今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

金鯱賞2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 金鯱賞 最終予想

金鯱賞の最終予想をするわよ!

今年の大本命、サートゥルナーリアは調教も順調そうで、すでに「勝つかどうか」ではなく「どう勝つか?」に注目されている雰囲気。

もちろん、ウチとしても彼は高く評価しているんだけど…
データを駆使して各馬を調べ上げた結果、彼に先着するポテンシャルを持つ馬も見つけ出しているわ。

今回はそんな「注目の対抗馬」のほかにも妙味抜群の穴馬を含めつつ、最終的には4頭に印を付けたの。

ページの最後で紹介しているから、ぜひうまく活用して効率よく配当をゲットしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2020年 金鯱賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ケイデンスコール 牡4 56.0 中谷雄太 安田隆行 栗東
2 2 ラストドラフト 牡4 56.0 吉田隼人 戸田博文 美浦
3 3 ニシノデイジー 牡4 56.0 田辺裕信 高木登 美浦
4 4 ダイワキャグニー 牡6 56.0 内田博幸 菊沢隆徳 美浦
5 5 サトノガーネット 牝5 54.0 岩田望来 矢作芳人 栗東
6 サートゥルナーリア 牡4 58.0 ルメール 角居勝彦 栗東
6 7 ギベオン 牡5 56.0 福永祐一 藤原英昭 栗東
8 サトノソルタス 牡5 56.0 藤岡康太 堀宣行 美浦
7 9 ブレスジャーニー 牡6 56.0 松若風馬 佐々木晶 栗東
10 ロードマイウェイ 牡4 56.0 川田将雅 杉山晴紀 栗東
8 11 ジュンヴァルカン 牡7 56.0 柴山雄一 友道康夫 栗東
12 マイネルファンロン 牡5 56.0 丹内祐次 手塚貴久 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
前走G1組が好走する
前走OP特別を使った馬は人気薄でも買える

■前走着順別成績
今年の前走2桁馬は切る
前走連対組がやや好調

■レース当日人気別成績
1番人気の信頼度は高め
単勝2桁の馬は勝っていない

■所属別成績
関西馬が有利
当日6番人気以内なら関東馬も買える

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年の金鯱賞のうち、時期を問わず中京で行われた全8レースのデータを使って予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2020年 金鯱賞 枠順別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
1 1 2 7 9.1% 18.2% 36.4%
0 1 2 10 0.0% 7.7% 23.1%
1 0 3 11 6.7% 6.7 26.7%
0 1 1 13 0.0% 6.7% 13.3%
2 2 0 11 13.3% 26.7% 26.7%
2 2 0 13 11.8% 23.5% 23.5%

一見どこもそれなりに好走できそうだけど…
注目すべきいくつかの枠について、特徴を詳しく紹介していくわよ。

まず、サートゥルナーリアが入った5枠は一見成績がいいわよね。
ただ過去8レース、ここに入った馬の平均人気は5.4と全体で2番目に高く、つまり本命クラスがかなり多く入っているのよ。

その割に勝ち馬が1頭しか出ていない、というのはちょっと気になるわ。

一方5枠と同等の複勝率がある7は、勝ち馬が2頭出ていて単勝回収率も100%オーバー

枠番の面では、ここに入ったロードマイウェイの方がサートゥルナーリアよりも有利だと言えそうね。

次は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。

2020年 金鯱賞 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 1 2 0 11 7.1% 21.4% 21.4%
460~479kg 1 0 0 13 7.1% 7.1% 7.1%
480~499kg 1 3 1 28 3.0% 12.1% 15.2%
500~519kg 4 3 6 17 13.3% 23.3% 43.3%
520kg~ 1 0 2 12 6.7% 6.7% 20.0%

やや重めの500519kgに収まる馬がかなり好走しているわ。

今回この条件に当てはまるのは、サートゥルナーリアのほかにギベオンダイワキャグニーくらいかしら。
ニシノデイジーあたりも気になるけど、叩き2走目でそこまでの上積みはなさそうよね。

また、460~479kgの馬が妙に不振なのも気になるわ。

ただこの条件から唯一馬券になった2013年のカレンミロティックは、前走にOP特別を使っていた、というデータもあるから…
今回この条件に当てはまりそうなブレスジャーニーに関しては、期待してもよさそうね。

そうそう、このレースでは、前走から体重が増えた馬は減った馬よりも大きく有利、というデータがあるの。

これから紹介する馬が当日この条件に当てはまっていたら、厚めに買うのもアリね!

