今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

阪神大賞典2021のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 阪神大賞典 事前予想

今週は天皇賞春の前哨戦、阪神大賞典(G2)を予想するわよ!

有力なステイヤーが順当に入賞する傾向の強い、このレース。

今年も昨年の王者ユーキャンスマイルを筆頭に、実績ある馬たちに人気が集中しているわね。

ただこのレース、昨年は単勝40倍だったサトノソルタスが連対したように、人気薄がたびたび馬券を賑わせているから油断は禁物。

世間の評価以上に、徹底したデータ検証が重要になるわよ。

今回もノーマークながら、好走気配十分の穴馬候補を見つけ出すことができたわ。

ページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい

さっそく、今年の特別登録馬を確認していくわよ。

2021年 阪神大賞典 特別登録馬

馬名 性別 負担重量 調教師 所属
アドマイヤジャスタ 56.0 須貝尚介 栗東
アリストテレス 56.0 音無秀孝 栗東
キングニミッツ 56.0 小崎憲 栗東
ショウリュウイクゾ 57.0 佐々木晶 栗東
シロニイ 56.0 池江泰寿 栗東
タイセイトレイル 56.0 矢作芳人 栗東
タイセイモナーク 56.0 西村真幸 栗東
ダンスディライト 56.0 松永幹夫 栗東
ツーエムアロンソ 56.0 本田優 栗東
ディープボンド 56.0 大久保龍 栗東
ナムラドノヴァン 56.0 杉山晴紀 栗東
メイショウテンゲン 56.0 池添兼雄 栗東
ユーキャンスマイル 57.0 友道康夫 栗東
ゴースト セン 56.0 橋口慎介 栗東

それじゃあ今週も、過去10年分のデータを使って阪神大賞典の予想を組み立てていくわね。

まずは、前走クラス別成績から見てちょうだい。

2021年 阪神大賞典 前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G2 4 0 4 19 14.8% 14.8% 29.6%
G3 1 2 3 24 3.3% 10.0% 20.0%
OPEN特別 0 1 0 9 0 10.0% 10.0%
3勝クラス 0 2 1 9 0 16.7% 25.0%

※今回登録されている馬の前走クラスだけを取り上げているから、各列合計が10にならないわよ。

勝ち鞍になり得るのは前走に重賞を使った馬、ということが分かるデータね。

とくに、前走G2組は絶好調。
詳しく調べてみたら、日経新春杯を使った馬は【2-0-2-5】と、G2組の中でもより好成績を残していたの。

今回は唯一ショウリュウイクゾがここを使って参戦してくるから、相対的にも有利、と言えるわね。

他には、このレースが昇格戦となる、3勝クラス組も注目よ。
3勝クラスを使った馬は過去に3頭が馬券になっているんだけど、いずれも前走で3着以内だった、という共通点があるのよね。

松籟Sで連対したタイセイモナークは、覚えておきたい馬券候補よ。

次は、前走着順別成績を見てもらおうかしら。

2021年 阪神大賞典 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 3 4 2 9 16.7% 38.9% 50.0%
2着 2 0 1 4 28.6% 28.6% 42.9%
3着 1 1 1 2 20.0% 40.0% 60.0%
4着 1 1 0 6 12.5% 25.0% 25.0%
5着 1 0 1 14 6.3% 6.3% 12.5%
6~9着 2 3 2 25 6.3% 15.6% 21.9%
10着以下 0 1 3 15 0% 5.3% 21.1%

前走で3着以内に入った馬が馬券の中心、というデータよ。

この上位馬について調べてみたら、前走のクラスやレースを問わず好走していた、という傾向があったの。

前走の勢いがそのままレースに反映しやすいってことだから、
アリストテレス
ショウリュウイクゾ
タイセイモナーク

の3頭は有力な勝ち馬候補ね。

一方、大敗からの巻き返しをはかる前走10着以下だった馬たちだけど…。

ここから馬券になった4頭は、いずれも前走の格がG2以上なのよね。

今回その条件に該当しない、
メイショウテンゲン
ディープボンド
キングミニッツ

には、ちょっと厳しいデータになっているわよ。

次は、レース当日の人気別成績を見てもらうわ。

2021年 阪神大賞典 レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 6 2 1 1 60.0% 80.0% 90.0%
2番人気 1 1 1 7 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 3 1 2 4 30.0% 40.0% 60.0%
4番人気 0 2 1 7 0% 20.0% 30.0%
5番人気 0 2 3 5 0% 20.0% 50.0%
6~9番人気 0 2 1 37 0% 5.0% 7.5%
10番人気以下 0 0 1 15 0% 0% 6.3%

1番人気の成績がとんでもないことになっているわね!

