賞の富士ステークス(G3)が行われるわよ。
 
実績馬がそのまま力を発揮して勝ったり、重賞未勝利馬が初重賞制覇を飾ったり、人気薄が突っ込んできて大荒れになったりと、一筋縄では行かずかなり難しいレースなのよね。
 
まず、今年の登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
イスラボニータ58.0栗田博憲美浦
ガリバルディ57.0藤原英昭栗東
ストーミーシー54.0斎藤誠美浦
ダノンプラチナ57.0国枝栄美浦
ダンツプリウス56.0山内研二栗東
テイエムイナズマ56.0福島信晴栗東
フルーキー57.0角居勝彦栗東
ブラックスピネル54.0音無秀孝栗東
ブラックムーン56.0西浦勝一栗東
マイネルアウラート56.0高橋裕美浦
ミュゼエイリアン56.0黒岩陽一美浦
ヤングマンパワー57.0手塚貴久美浦
ロードクエスト55.0小島茂之美浦

現段階では13頭の登録があって、全馬出走出来る状態になっているわ。

皐月賞馬イスラボニータ、朝日杯FSを勝ったダノンプラチナ、NHKマイルカップ2着のロードクエストなど面白いメンバーが揃ったわね。

まず先にこの表を見てもらうわ。

配当

これは、富士ステークス過去5年間で3着以内に入った馬の人気と、3連単の配当を示した表になるんだけど、この表を見てもわかる通り荒れるのよ!
 
2012年から2014年までは2桁人気が馬券に絡んだりと、穴党にはよだれの止まらないレースなのよね。

今年は、上位人気と下位人気の差がはっきりしそうで、人気が割れるということはなさそうな気がするのよ。

と言うことは、この下位人気の馬をしっかりと見極められれば高配当がゲット出来るわね。

それじゃ、ここからはいつも通りデータを使って富士ステークスを分析するわよ。


まずは、前走クラス別成績
前走クラス別成績
前走クラス

前走クラス別成績を見ると勝ち馬や連対馬ではG3組が好走するようね。

特に相性が良いのは、京成杯オータムハンデで【2-4-0-20】と連対馬23.1%

 
意外なのは、関屋記念【0-0-0-11】、中京記念【0-0-0-3】と夏に行われるマイル重賞からでは3着以内に1頭も入って良いなくて相性的には最悪と言えるわね。
 
G1では、安田記念が最も良くて【1-1-0-9】となっているわ。

オープン特別では、秋の阪神開催の最後に行われるポートアイランドステークス【2-0-2-25】と言う数字が残っているわ。
 
一方で、1600万から出走してきた組は苦戦傾向にあると言っていいわ。

ただ、1600万で人気になって勝ちきっていれば多少信頼度は上がって3着争いには加われる感じね。

【前走G1】
・イスラボニータ
・ダンツプリウス
・ミュゼエイリアン
 
【前走G2】
該当馬なし
 
【前走G3】
・ガリバルディ
・ダノンプラチナ
・フルーキー
・ヤングマンパワー
・ロードクエスト
 
【前走オープン】
・テイエムイナズマ
・ブラックスピネル
・マイネルアウラート
 
【前走1600万下】
・ストーミーシー
・ブラックムーン


次は、前走着順別成績
前走着順別成績
前走着順

前走の着順を見てみると・・・どの着順からも満遍なく馬券に絡んでいるのがわかるわね。

これが荒れる要因なのかもしれないわ!

上位組は信頼しづらい、大敗組は軽視しづらい…

これだと、どう絞っていいかわからなくなるわ!!!!
 
