弥生賞

中山11R弥生賞(GⅡ・芝2000m)
◎8 ワグネリアン
○9 ダノンプレミアム
▲4 リビーリング
☆10 サンリヴァル
レースの見どころ
弥生賞の最終予想をするわよ!

ニシノトランザムが出走を回避して、最終的に10頭立てとなった今回のレース。

そんな中で、一部の上位人気馬が圧倒的な支持を集めていて、
“まさか今年は1,2,3番人気で決着?
なんて予想も出ているわ。

もしそうなると配当に旨味がなくなってしまうところだけど…
心配ご無用よ。

みんなが見落としている伏兵馬をしっかり押さえたから、ぜひ見て行ってちょうだい!


さっそく、今年の出馬表を確認してもらうわね。

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11オブセッション牡356.0ルメール藤沢和雄美浦
22アラウン牡356.0ミナリク森秀行栗東
33ジャンダルム牡356.0武豊池江泰寿栗東
44リビーリング牡356.0戸崎圭太萩原清美浦
55ヘヴィータンク牡356.0野中悠太森秀行栗東
66アサクサスポット牡356.0武藤雅戸田博文美浦
77トラストケンシン牡356.0内田博幸高橋文雅美浦
78ワグネリアン牡356.0福永祐一友道康夫栗東
89ダノンプレミアム牡356.0川田将雅中内田充栗東
810サンリヴァル牡356.0藤岡佑介藤岡健一栗東


詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。


■前走クラス別成績
朝日杯FSから出走した馬の複勝率が50%超え

■脚質別成績
追い込み馬は切る

■馬体重別成績
500kgオーバーの馬に注意

■生まれた月別成績
1月生まれの成績がいい
回収率が高いのは2月生まれ


それじゃ、新たなデータを使って弥生賞の最終的な予想を組み立てていくわ。

当日人気別成績から見てちょうだい!

人気別成績
人気別成績表

12番人気はかなり信頼できるみたいね。

今年1番人気になりそうなダノンプレミアムと、それに次ぐ人気のワグネリアン、どちらも切りづらいわ。

あと、これに気づく人はなかなかいないんだけど。

勝率自体は、順当に1番人気馬が高いのに対して、単勝回収率が優れているのは2番人気なの。
買い目の参考にしてちょうだい。


さらに、相手を探そうと思って5番人気以降で馬券に絡んだ馬について調べてみたんだけど…
該当する9頭すべてが、新馬戦で4着までに入っていたことがわかったわ。

穴を狙うにしても、アラウントラストケンシンのようにデビュー戦で大敗した馬は、ちょっと買いにくいってことね。


ここでさっそくだけど、今回の予想印を紹介するわ。

予想には他にも大事なデータを使っているんだけど、それについては各馬のコメントで確認してちょうだい!


◎ワグネリアン

◯ダノンプレミアム

▲リビーリング

☆サンリヴァル


本命
ワグネリアン(牡3
【前走:東京スポーツ杯2歳ステークス(G3)1番人気1着】

今回の本命にはワグネリアンを推すわ!

ここまでに調べてきたデータがダノンプレミアムよりも彼に味方している、というのはもちろんだけど、他にも本命に推すべき材料がいくつかあるの。

まず、過去に1度2000mを使っているという経験の差。
新馬戦の超スローペースと、東スポ杯の超ハイペースに対応してきた器用さも見逃せないわ。

最終追い切りの内容はちょっと物足りないように見えるかもしれないけど、これまでのレースでもずっと最後の調整は軽めだったから、そこは心配いらないわ。

彼を買うのに、何の不安もないわね!


ガチガチの上位人気決着か?と予想されている今年の弥生賞…
この馬たちを押さえておけば、配当で周りに差がつくわよ!


対抗

ダノンプレミアム(牡3
【前走:朝日杯フューチュリティステークス(G1)1番人気1着】

本命でないとはいえ、ダノンプレミアムも馬券からは外せないわね!

過去最長の2000mという距離への不安はたしかにあるけれど、ワグネリアン以外の馬が相手なら実力の差でカバーできるレベル。

最終追い切りも、栗東のCWで6ハロン85.0-11.6と申し分ないタイムだったわ。

各メディアに向けた陣営のコメントが妙に謙虚だから、何か懸念材料があるのかしら?と勘繰りそうになったけど…
圧勝を見せた前走の朝日杯FSでもレース前には似たような口ぶりだったわけだし、あの場での発言はいい意味であてにならないわね。

ちょっと過剰人気の気配もある彼だけど、うかつに切ると後悔するわよ!

単穴

リビーリング(牡3
【前走:セントポーリア賞(500万下)2番人気2着】

彼のことは、月曜日にも注目穴馬に推していたのよね。

物見グセを出しながらも快勝だったデビュー戦や、結果こそ2着とはいえ着実に折り合いが付いてきていた前走

もともとのポテンシャルにも、ここまでの成長ぶりにも期待ができる内容だったわ。

また、リビーリングにはほかにも見どころがあるの。
それは彼が関東所属だというところ。

関東馬のこれまでの成績は5-2-6-44で、一見関西馬とあまり差はないんだけど…
単勝回収率に着目すると、関東馬は100%オーバーなのよ。

さらに、1番人気が2着以下になったレースではかなりの割合で関東馬が勝っている、というデータもあるわ!

ここで彼が勝利すれば、クラシック戦線はますます面白くなるわね!

注目穴馬

サンリヴァル(牡3
【前走:ホープフルステークス(G1)5番人気4着】

ホープフルSから出走の馬の中では、ジャンダルムの方が人気だけど。
今回注目するのはサンリヴァルよ!

上位5頭のうち4頭を差し馬が占めるほど後方有利だった前走で、きっちり逃げ粘って4に食い込んだ辺り、彼のポテンシャルの高さが伺えるわね。

また彼は2走前に、今回のレースと同じコースで行われた芙蓉ステークス(OP特別)で勝利している、というのも見逃せないポイント。

言い換えると、彼はここまで2走連続で中山の芝2000mを走っているということ。
キャリアの浅い馬が揃う3歳馬戦で、これだけ経験を積んでいるのは大きなアドバンテージになるわね。

各所の予想倍率を見ると、当日はいわゆる「オッズの断層」に位置しそうな彼。
配当の面でも期待大よ!!




的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る