今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

アイビスサマーダッシュ2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

アイビスサマーダッシュの最終予想をするわよ!

夏のスプリント王を決めるにふさわしい、充実のメンバーが揃った今回のレース。

月曜日にも触れたように、例年上位陣が好走する傾向にあるんだけど…。
今年はこの舞台と相性のよさそうな伏兵が多いし、思わぬ番狂わせがあってもおかしくないわよ。

今回もさらにデータを追加して各馬を調べ上げたところ、世間では評価の低い1頭に上位陣にはない好材料が見つかったの。

6桁配当請け合いの注目穴馬として印を打っておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順を確認していくわよ!

目次

2021年アイビスサマーダッシュ 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担重量 騎手 調教師 所属
1 1 バカラクイーン 牝5 54.0 菅原明良 武井亮 美浦
2 モメチョッタ 牝5 54.0 城戸義政 石毛善彦 美浦
2 3 ヒロイックアゲン 牝7 54.0 荻野極 加藤和宏 美浦
4 ジュランビル 牝5 54.0 松若風馬 寺島良 栗東
3 5 リッチクレマチス 牝4 54.0 原優介 青木孝文 美浦
6 モントライゼ 牡3 53.0 川田将雅 松永幹夫 栗東
4 7 グレイトゲイナー 牡4 56.0 丸山元気 森秀行 栗東
8 タマモメイトウ 牡5 56.0 津村明秀 藤岡健一 栗東
5 9 トキメキ 牝4 54.0 田辺裕信 斎藤誠 美浦
10 アルミューテン 牝7 54.0 柴田大知 南田美知 美浦
6 11 ロードエース 牡6 56.0 松山弘平 松下武士 栗東
12 ライオンボス 牡6 57.0 鮫島克駿 和田正一 美浦
7 13 ビリーバー 牝6 54.0 杉原誠人 石毛善彦 美浦
14 オールアットワンス 牝3 51.0 石川裕紀 中舘英二 美浦
8 15 セピアノーツ 牝3 51.0 藤田菜七 青木孝文 美浦
16 ルドラクシャ 牝4 54.0 斎藤新 松山将樹 美浦
17 ロジクライ 牡8 57.0 藤岡康太 須貝尚介 栗東

 

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走着順別成績
前走1・2着馬が好調
前走10着以下から馬券になった馬は、いずれも5歳牝馬で、かつ乗り替わりがあった

■レース当日人気別成績
1番人気は馬券に含める
穴馬は中堅クラスから選ぶ

■年齢別成績表
4歳馬が有利
7歳馬はその年の韋駄天Sで掲示板内なら買える

■所属別成績
関西馬が優勢

それじゃあ今週も過去10年分のデータを駆使して、アイビスサマーダッシュの予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

2021年アイビスサマーダッシュ 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
0 0 0 17 0% 0% 0%
2 2 1 12 11.8% 23.5% 29.4%
0 0 0 17 0% 0% 0%
1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
1 1 1 17 5.0% 10.0% 15.0%
1 2 2 15 5.0% 15.0% 25.0%
1 2 5 16 4.2% 12.5% 33.3%
4 2 1 17 16.7% 25.0% 29.2%

ご存じ、外枠有利で有名なこのレースだけど…。
データで見ると、その差は歴然ね。

とくに大外8枠は直近10年で4頭が勝ち馬になっているし、単勝回収率は230%と図抜けた数値が出ているわ。

今年、そんな8枠を引いたのは、いずれも大穴クラスのセピアノーツルドラクシャの2頭。
(ロジクライは出走取消になっているわよ。)
要チェックね!

一方の人気どころだけど…。
本走で1番人気を争う2頭は、モントライゼが3枠でライオンボスが6枠。

モントライゼはちょっと嫌なところに入ったわよ。

次は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。

2021年アイビスサマーダッシュ 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 0 1 0 27 0% 3.6% 3.6%
460~479kg 3 4 4 32 7.0% 16.3% 25.6%
480~499kg 4 3 6 43 7.1% 12.5% 23.2%
500~519kg 1 1 0 22 4.2% 8.3% 8.3%
520kg以上 2 1 0 7 20.0% 30.0% 30.0%

もっとも好走傾向にあるのが、520kgを超える大柄な子たちね。

サンプルこそ少ないけど、好走率は高いし、単勝回収率も100%を超えていてコスパもいいわ。
前走時の馬体重を参考にすると、ライオンボスが唯一の該当馬よ。

逆に459kgを下回る馬は不調ね。

馬格の小さい子ほど難しい舞台と言えるから、人気しているけどオールアットワンスなんかは扱いに気をつけてちょうだい。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!

2021年アイビスサマーダッシュ ◎本命

タマモメイトウ(牡5)
【前走:韋駄天ステークス(OP特別)14番人気1着】

月曜日から変わらず、このレースの本命はタマモメイトウよ!