穴党として目をつけるなら前走掲示板を外した馬たちよね。

6着以下の成績をまとめると【3-5-5-75】と2着・3着では半分の馬が前走掲示板外から巻き返しているから、この辺りの着順を注目して予想していくのも良いわね。
 
ただ、今年は出走頭数が少ないから、6着以下の馬が2頭なのよね…

【前走1〜5着】
・イスラボニータ(5着)
・ガリバルディ(1着)
・ダノンプラチナ(3着)
・ダンツプリウス(4着)
・フルーキー(2着)
・ブラックスピネル(4着)
・ブラックムーン(1着)
・マイネルアウラート(2着)
・ヤングマンパワー(1着)
・ロードクエスト(1着)
 
【前走6着以下】
・ストーミーシー(13着)
・ミュゼエイリアン(8着)


次は、前走人気別成績
前走人気別成績
前走人気

これも、上の前走着順別成績同様に満遍なく馬券に絡んでいるわ。

この表でも注目したいのは、前走6番人気以下の伏兵、もしくは穴馬扱いだった馬たちが、このレースで何食わぬ顔で3着以内に突っ込んで来て高配当を演出するのよね。

【前走1〜5番人気】
・イスラボニータ(4番人気)
・ダノンプラチナ(2番人気)
・テイエムイナズマ(4番人気)
・フルーキー(3番人気)
・ブラックスピネル(1番人気)
・ブラックムーン(1番人気)
・ヤングマンパワー(3番人気)
・ロードクエスト(1番人気)
 
【前走6番人気以下】
・ガリバルディ(7番人気)
・ストーミーシー(6番人気)
・ダンツプリウス(7番人気)
・マイネルアウラート(11番人気)
・ミュゼエイリアン(11番人気)

それじゃ、データを全てまとめるわよ。

【前走クラス別成績】
重賞組が好成績を収めている
 
【前走着順別成績】
前走6着以下の馬の巻き返しが見られる
 
【前走人気別成績】
前走人気のない馬の巻き返しが見受けられる


それじゃ、私のオススメ馬を発表するわ。

注目馬1
ロードクエスト
【前走:京成杯オータムハンデ(G3)1着(1番人気)】
 
去年の新潟2歳ステークスを驚異の末脚で制しクラシック候補に上がるも、それ以降勝ち星の見放されてしまう。

前走の京成杯オータムハンデでは、その鬱憤を晴らすかのように中団待機からまくって、上がり最速で差し切り勝ち。

クラシックを戦ってきてメンバー的には負けられない前走だったけど、しっかりと勝ち切れて良かったわ。
 
モーリスが抜けて手薄なマイル路線で3歳代表として引っ張って行って欲しいわ。


注目馬2

ヤングマンパワー

【前走:関屋記念(G3)1着(3番人気)】
 
今年に入って成績が【2-2-0-1】とすごく安定してきたわよね。

3歳時にアーリントンカップを制してからスランプだったけど、ここに来てスランプも脱したし前や中団と幅広い位置でレースが出来るようになったのも、スランプを抜け出した要因と言えるわね。
 
これまでよりは、メンバーは強くなるから他馬との力関係は難しいけど今の勢いなら十分戦えるわ。


注目馬3

イスラボニータ

【前走:安田記念(G1)5着(4番人気)】
 
今年に入って、9着→5着→5着と一時期の勢いはなくなってきているよね。

さすがに、競走馬としてのピークは過ぎたと言わざるを得ないしG1戦線で今後活躍してくのは厳しそうね。
 
とはいえ、今回はG3だしメンバー的に今までよりは比べ物にならないほど劣るから復活も十分に期待したいわ。

今後、G1で上位争いに顔を出すためにもここは勝ちたいわね。


注目馬4
ガリバルディ
【前走:中京記念(G3)1着(7番人気)】
 
これまで16戦して1度も掲示板を外していない超堅実な馬なの。

兄マルカシェンクや姉ザレマを見ても、距離的にはマイル前後が良さそうね。

前走の中京記念で重賞初制覇を飾って、やっと良血馬の才能が開花したと言っていいわね。

ただ、前走は鞍上が上手く乗ってはまった感じもあるから、ここで通用するかは分からないけど、今後G1でやっていくためにはここで上位争いはしたいところね。


混戦の富士ステークス
力的には十分な素質を持っているんだけど、地味だから馬券に絡める人が少ないだろうあの馬!!