過去10年で1度しか馬券を外していない、ってことだし、当日1番人気に推された子は素直に買うべき、と言えるわ。

今のところ、アリストテレスユーキャンスマイルが人気をリードしているわよ。

逆に6番人気以降だった馬たちは、ガクッと成績が落ちる傾向にあるわね。

ただ詳しく調べてみたら、この範囲から馬券になった4頭は、いずれも重賞で3着以内に入ったことがある、という共通点があったの。

人気薄でもこの条件に該当していれば好走しうる、ってことだから、穴馬を探す際の基準にしてちょうだい。

最後は、年齢別成績を見てもらうわよ。

2021年 阪神大賞典 年齢別成績

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 4 5 3 12 16.7% 37.5% 50.0%
5歳 3 3 3 14 13.0% 26.1% 39.1%
6歳 3 2 2 20 11.1% 18.5% 25.9%
7歳 0 0 2 16 0% 0% 11.1%
8歳 0 0 0 7 0% 0% 0%

若い馬ほど走る、という分かりやすい傾向になっているわね。

とくに本走最年少にあたる4歳馬が優勢。
ここ10年において約半数のレースで勝ち馬になってるし、複勝率も50%と高水準だから、今回も馬券に絡んでくる可能性が高そうよ。

アリストテレスと、ディープボンドの4歳馬2頭には注目すべきね。

ちなみに7歳以上で馬券になった2頭について調べてみたところ、いずれも芝重賞の常連だったわ。

本走において7歳以上のシロニイキングミニッツは、重賞経験が乏しいだけでなく、ダートが主戦場。
好走の条件にはそぐわないから、注意してちょうだい。

そんなところで、現段階における注目馬を発表するわよ!

2021年 阪神大賞典 注目馬①

アリストテレス(牡4)
【前走:アメリカジョッキークラブカップ(G2)1番人気1着】

前走のAJCCでは、初の重賞参戦ながら見事最先着を果たしたアリストテレス

検証の通り前走G2組は好調だし、そこを勝ち切った彼は本走においてもかなり信頼できる1頭ね。

さらに阪神大賞典は1番人気の複勝率が90%にもなるレースだから、このまま人気するようなら、まさに欠点のない存在、って感じよ。

今回の舞台である芝3000mの長距離適性も、昨年の菊花賞で証明済み

あとはどう買うか、1週間かけて検討していきましょう。

2021年 阪神大賞典 注目馬②

ショウリュウイクゾ(牡5)
【前走:日経新春杯(G2)7番人気1着】

前走の勝ち鞍で、一躍重賞馬への仲間入りを果たしたショウリュウイクゾ

今回はその走りがフロックでなかったことを証明する、重要なレースになるわね。

そんなショウリュウイクゾは、検証もなかなかの好データに該当していた1頭。

このレースは日経新春杯からのローテーション組が絶好調だし、5歳馬は好走範囲内とあって、十分勝ち負けに期待できる存在よ。

ただ彼は中長距離が主戦場なのに加え、本走は強力なステイヤーたちが揃う舞台。

距離の適性も考慮しながら、油断せずにデータで追って行くわよ。

例年堅く決着しがちな、阪神大賞典だけど…。
今年はアノ伏兵が、過去にない高配当を演出するわよ!

2021年 阪神大賞典 注目穴馬

タイセイモナーク(牡5)
【前走:松籟ステークス(3勝クラス)11番人気2着】

現段階において注目したい穴馬候補が、タイセイモナークよ!

前走の松籟Sでは、約1年ぶりの馬券圏内を確保した彼。
前走に3勝クラスを使って馬券になった馬が好走する本走において、連対した彼は高く評価できるわね。

そうそう、タイセイモナークは中長距離が主戦場なんだけど、出走した長距離戦2レースではどちらも馬券に入る好走を見せているわ。

距離にも不安はないし、展開が向けば、馬券候補と目される重賞馬たちとも十分勝ち負けできる存在と言えるわよ。

いまのところ人気は、大穴クラスの彼。
配当を跳ね上げる穴馬候補として、1週間注目していくわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次