ラジオNIKKEI賞

福島11RラジオNIKKEI賞(GⅢ・芝1800m)
◎9 ヒシイグアス
○10 レッドアネモス
☆3 ダディーズマインド
△6 ブレイブメジャー
レースの見どころ

ラジオNIKKEI賞の最終予想をしていくわよ!
 
16頭だてで確定した、今年のラジオNIKKEI賞。

武豊が1年ぶりに福島競馬場に戻ってくることになったし、どんな展開になるのか楽しみよね。
 
月曜日に分析したデータに斤量と馬体重の情報を加味したところ、世間からあまり注目されていない有力馬を炙り出せたわよ
 
ハンディキャップ戦は荒れやすい傾向だから、アドレナリンの穴馬情報でガッツリ稼ぐわよ!

いつもの通り、予想印はページの最後に書いているから見逃さないように

武豊が騎乗するゴータイミングをどう扱うか?という点にも触れているから、参考にしてちょうだい。
 
まずは予想に入る前に確定した枠順を見ていくわよ。
 
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ギルマ牡353.0三浦皇成高橋義忠栗東
12マイネルサーパス牡354.0柴田大知高木登美浦
23ダディーズマインド牡354.0宮崎北斗青木孝文美浦
24ポルーニン牡353.0武藤雅戸田博文美浦
35ディキシーナイト牡356.0石橋脩国枝栄美浦
36ブレイブメジャー牡354.0戸崎圭太萩原清美浦
47インテンスライト牡354.0菊沢一樹菊沢隆徳美浦
48サヴォワールエメ牝351.0内田博幸友道康夫栗東
59ヒシイグアス牡354.0M.デム堀宣行美浦
510レッドアネモス牝354.0北村友一友道康夫栗東
611ヒルノダカール牡353.0丸山元気北出成人栗東
612ウインゼノビア牝353.0津村明秀青木孝文美浦
713ゴータイミング牡353.0武豊松永幹夫栗東
714ブレイキングドーン牡355.0田辺裕信中竹和也栗東
815ランスオブプラーナ牡357.0松山弘平本田優栗東
816アドマイヤスコール牡354.0横山典弘加藤征弘美浦


枠順を確認したら次は月曜日のおさらい。
 
【前走距離別成績】
もっとも好走しているのは、1700m~2000mを走ってきた馬
とくに1800m~2000mを経験した馬が馬券に絡んでいる
 
【脚質別成績】
先行と差し馬の勝率はほとんど同じ
ただし、先行の方が複勝率が高い
追い込み馬には難しいコースのため、勝馬が1頭のみ
 
【レース当日人気別成績】
2番人気以上が馬券に絡んでいる確率が高い
ただし、5番人気以下もしっかりと馬券には絡んでいるから波乱の可能性は高い
 
それじゃあ、月曜日のデータに「斤量別成績」「体重別成績」のデータを追加して、最終予想をお伝えするわね!




斤量別成績データ

こちらは斤量別の成績をまとめた表よ。
 
ご覧の通り、過去の勝ち馬はほとんどが54㎏を背負っているという結果になったわ。
  
また斤量55㎏では複勝率が高いから、この辺りの馬が馬券に絡んでくる可能性が高いわね。
 
逆に53㎏を背負った馬は過去10年間で一度も勝っていないのよね…。

武豊が騎乗するゴータイミングにとっては、不利な状況。
 
56㎏以上になると馬券に絡む数が減ってきているから、実力があってもこの斤量であればちょっと注意しておいた方が良いわ。
 
とくに57㎏を背負っている馬は、2008年以降未勝利だからあまり期待しないでちょうだい。

次は馬体重別成績データを確認していくわよ。


馬体重

馬体重

過去10年分の体重別成績を見ると、480~499㎏の範囲に収まっている馬が勝つ傾向にあるわね。
 
また勝率だけで言うと520㎏以上も、好走する確率が高いわ。
 
ラジオNIKKEI賞が行われる福島芝1800mは直線が短く、コーナーが小回りになっているから、細やかな動きや機動力が必要になってくるはずなんだけど…。
 
一般的に小型馬が機動力を発揮しやすいと言われているから、相反するデータね。
 
これは中距離ということもあり、スタミナも重要になっているという証拠。

だから ある程度馬格があって、ベスト体重が480㎏以上であれば買い ってことよ。
 
武豊の騎乗するゴータイミングの扱いだけど、ベスト体重は440㎏と勝率も低いから今回は見送ったほうがよさそうね
 
それじゃあ、ここまでのデータからラジオNIKKEI賞の予想印を発表するわね!
 
