弥生賞

中山11R弥生賞(GⅡ・芝2000m)
◎1 ラストドラフト
○8 ブレイキングドーン
☆10 メイショウテンゲン
△3 カントル
レースの見どころ
弥生賞の最終予想をするわよ!

普段カタい分、荒れるときは大きい!というのがこのレースの特徴だけど…
月曜から引き続きいくつかのデータを調べたところ、荒れる可能性が例年以上に高いことがわかったの。

今回は最終的に4頭に印を打っているけど、出方次第では10万馬券も大いにありえるわ。

予想印はページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。


さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。


枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ラストドラフト牡356.0田辺裕信戸田博文美浦
22ニシノデイジー牡356.0勝浦正樹高木登美浦
33カントル牡356.0M.デム藤原英昭栗東
44サトノラディウス牡356.0武豊国枝栄美浦
55シュヴァルツリーゼ牡356.0石橋脩堀宣行美浦
66ヴァンケドミンゴ牡356.0ミナリク藤岡健一栗東
77ラバストーン牡356.0江田照男大江原哲美浦
78ブレイキングドーン牡356.0福永祐一中竹和也栗東
89ナイママ牡356.0柴田大知河津裕昭地方
810メイショウテンゲン牡356.0池添謙一池添兼雄栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
G1組の成績がいい
前走500万下なら当時の3番人気以内が条件

■前走着順別成績
前走5着以内まではそこまで差がない
前走凡走した馬は、それ以前に掲示板を外していないことが条件

■レース当日人気別成績
1~2番人気の信頼度が高い
中穴も比較的勝っているので買い目に注意する

■騎手別成績
乗り替わりのない馬の勝率が高い


それじゃ、新たに2点のデータを使って、弥生賞の予想を詰めていくわ。

枠順別成績から見てちょうだい!

枠順別成績
枠順別成績表

3枠の好走率がスゴイことになっているわね。

例年出走数が少なめな弥生賞、枠順は大した問題にならないと思われがちだけど…
今回ここに入ったカントル、十分注意したいわ。

また全体的な傾向として、勝ち馬は外枠、相手は内枠から出がちな傾向にあるようね。

今回、人気どころが軒並み内枠に固まっているから、外枠の穴馬が彼らに先着するかもしれないわよ。


次は、脚質別成績を見てちょうだい。

脚質別成績
脚質別成績表

大きく置いて行かれさえしなければ、おおむね脚質を問わず馬券になるって感じね。

ただその中でも、差し馬は単勝回収率が125%もあることがわかったわ。

明け3歳の馬は戦い方が固まっていないことも多いけど、過去にいい末脚を見せた馬には注目ね。


そんなところで、今週の予想印を発表するわよ。

本命
ラストドラフト(牡3
【前走:京成杯(G3)4番人気1着】

本走における人気ツートップの一角であるラストドラフト

本走と同じ中山の2000mで重賞を勝っている、という実績は、穴党の私としても無視できるものではないわ。

彼はここまで調べたデータについても悪くないものが揃っているし、とくに枠順は内枠の中でも一番勝率の高い所に入ってくれたわね。

最終追い切りも好調そうで、美浦のポリトラックで5ハロン65.4-12.2という時計。

しまいの伸びはもちろんだけど、道中は促されるまでしっかりガマンして、落ち着いて走れていたことにも注目したいわ。

前走からさらに成長を遂げていそうな彼、買わないと損するわよ!

対抗
ブレイキングドーン(牡3
【前走:ホープフルステークス(G1)4番人気5着】

月曜日の予想では、注目穴馬として紹介していたブレイキングドーン

外枠の中ではもっとも連対率・複勝率の高い7に入ってくれたから、さらに安心して買えるようになったわね。

彼はいい脚を長く使えるタイプだから、おおむねどんな展開になっても対応できるだろう、という点でも信頼できるわ。

最終追い切りも好調な様子で、栗東のCWコースを6ハロン81.0-12.8という時計。
タイム以上に、僚馬をぶっちぎる勢いが印象的だったわね。

陣営も気合十分で「最低でも皐月賞の権利は獲りたい」なんて言っていたし、完全に勝ちに来ている様子。

権利どころか、このレースを勝ってしまっても何もおかしくないわ!

連下
カントル(牡3
【前走:セントポーリア賞(500万下)1番人気1着】

本走における絶好枠に入ったカントル。

ワグネリアンの全弟である上、本走ではM.デムーロ騎手に乗り替わるとあって、かなりの支持を得ているわね。

月曜日に紹介した通り、このレースでは乗り替わりのあった馬の勝率が若干落ちるんだけど…
複勝率についてはほとんど影響ないし、連下評価をつけるのになんの不安もないわ。

そもそも、騎手の乗り替わり以外の部分については軒並みいいデータが揃っているしね。

彼は最終追い切りも好調な様子で、栗東のCWコースで6ハロン83.7-11.8という時計。

最近使い続けられているからか、一杯に追われるような感じではなかったけど、動きは軽快で疲れを感じさせない様子だったわ。

彼になら、安心して紐を任せられるわね!


今年の弥生賞は大きく荒れる気配!
この馬を厚く買っておけば、10万馬券も夢じゃないわ!


注目穴馬

メイショウテンゲン(牡3
【前走:きさらぎ賞(G3)5番人気5着】

キャリアこそ5戦1勝ながら、ここまで掲示板を外していないメイショウテンゲン

今のところあまり人気していないようだけど、彼はここで馬券を任せるに足るポテンシャルを秘めているわ。

その片鱗を見せてくれたのが新馬戦。

4角地点で10番手だった彼は、ここまでのキャリアでもトップの上がりを披露して、1着ワールドプレミアにクビ差まで迫ったのよね。

彼はまだまだ直線でヨレたりして若いところのある馬だけど、本来の実力が出せればこのレースでも勝ち負けできるはず。

今回彼が入った8枠は過去4頭もの勝ち馬を輩出している、というのも追い風ね。

彼は月曜日に調べたデータに照らしても悪くないものが揃っているし、狙い目よ!




エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る