さあ、ここで今週の予想印を発表するわよ。

2020年 金鯱賞 注目馬①

サートゥルナーリア(牡4
【前走:有馬記念(G1)3番人気2着】

いろいろな可能性を検討したけど、今回はやはりサートゥルナーリアが本命ね。

彼にデータ上の問題があるとすれば、今日調べた枠順くらいのもの。
ただ馬体重の面ではかなりの優位があると分かったわけだし、総合的に考えればやはりトップの評価を与えざるを得ないわ。

彼の最終追い切りは、栗東の坂路で49.8-12.3という、この日の一番時計。
前日からの雨で馬場が渋っていたとは思えないほどのタイムで、いかにも好調そのものって感じ。

そうそう、彼はこれまでややイレ込むところがあって、大レースでは不安視されがちだったけれど…
今回は、月初から続いている無観客試合がいい方に影響しそうよね。

中京の芝2000mはスタンド側からのスタートだから、陣営としては「観客がいなくてよかった」なんて思ってるんじゃないかしら。

不安な配当面についても、後で紹介する穴馬がくれば、それなりのものになるはずよ!

2020年 金鯱賞 注目馬②

ロードマイウェイ(牡4
【前走:チャレンジカップ(G3)2番人気1着】

データはほとんどサートゥルナーリアとそん色なく、こちらもぜひ頭から買ってほしいロードマイウェイ

月曜から引き続き、実力の割にはまあまあ悪くないオッズが付きそうで有難いわね。

枠順はやや外目になったから、条件戦時代のような豪快な逃げは狙いにくくなったけど…
前走で後ろからの競馬ができることは実証済みだし、なによりサートゥルナーリアを内に見られる分走りやすそうだわ。

最終追い切りのタイムは栗東の坂路を54.2-12.8と一見見劣りする感じだけど、これは足元を気にして道中のタイムを抑えた結果
動きは良かったし、心配する必要はないわよ。

彼が勝てば、春の古馬戦線がかなり盛り上がりそうね!

「一強ムード」でも油断できない今年の金鯱賞
この馬たちを押さえておけば、ローリスクでかなりのリターンが見込めるわ!

2020年 金鯱賞 注目馬③

サトノガーネット(牝5
【前走:日経新春杯(G2)7番人気6着】

本走と同じ、中京の芝2000mで行われた中日新聞杯(G3)を制しているサトノガーネット

そこでは本走の人気馬ラストドラフトに競り勝っているし、実力も勝負強さも期待できるわ。

彼女はこれまで調べたデータも悪くないものが揃っている上に世間的にそこまで目立ってもいないから、かなり費用対効果に期待できる存在ね。

5枠の馬がこれまで勝ちきれていない、という話はあるけれど、複勝率の高い枠であることは確か。
馬券内に飛び込む可能性については十分期待できるわよ。

またこの金鯱賞は、2016年のシュンドルボンや2019年のリスグラシューのように、中堅クラスの人気を集めた牝馬が2~3着に飛びこんできがちなレース。

ちょうど今年でいうサトノガーネットのくらいの馬に期待できるのよ。

ここまで紹介した2頭を押しのけての勝利は難しそうだけど、それでも切ることは考えられないわ!

2020年 金鯱賞 注目穴馬

ブレスジャーニー(牡6
【前走:アルデバランステークス(OP特別)5番人気3着】

月曜日にも注目馬として紹介していたブレスジャーニー

成績のよい7に入ってくれたおかげで、ますます買いやすくなったわね。

馬体重についてはちょっと不安だけど、先ほど紹介した通り好走の前例があるパターンだから、心配し過ぎなくて大丈夫。

最終追い切りも、栗東のWコースを6ハロン83.1-12.4と、彼としては上々の内容ね。
6歳にしてさらに体がしっかりしてきた感があって、本番に期待できる走りだったわ。

そうそう、陣営としてもここを勝負所と見ているらしくてかなり気合が入っているようだから、そこも見逃せないポイント。

気合だけで勝てるレースではないけれど、彼にはここで戦えるだけの実力がすでに備わっているわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次