◎本命
ヒシイグアス


レッドアネモス


ブレイブメジャー


ダディーズマインド


本命
ヒシイグアス(牡3)(斤量54)
【前走:フジテレビ賞スプリングステークス(G2)3番人気5着】
 
軸になるのが前走出G2を経験している、ヒシイグアスよ。

世間からもかなり注目されている彼だけど、今回紹介したデータにもしっかりと当てはまっているのよね。
 
斤量は54㎏だし、ベスト体重も軽すぎずにいい感じなのよ。

当日もこの体重を維持できていたら、勝ち馬となる確率はぐんと上がってくるわ!
 
最終追い切りの結果は美浦のコースで、4ハロン53.5-39.5-25.5-12.4秒というタイムを楽々と出していたわ

休み明けということもありちょっと気になってはいたけど、そんな心配も必要なかったわね。
 
体も太くなり過ぎずにきているから、この状態なら安心して軸馬を任せられるわよ。
 

対抗
レッドアネモス(牝3)(斤量54)

【前走:白百合ステークス (L)5番人気1着】
 
ヒシイグアスの対抗馬になりそうなのが、レッドアネモス。
 
彼女は前走の白百合ステークス (L)では世間の期待をいい意味で裏切り、勝ち馬となっていたわね。

最終追い切りでは3頭併せで走り、余裕の表情を浮かべ6ハロン81.6-65.9-51.0-11.9、という平均よりも上のタイムだったわ
 
仕上がりも順調だし、ヒシイグアスといい勝負になりそう。

白百合ステークスに引き続き、ラジオNIKKEI賞でも女の意地を見せてほしいところね!
 
  
連下
ブレイブメジャー(牡3)(斤量54)
【前走:500万下 1番人気1着】
 
デビュー戦から本走で4レースとなる、ブレイブメジャー。

まだ経験は少ないものの、成績は(2-1-0-3)となかなかの結果を残しているから、好走するんじゃないかと注目しているのよね。
 
ベスト体重は480~499㎏の範囲内だし、斤量も54㎏と好走条件にも当てはまるわ。

ブレイブメジャーは世間の注目度でいうと5番人気以下になりそうだし、穴馬党の私たちにとっては好都合。
 
月曜日に伝えた通りラジオNIKKEI賞は5番人気以下もしっかり馬券に絡んでいるから、ブレイブメジャーに注意していてちょうだいね!

 
予想の難しいハンデ戦、NIKKEI賞…
実力の割に人気しない大荒れを巻き起こす馬はこの1頭よ!!

注目穴馬


 

ダディーズマインド(牡3)(斤量54)
【前走:皐月賞(G1)17番人気9着】
 
穴馬は月曜日にも注目していた、ダディーズマインドよ!!
 
ダディーズマインドは今回好走する条件のひとつ、54㎏の斤量を背負って出走するし、ベスト体重も480㎏ほどだったから、穴馬の根拠がさらに強くなったわ。
 
月曜日にも伝えた通り、前走の皐月賞ではサートゥルナーリアやダノンキングリー、アドマイヤマーズといった実力馬と戦ってきているし、有力な穴馬よ。
 
最終追い切りを見ると前走の皐月賞を走った時と同じように、いい状態のようだしかなり期待できるわ。
 
結果は美浦のポリトラックで、4ハロン53.9-38.8-12.1をマーク。

平均よりも少し低いように見えるけど、芯がありいい動きをしていたから、当日は逃げの脚質を活かして上手く先行する可能性は高いのよ。
 
今週のラジオNIKKEI賞では、ダディ―ズマインドに注目していないと損しちゃうから彼を予想から外さないようにしなさいよ!
 
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る