今週の勝負レース シルクロードS(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

弥生賞ディープインパクト記念2020のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 弥生賞ディープインパクト記念 事前予想

今週は、皐月賞につながる大事なステップレース、弥生賞ディープインパクト記念の予想をしていくわよ。

まさにかのディープインパクトのように、将来の名馬がその実力を大いに示す傾向にあるこのレース。

とはいえ本走がガチガチで決着するかと言えばそんなことはなくて、中穴が何頭も馬券に飛び込んできて大荒れになる例もしばしばあるのよね

昨年は45万円超の馬券が出ていたし、過去10年で3連単の配当が10万オーバーになったレースは4にもなるわ。

今年もデータを駆使して各馬を調べ上げたところ、まさに過去の大荒れレースの再来を思わせるような中穴が見つかったの。

ページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、今週の特別登録馬を確認してもらうわね。

2020年 弥生賞ディープインパクト記念 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アラタ 56.0 和田勇介 美浦
ウインカーネリアン 56.0 鹿戸雄一 美浦
エンデュミオン 56.0 清水久詞 栗東
オーソリティ 56.0 木村哲也 美浦
オーロアドーネ 56.0 戸田博文 美浦
サトノフラッグ 56.0 国枝栄 美浦
ディヴィナシオン 56.0 森秀行 栗東
パンサラッサ 56.0 矢作芳人 栗東
ブラックホール 56.0 相沢郁 美浦
メイショウボサツ 56.0 西浦勝一 栗東
ワーケア 56.0 手塚貴久 美浦
ヴィズサクセス 56.0 手塚貴久 美浦

それじゃあ今週は、過去10年のデータを基に弥生賞の予想を組み立てていくわ。

前走クラス別成績から見てちょうだい!

2020年 弥生賞ディープインパクト記念 前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 2 3 5 4 14.3% 35.7% 71.4%
OP特別 2 1 0 8 18.2% 27.3% 27.3%
1勝クラス 1 2 1 33 2.7% 8.1% 10.8%
未勝利 0 0 0 7 0% 0% 0%
新馬 0 1 0 5 0% 16.7% 16.7%

※今回出走する馬の前走クラスだけを取り上げているから、各列の合計が10にならないわよ。

前走G1を使った馬が、かなり好走しているように見えるわね。

ただ、この条件で馬券になった馬の大半は、その前走に朝日杯フューチュリティステークスを使ってきているのよ。

前走ホープフルステークス組の成績はあくまでも0-0-2-2で、まあまあ悪くはないけど母数も少ないから過信は禁物って感じ。

今年はオーソリティブラックホールワーケアの3頭がホープフルステークスを使ってきているから、扱いには注意したいわね。

それ以外のクラスについて確認してみると、やはり条件戦よりもOP特別のレースを使ってきた馬の方が好成績。

基本的にはオープンクラスを使ってきた馬を中心に、データのいい条件戦組も押さえていくのがよさそうだわ。

ただ条件戦の中でも、未勝利戦を使ってきた馬はまったく馬券になっていないから注意してちょうだい。

アラタディヴィナシオンメイショウボサツあたりはちょっと買いにくくなるわ。

次は、前走着順別成績を見てもらおうかしら。

2020年 弥生賞ディープインパクト記念 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 7 5 0 40 13.5% 23.1% 23.1%
2着 0 2 5 7 0% 14.3% 50.0%
3着 0 0 2 8 0% 0% 20.0%
4着 1 2 1 6 10.0% 30.0% 40.0%
5着 2 0 1 4 28.6% 28.6% 42.9%
6~9着 0 1 1 16 0% 5.6% 11.1%
10着以下 0 0 0 7 0% 0% 0%

まず、前走で2桁決着だった馬、つまり今年でいうエンデュミオンのような馬は1頭も馬券になっていないわ。

また詳しく調べてみたところ、前走が条件戦で、かつ3着以降に敗れた馬は、過去10年一度も3着以内に入っていないことがわかったの。

ウインカーネリアンヴィズサクセスのような馬も、好走には期待しにくいってことね。

残りの馬については、前走で掲示板に収まっていればどれも買えるし、6~9着の馬は他のデータ次第って感じ。

ただ、前走ホープフルステークスで9着、というデータが重なったブラックホールはちょっと厳しいわ。

次は、レース当日人気別成績を見てもらうわね。

2020年 弥生賞ディープインパクト記念 レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5 1 0 4 50.0% 60.0% 60.0%
2番人気 2 2 2 4 20.0% 40.0% 60.0%
3番人気 0 1 1 8 0% 10.0% 20.0%
4番人気 0 2 2 6 0% 20.0% 40.0%
5番人気 0 0 3 7 0% 0% 30.0%
6番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
7番人気 0 1 1 8 0% 10.0% 20.0%
8番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
9番人気 1 0 0 9 10.0% 10.0% 10.0%
10番人気以下 0 1 1 27 0% 3.4% 6.9%

