今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

金鯱賞2022の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

金鯱賞の最終予想をするわよ!

事前予想でも伝えた通り、普段はカタめに決着しがちな分、昨年のように荒れれば大きく荒れるこのレース。

ここまでの検証上、今年も昨年同様荒れる気配十分だから、好走傾向にある伏兵はしっかりと拾っていきたいわね。

今回も引き続きデータを用いて、そんな回収期待値500%オーバーの穴馬候補と買い目を炙り出しておいたわ。

予想印と一緒にページの後半で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ。

目次

枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ショウナンバルディ 牡6 56.0 岩田康誠 松下武士 栗東
2 2 ギベオン 牡7 57.0 西村淳也 藤原英昭 栗東
3 3 ジャックドール 牡4 56.0 藤岡佑介 藤岡健一 栗東
4 4 ソフトフルート 牝5 54.0 岩田望来 斉藤崇史 栗東
5 ポタジェ 牡5 56.0 吉田隼人 友道康夫 栗東
5 6 アカイイト 牝5 55.0 幸英明 中竹和也 栗東
7 シャドウディーヴァ 牝6 54.0 福永祐一 斎藤誠 美浦
6 8 アラタ 牡5 56.0 大野拓弥 和田勇介 美浦
9 シフルマン 牡6 56.0 荻野極 中尾秀正 栗東
7 10 レイパパレ 牝5 56.0 川田将雅 高野友和 栗東
11 ステラリア 牝4 54.0 M.デム 斉藤崇史 栗東
8 12 ランブリングアレー 牝6 54.0 藤岡康太 友道康夫 栗東
13 サンレイポケット 牡7 56.0 鮫島克駿 高橋義忠 栗東

詳しい予想に入る前に、軽く前回のおさらいをしておくわね。

■レース当日人気別成績
狙い目は1番人気を含めた3連複ボックス

■前走クラス別成績
白富士S組(L)が絶好のローテーション
勝率トップは有馬記念組(G1)

■前走着順別成績
前走4・5着馬が好調
前走10着以降からは重賞で勝ち鞍のある関西馬に注目

■年齢別成績
4歳馬が絶好調
回収率がもっとも高いのは6歳馬

それじゃあ引き続き過去10年分のデータを使って、金鯱賞の予想を詰めていくわね。

2016年に3着馬が2頭出ているから、3着馬11頭のデータを用いているわよ。

まずは、枠順別成績から見てもらおうかしら。

枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 1 2 0 9 8.3% 25.0% 25.0%
2枠 1 0 1 10 8.3% 8.3% 16.7%
3枠 1 1 2 9 7.7% 15.4% 30.8%
4枠 0 1 3 11 0.0% 6.7% 26.7%
5枠 3 0 3 12 16.7% 16.7% 33.3%
6枠 0 2 1 15 0.0% 11.1% 16.7%
7枠 2 2 0 15 10.5% 21.1% 21.1%
8枠 2 2 1 16 9.5% 19.0% 23.8%

どちらかといえば外枠有利、と取れるデータね。

なかでも、もっとも好成績なのが5枠

一昨年から2年連続でここから勝ち馬が出ているだけでなく、昨年10番人気だったギベオンや、2011年に6番人気だったオーシャンブルーといった人気薄が勝利した前例もあって、単勝回収率は1300%にもなるのよね。

今回5枠を引いたアカイイトシャドウディーヴァも、いかにも穴馬らしいオッズがついているから注目よ。

ちなみに先行馬勢では、ショウナンバルディが最内1枠を引いた恰好。
勝率こそ低いものの、連対率・複勝率はまずまず高いし、前で競馬をするには理想的な枠に収まったわね。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~439kg 1 0 0 2 33.3% 33.3% 33.3%
440~459kg 0 2 0 10 0.0% 16.7% 16.7%
460~479kg 1 1 1 18 4.8% 9.5% 14.3%
480~499kg 1 4 1 34 2.5% 12.5% 15.0%
500kg以上 7 3 9 33 13.5% 19.2% 36.5%