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


2016年的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

富士ステークス

【質問】東京のマイルで争われる富士Sですが、まだ重賞となってから15年しか経っていないんですね。
実は、競馬のオールドファンなら知っていると思うけど、
重賞になる以前はジャパンCに出走する外国馬や地方馬にも開放された
数少ないオープン特別の国際招待レースだったんだ。
その頃の勝ち馬には、フロストキングやトリプティクといった外国馬の名前もちらほら見られるよ。
国際化が進んだ今では考えられないだろうけどね。
【質問】そんな歴史があったんですか?
今は秋のマイル王決定戦であるマイルCSの重要なステップレースという位置づけだね。
2010年の勝ち馬であるダノンヨーヨーはマイルCSで2着、
翌年のエイシンアポロンは本番も勝っていて、よりマイルCSと結びつきが強くなっているんだ。
【質問】東京のマイル戦は向正面からのスタートで、G1競走もたくさん行なわれているだけあって紛れが少ないコースですよね。
そうだね。
あまり枠順に左右されることはないかな。
ただ、この10年で逃げ馬が馬券になったのは皆無。
スピードとスタミナが要求されるレースであることは間違いないだろうね。
【質問】となると、どういった血統が向くんでしょうか?
昨年は3着までをサンデーサイレンス系が独占したように、
父系か母系にサンデーサイレンスが入っていることが一つのポイントだね。
あと、ミスタープロスペクター系でスピードを注入して、
サドラーズウェルズ系やニジンスキー系でスタミナを補充していれば鬼に金棒。
スピードとスタミナのバランスが大事ということだね。
【質問】広い東京だけに、差し馬が強いレースですか?
そうは言っても、4コーナーで10番手以内の位置にいることが理想だろうね。
ただ、後方一気の追い込み馬も馬券に絡んできているんだ。
2009年は人気薄だったマルカシェンクとマイケルバローズが後方から2、3着に入っているし。
【質問】ということは、穴党にとってはウハウハの荒れるレースと考えていいんでしょうか?
この10年間で1番人気が勝ったのは2004年のアドマイヤマックスと2011年のエイシンアポロンだけ。
あとは3着に2頭が食い込んだのみだから、まず一筋縄ではいかないレースだね。
しかも、2006年には16番人気のキネティクスが勝っているのをはじめ、
二桁人気が7回も馬券になっているんだ。
【質問】1番人気よりも成績がいいですね(笑)。
さっきのキネティクスは前走が3着と言ってもダートのシリウスS。
2010年に14番人気で2着となったライブコンサートは、安田記念で15着に惨敗しての休み明けだからね。
誰が買っているんだよって感じにもなるよ。
【質問】そんな投げやりにならないでください。でも、前走を見てみると、京成杯AHかポートアイランドS組が好走しているじゃないですか?
うん。
この二つのレースで好走していたり人気になっていた馬は信頼していいと思うよ。
ただ、京成杯AHは中山のマイル戦。
東京と違って枠順によって有利不利がはっきりするからね。
内枠で先行して好走した馬が、東京のマイル戦で通用するかというと、それは厳しいだろうね。
【質問】昨年は3歳馬のクラレントとファイナルフォームがワンツーフィニッシュを飾りましたね。
この3年間は毎年、3歳馬が馬券に絡んでいるんだ。
でも、4歳と5歳が充実の秋を迎えて好走するパターンが目立つレースでもあるよ。
あと、牝馬は出走数がかなり少ないとはいえ、2011年にアプリコットフィズが2着に入った以外は、
すべて4着以下に敗れているんだ。
牡馬とセン馬に絞って予想してもいいと思うよ。
それと、面白いデータを一つ。
500キロ以上の大型馬が好走しているんだ。
迷ったら、馬体重に目を向けるとか……。
【質問】やっぱり、投げやりだ。
分かったよ。
最後にしっかりとしたデータを提供するね。
田中勝春騎手は10年間で9回騎乗して2勝2着2回。
連対率と複勝率は44.4%のハイアベレージなんだ。
しかも、平均人気が9.2番人気だから、買ってみる価値はあるよね。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る