前回の検証では、メンバートップクラスの好データに該当していた彼。
今日も枠・馬体重が好走範囲内にあるとわかって、ますます買いやすくなった、って感じね。

そうそう、前走の韋駄天Sでは上がり最速で最先着しただけに、状態を維持できていればこの舞台での勝利もグッと近づきそうな彼だけど…。

栗東の坂路で行われた最終追い切りでは【53.8-38.5-24.6-12.3】の好時計を記録していたし、反応も上々。
調子もよさそうだから、この重賞の舞台でも韋駄天Sを差し切った強烈な末脚が見られそうよ。

アタマから買っても妙味が見込めるオッズに落ち着きそうだし、積極的に狙っていきたいわね!

2021年アイビスサマーダッシュ ○対抗

グレイトゲイナー(牡4)
【前走:テレビユー福島賞(3勝クラス)3番人気2着】

前走テレビユー福島賞を連対しての参戦となる、グレイトゲイナー

伝えてきたように、このアイビスサマーDは前走で連対以上だった馬が好調だし、彼と同じ4歳馬はかなりの好走率なのよね。

枠・馬体重も良好な範囲におさまったし、昇格戦とはいえこの舞台を勝ってしまってもおかしくないデータが揃っているわよ。
前走から引き続き、好調丸山元気Jが鞍上に決まったのも、ファンにとっては嬉しい限りね。

そんなグレイトゲイナーの最終追い切りは、栗東の坂路で【52.9-38.6-24.7-12.0】の時計を記録。
併せた寮馬にも先着するなど精力的に動けていたし、中2週の疲れもないようだから安心したわ。

これだけの好材料に恵まれながら、オッズは中堅クラスが濃厚。
コスパは抜群だし、今回はアタマから買っても面白そうよ!

2021年アイビスサマーダッシュ ▲単穴

モメチョッタ(牝5)
【前走:3歳以上1勝クラス 12番人気14着】

穴クラスからは、モメチョッタに注目!

名スプリンターだったタイキシャトルの娘とあって、血統的にはかなり期待できるわね。

ここ2年はダートが主戦の彼女だけど、芝転向2戦目となった5月の4歳以上1勝クラスでは、本走と同条件の新潟1000mで3着入線
上りはメンバー2位と、芝のレースでも父譲りの末脚が活きることを証明してくれたし、いかにもこの特異な舞台で走りそうよね。

そうそう、彼女は前走でこそ14着と結果が出なかったけど、月曜日にも紹介したように5歳牝馬で、かつ乗り替わりがあった馬は前走の大敗から巻き返した前例があるわ。

枠こそ最内になってしまったけど、それでも十分馬券圏内が見えるわよ。

そんなモメチョッタの最終追い切りは、栗東の坂路で【54.3-39.1-25.5-12.4】を記録。
時計こそ出ていないけど、よく動けていたのが好印象で状態面で問題はなさそうだったわ。

大穴クラスは狙いにくい、なんて傾向のある本走だけど…。
データ良好の彼女は、買わずにいられないわ!

2021年アイビスサマーダッシュ △連下

ライオンボス(牡6)
【前走:韋駄天ステークス(OP特別)1番人気9着】

モントライゼと1番人気を争う、ライオンボス

どちらも重賞馬で、かつ実力面でも拮抗している2頭だけど、データ面ではライオンボスに分がありそうよ。

前走こそ思わぬ負けを喫したけど、今回は状態もよさそうだし、枠や馬体重も好調
十分好走傾向にある、といっていいんじゃないかしら。

ただ本走のライオンボスは、人気とは裏腹に最先着はちょっと疑わしい感じ。
これまで彼と同じ6歳馬で、かつ斤量57kg以上を背負って参戦した子たちは勝利がないのよね。

もっとも、直近10年での1番人気は勝率70%に複勝率90%
データを扱う身としてこれほどの数値が出ている以上、該当した場合は切れないけど、今回に限ってはあまり過度な期待をしないほうがよさそうよ。

ライオンボスの最終追い切りは、美浦のポリトラックで【72.2-55.6-40.7-13.1】の時計。
寮馬に後ろから迫られても踏ん張りが利いていたし、得意の前に出る競馬は健在、って感じだったわ。

不安要素もあるけど、馬券含めておけば活躍してくれそうよ!

 

データの信頼度がより高い、アイビスサマーダッシュ。
好材料を備えたアノ伏兵が、6桁配当をもたらすわよ!

2021年アイビスサマーダッシュ ☆注目穴馬

アルミューテン(牝7)
【前走:テレビユー福島賞(3勝クラス)13番人気11着】

前回から変わらず、最注目の穴馬候補はアルミューテンよ!

月曜日には穴馬の条件とも言える、「新潟で勝ち鞍あり」「今年の韋駄天Sで掲示板内」に該当し、人気以上に好走の見込めるデータが出ていた彼女。

今日の検証でも枠・馬体重ともに好調の範囲にあるとわかったし、この舞台で3着入線の経験がある柴田大和Jが鞍上に決まった今回は、上位入賞に期待大、って感じね。

そんなアルミューテンの最終追い切りは、美浦の坂路で【52.7-37.6-24.1-12.2】の時計。
中2週ながらビッシリ追われて気合十分だし、それでいて疲れを見せない走りができていて、かなり状態はよさそうよ。

オッズは単勝100倍程度が見込まれているし、彼女が馬券内に飛び込めば6桁配当も夢じゃないわね!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次