基本的には馬格のある馬が勝つ、と言えるデータね。

なかでも500kgを超える馬は、成績が抜けて好調。

単勝回収率も700%と非常に高い数値になっているし、該当馬は勝ち馬候補としてぜひ押さえておきたいところね。

前走時の馬体重を参考にする形にはなるけど、この条件にあてはまるのは、
アカイイト
ギベオン
シフルマン
ジャックドール

の4頭よ。

逆に本走でもっとも馬格の小さいレイパパレだけど…。
彼女の前走時の馬体重434kgは、好走率33.3%となかなかの好走傾向。

小柄な馬が不利な傾向にある金鯱賞だけど、彼女だけは別、と覚えておいてちょうだい。

次は、牡牝別成績を見てもらうわよ。

牡牝別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
牡・セン 10 8 10 87 8.7% 15.7% 24.3%
0 2 1 10 0.0% 15.4% 23.1%

勝ち馬は牡馬からしか出ない、ということがわかるわね。

昨年はデアリングタクトが2着に敗れているし、G1馬とはいえレイパパレやアカイイトはデータ上勝利が難しそう

もっとも、複勝率は牡牝とも同等の数値だから牝馬は買えない、みたいなことはないんだけど、勝ち馬は牡馬から選ぶのが賢明ね。

そんなところで、このレースの予想印とオススメの買い目を発表していくわ!

今回の注目穴馬は、回収率500%オーバーが見込める大穴クラスよ!

◎本命

ジャックドール(牡4)
【前走:白富士ステークス(OP特別L)1番人気1着】

月曜日にも真っ先に注目馬として挙げていた、ジャックドール

どうやらこのまま当日は1番人気になりそうだし、データを扱う身としては彼を含めた馬券を組まざるを得ない、って感じね。

もっとも、彼は検証でもメンバートップクラスの好材料が揃っていた1頭。
臨戦過程や枠、さらにコースとの相性にも死角はないし、開幕週の馬場は彼の先行策に優位に働くはずよ。

オッズ的にコスパは期待しにくいだろうけど、それでも彼抜きの馬券は考えられないわ!

○対抗

ステラリア(牝4)
【前走:エリザベス女王杯(G1)7番人気2着】

前走のエリ女では下馬評に反し、アカイイトに0秒3差の2着入線を果たしたステラリア

本走にも前走で敗れたアカイイトが参戦してくるけど、開幕週の中京、というところで、中団より前めでの競馬ができるステラリアに分があると見ているわ。

彼女は検証でも走る材料が揃っていたし、追い切りでも休み明けを感じさせない走りで好時計をマーク。
叩きの意味合いもある本走だけど、ここで勝ち負けできる仕上がりと見てよさそうよ。

好走条件が揃っていながら、上位陣からは一段オッズの高い彼女。
狙い目よ!

△連下

アラタ(牡5)
【前走:福島記念(G3)1番人気3着】

昨年の3月から、4連勝を含む6戦連続での馬券入りを果たしているアラタ

前々走では本走と同条件のケフィアSを上がり最速で制しているし、この舞台でなら今回のメンバー相手にも勝ち負けするチャンスがある、と見ているわ。

彼は目立たないながらも検証では好データによく該当していたし、さらに彼と同じキングカメハメハ産駒は、過去10年における本走での成績が【2-1-3-9 / 複40.0%】と血統的にも好相性

デビューから14戦連続で鞍上を務める主戦大野拓弥Jとのコンビ、というところも魅力的ね。

勝利こそ難しいかもしれないけど、馬券に含めておけば配当面での活躍が期待できる1頭よ!

さて、検証してきた金鯱賞
大荒れな展開になりそうだから、今年も積極的に高配当を狙っていきたいわね。

そんなデータ検証から導き出された、オススメの買い目は…。

◎○△☆の3連複ボックス勝負よ!

☆注目穴馬

ショウナンバルディ(牡6)
【前走:日経新春杯(G2)7番人気12着】

事前予想から変わらず、注目の穴馬候補はショウナンバルディよ。

前回検証した時点で穴馬の条件とも言えるデータに該当していた彼だけど、今日枠・馬体重ともに絶好の範囲にあるとわかって、ますます馬券への激走に期待が持てるようになったわね。

伝えた通り、今回のレースは彼にとって適性距離の2000mで、かつ3勝を挙げている中京が舞台
さらに前々走の中日新聞杯を含め、コンビ3勝の岩田康誠Jが鞍上を務めてくれるのも、先行策がハマるであろう本走では大きなプラス材料ね。

さすがに1週間前に比べれば人気してきているけど、それでも当日は単勝20~30倍台が見込める程度。
ジャックドールと馬券になっても、500%オーバーの回収率に期待できるわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次