今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

スプリングステークス2022の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

スプリングステークスの最終予想をするわよ!

事前予想でも伝えたように、カタめに決着する傾向の強いこのレース。

ただ前回の検証では上位陣に思わぬ不安材料が見つかるなど、例年のようにはいかない可能性も出てきているのよね。

信頼できる本命どころは誰か、荒れるとすれば誰を押さえておくべきか、そのあたりデータを追加して炙り出しておいたわ。

予想印と買い目はいつものようにページの後半で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ。

目次

枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ビーアストニッシド 牡3 56.0 岩田康誠 飯田雄三 栗東
2 2 エンギダルマ 牡3 56.0 丸山元気 手塚貴久 美浦
3 3 サトノヘリオス 牡3 56.0 岩田望来 友道康夫 栗東
4 4 グランドライン 牡3 56.0 三浦皇成 高木登 美浦
5 サノラキ 牡3 56.0 大野拓弥 中舘英二 美浦
5 6 ドーブネ 牡3 56.0 武豊 武幸四郎 栗東
7 ディオ 牡3 56.0 戸崎圭太 辻野泰之 栗東
6 8 アサヒ 牡3 56.0 田辺裕信 金成貴史 美浦
9 ソリタリオ 牡3 56.0 横山武史 西村真幸 栗東
7 10 アルナシーム 牡3 56.0 福永祐一 橋口慎介 栗東
11 トーセンヴァンノ 牡3 56.0 田中勝春 小桧山悟 美浦
8 12 アライバル 牡3 56.0 ルメール 栗田徹 美浦
13 オウケンボルト 牡3 56.0 M.デム 土田稔 美浦

詳しい予想に入る前に、軽く前回のおさらいをしておくわね。

■レース当日人気別成績
1番人気を含めた馬連ボックスがオススメ
6番人気以降では、中山で2戦以上の戦績があるか、前走に1勝クラスを使って掲示板になった馬に注目

■前走クラス別成績
G1組がより好走傾向にある
1勝クラス組では水仙賞組が絶好調

■前走着順別成績
馬券になり得るのは前走4着以内だった馬

■キャリア別成績
キャリア7戦以上の馬は切る
キャリア3戦・5戦組が好調

それじゃあ引き続き、過去10年分のデータを使ってスプリングステークスの予想を詰めていくわよ。

まずは、枠順別成績から見てちょうだい。

枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 2 2 0 8 16.7% 33.3% 33.3%
2枠 1 0 0 13 7.1% 7.1% 7.1%
3枠 1 2 1 11 6.7% 20.0% 26.7%
4枠 0 3 0 13 0.0% 18.8% 18.8%
5枠 1 1 1 14 5.9% 11.8% 17.6%
6枠 1 1 4 13 5.3% 10.5% 31.6%
7枠 1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
8枠 3 0 4 13 15.0% 15.0% 35.0%

1枠と8枠が好調、という極端なデータが出ているわね。

とくに1枠は勝率・連対率だけでなく、単勝回収率も170%とトップの成績。
さらにこの枠から連対したのべ4頭は、すべて逃げ・先行して馬券になっているの。

今回1枠に決まったビーアストニッシドは、いかにも穴馬らしいオッズの付いた逃げ馬だから侮れないわね。

また8枠は、直近5年で4頭が馬券になっている、まさに近年でもっとも好調と言える枠。
ここに収まるアライバルオウケンボルトも、激走が期待できそうね。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 1 0 2 17 5.0% 5.0% 15.0%
460~479kg 3 1 2 41 6.4% 8.5% 12.8%
480~499kg 4 5 3 26 10.5% 23.7% 31.6%
500kg以上 2 4 3 19 7.1% 21.4% 32.1%