一番人気はいわゆるピンかパー、しっかり勝つか大負けするかの傾向にあるわ。

馬券を組み立てる際は、この点を覚えておくと買い目を減らすのに役立ちそうね。

その他の範囲では、2番人気が好調な以外はおおむね横ばいで、10番人気までまんべんなく馬券になっていたわ。

多少人気が低い馬でも、データが優秀なら積極的に狙っていきましょう。

次は、所属別成績を見てちょうだい。

2020年 弥生賞ディープインパクト記念 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 3 3 4 43 5.7% 11.3% 18.9%
関西 7 7 6 43 11.1% 22.2% 31.7%

典型的な西高東低で、関西馬の方が明らかに好走しているわね。

今回は関東馬が8頭も登録しているから、美浦所属というだけで評価を下げるわけにはいかないけど…
逆に、栗東の馬ならそれだけでかなりのアドバンテージになるわよ。

そんなところで、現段階における注目馬を紹介するわね。

2020年 弥生賞ディープインパクト記念 注目馬①

ワーケア(牡3
【前走:ホープフルステークス(G1)2番人気3着】

本走の登録馬の中では、ひときわ目立つ存在であるワーケア。

弥生賞と同条件のホープフルステークスを使った馬の中では最先着しているとあって、今のところ登録馬の中でトップクラスの支持を得ているわね。

データ上、ホープフルステークス組は過信すると痛い目を見そうではあるけれど、彼は実力面では他のメンバーから頭一つ抜けているし、注目せざるを得ない存在。

とくに人気馬がそれなりに信頼できる本走では、切るつもりなら相応の理由が要るわよ。

そうそう、彼はいまのところ単勝2倍切ってもおかしくないくらいの支持を得ているけど、このレースで単勝1倍台だった馬の成績は3-1-0-1
複勝率はなんと80にもなるから、調教などに不安が出ずにこのまま当日を迎えれば、ますます買いやすくなりそうだわ。

配当のことを考えると若干不満もあるけど、それでも今のところは最大の本命候補よ!

2020年 弥生賞ディープインパクト記念 注目馬②

オーロアドーネ(牡3
【前走:3歳新馬 1番人気1着】

本走で唯一の「新馬戦上がり」であるオーロアドーネにも注目しておきたいわ。

改めて確認しておくと、前走に新馬戦を使った馬の成績は0-1-0-5で、連対率は16.7
決して好調とはいえないけど無視するには惜しい数字よね。

とはいえ、キャリアの浅い馬は実力をはかりにくいから、買うならデータ面で更なる裏付けがほしいところ。

そこで過去に新馬戦から馬券になった馬について調べてみたところ、おもしろいことがわかったの。

前走新馬戦から過去10年で唯一馬券になったのは、2019年のシュヴァルツリーゼ
彼は、オーロアドーネと同じ関東馬で、関西勢有利のセオリーに反した存在だったのよ。

キャリアの浅い馬については、慣れない長距離輸送を経なくてすむ分だけ「近場」の方が有利になるのかも知れないわ。

彼は今のところあまり人気していないようだし、狙い目よ!

中穴の激走次第で10万馬券にも期待できる弥生賞
今年はこの1勝馬が、大金を運んでくれるかも知れないわ!

2020年 弥生賞ディープインパクト記念 注目穴馬

パンサラッサ(牡3
【前走:若駒ステークス(OP特別L)5番人気4着】

今のところ、ここまで調べた好走条件に最もよく当てはまっているのがこのパンサラッサ

前走にOP特別を使っていて着順もまあまあ
人気順も中堅から中穴くらいに落ち着きそうだし、何より本走で数少ない関西馬だというのは見逃せないわね。

とはいえ、彼は実績面でまだあまり目立ったところがないし、心情的に買うのに抵抗のある人も多そうな感じ。
キャリア唯一の勝ち鞍では豪快な走りを見せてくれたけど、その未勝利戦はドロドロの不良馬場でのレースだったし、本走で走るかどうかは別問題に見えるわよね。

ただ今週の関東はずっと天気が不安定で、週末も雨が降りそう、という予報もあるから、そうなれば一気に期待できる存在になるわ。

そうでなくとも、彼は本走で数少ない逃げ馬候補だし、楽に逃げられればこのレースに大穴をあける可能性も高いわね。

まだまだ手放しで称賛するわけにはいかないけど、彼のことは忘れずにマークしておいてちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次