480kgを境に連対率に大きな開きがあるわね。

となれば、480kg以上ある馬に比重をおいて考えなければいけないわ。

前走時の馬体重を参考にすると、人気どころではアサヒアライバルソリタリオあたりが範囲内に該当するわよ。

逆に前走時が420kg台だったアルナシームだけど、彼ほど小柄な馬は過去10年での好走率が0%、なんてデータもあるから注意してちょうだい。

次は、脚質別成績を見てもらうわよ。

脚質別成績

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0 1 0 11 0.0% 4.2% 4.2%
先行 5 4 4 23 6.9% 12.5% 18.1%
中団 4 5 4 31 4.5% 10.2% 14.8%
後方 0 0 1 36 0.0% 0.0% 2.7%
マクリ 1 0 1 2 25.0% 25.0% 50.0%

馬券の大半は、前団~中団で競馬をした子たちね。

逃げ残りや追い込みが、決まりにくい傾向にあることは覚えておいてちょうだい。

とくに人気どころでは、出遅れ癖のあるアサヒは要注意。

共同通信杯のような後方からの競馬になれば、届かない可能性も出てくるわ。

そんなところで、このレースの予想印とオススメの買い目を発表していこうかしら!

今回の注目穴馬は、回収期待値8000%の妙味たっぷりな1頭よ~!

◎本命

ソリタリオ(牡3)
【前走:シンザン記念(G3)2番人気2着】

検証では問題になるところが見つからなかった、ソリタリオ

臨戦過程、枠、脚質、どれをとっても勝利が見込める好データに該当していたわね。

デビュー以降5戦連続で連対しているなど、大崩れする心配もなし。
新コンビの横山武史Jともしっかりと折り合っているようで、本走の条件でも勝ち負け必至、といったところかしら。

オッズも単勝5倍程度は付いてくれそうだし、まさにオイシイ優勝候補ね!

○対抗

ドーブネ(牡3)
【前走:朝日杯フューチュリティステークス(G1)5番人気7着】

前走4着以降だった馬は馬券になれていない、スプリングSだけど…。
前例を覆すとしたら、このドーブネが有力よ。

朝日杯FSが好ローテーションなのは伝えた通りだし、枠や馬体重も好走傾向内。

さらに今回は2馬身差で快勝した新馬戦と同じ武豊Jとのコンビとあって、再びあのマクリから上がり最速で勝利した走りに期待できるわね。

追い切りでも仕上がり十分な姿を見せてくれていたし、上位陣の中ではオッズも良好。
配当妙味のある狙い目な1頭よ!

△連下

ビーアストニッシド(牡3)
【前走:共同通信杯(G3)8番人気3着】

前回の検証では好走条件によく当てはまっていた、ビーアストニッシド

ただ今日は馬格や脚質の面で多少の不利があるとわかって、印は連下としたわ。

もっとも、2016年にマイネルハニーが連対したように、彼のような逃げ馬が馬券にならないわけではないの。
直線の短い中山とは相性もよさそうだし、絶好1枠から逃げ粘って馬券圏内、という展開は十分に考えられるところよ。

当日は単勝10倍程度は見込めるし、馬券に含めておけば配当面でも活躍してくれそうね!

さて、検証してきたスプリングステークス
今年は中荒れな展開になりそうだから、妙味のある配当に期待できるわよ!

そんなデータ検証から導き出された、オススメの買い目は…。

◎○△☆の馬連ボックスよ!

☆注目穴馬

オウケンボルト(牡3)
【前走:水仙賞(1勝クラス)4番人気2着】

中山では連対率50%、MデムーロJとコンビでは連対率66.7%をほこるオウケンボルト

検証では臨戦過程に加え、枠や馬体重、さらに脚質と、走る材料が十分に揃っていたわ。

しかも追い切りでは、好走した前走の水仙賞から変わらない好調っぷりを見せてくれていたし、状態面での不安もなし。
今回のメンバー相手でも、現実的に勝ち負けできると見ているわ。

ソリタリオとワンツーになっても、馬連での回収期待値8000%が見込める妙味たっぷりの穴馬候補ね!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次