G1レース展望
レースの見どころ
今回は、春の長距離戦線を占う大事なG2レース、阪神大賞典の予想をしていくわよ!

圧倒的な長距離強者のアルバートや、G1で好走を続けるレインボーラインなど、実力馬が数多く登録している今年のレース。

ここ数年ガチガチの上位決着だったこともあって、買い目をギリギリまで絞るつもりの人が多いんじゃないかしら。

今回、買い目を絞るために真っ先に切りたくなるような「ある馬」が、データによると断然「買い」であることがわかったの!

このページの最後で紹介しているから、ぜひ見ていってちょうだい!


さっそく、今年の特別登録馬を確認してもらうわね。

競争成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アルバート57.0堀宣行美浦
クリンチャー56.0宮本博栗東
コウエイワンマン56.0川村禎彦栗東
サイモントルナーレ56.0加藤和宏美浦
サトノクロニクル55.0池江泰寿栗東
シホウ56.0笹田和秀栗東
スーパーマックス55.0九日俊光地方
トミケンスラーヴァ56.0竹内正洋美浦
ムイトオブリガード55.0角田晃一栗東
ヤマカツライデン56.0池添兼雄栗東
レインボーライン56.0浅見秀一栗東
カレンミロティックセン56.0平田修栗東

それじゃ、過去10年のデータを使って、阪神大賞典の予想を進めていくわよ。


まずは前走クラス別成績から見てもらおうかしら。

前走クラス別成績
前走クラス別成績表

おおむね前走の格が高ければ高いほど成績がいい、というデータに見えるわね。

とくに前走が有馬記念だった馬に注目すると、連対率50%、複勝率はなんと64.3よ!

今回該当するカレンミロティックサトノクロニクルレインボーラインはぜひ押さえておきたいわ。


過去の勝ち馬の半分を輩出している、前走G2組も気になるところだけど…。
該当する馬の大半は、日経新春杯から出走してきた馬だったわ。

今回はその他のG2を走ってきた馬が何頭かいるけど、手放しでは信頼できないわね。


次は、前走着順別成績よ。

前走着順別成績
前走着順別成績表

前走5着までの馬から勝ち馬の9割が出ていること。
そして前走10着以降の馬は、まったく勝っていないことがわかるわね。

今回の出走馬の中で前走4着以内なのはアルバートクリンチャームイトオブリガードの3頭。

そして10着以降だったのはカレンミロティックサイモントルナーレヤマカツライデンの3頭よ。


ただ複勝率に目をやると、前走で大敗した馬の巻き返しにも十分期待できるから、扱いには注意してちょうだい。


次は、脚質別成績を紹介するわ。

脚質別成績
脚質別成績表

先行馬の成績がかなり良いわね!

マクリで馬券になった馬についても考慮すると、このレースで馬券圏内に入るには、第4コーナー時点で好位置につけていることが重要だと言えるわ。

とはいえ今回は前に出たがる馬が多いから、他のデータも見ながら判断していきましょう。


さて、ここでは穴を探すために、後方で競馬をして馬券に絡んだ馬たちの共通点を探してみたんだけど…
該当する10頭は 平均3.7番人気 、そしてそのうち8頭が5番人気以内だったことがわかったわ。

つまりコウエイワンマンサイモントルナーレスーパーマックスのような、人気薄の差し・追い込み馬は買えないってこと。


次は、斤量別成績を見てちょうだい。

斤量別成績
斤量別成績表
※今回の出走馬と同じ斤量だけを取り上げているから、各列の合計は10頭にならないわよ。

55kg負担の馬の成績がいいわね!

今回該当するサトノクロニクルスーパーマックスムイトオブリガードはぜひ馬券に含めておきたいわ。


また、今回もっとも該当する馬の多い斤量56kg組に注目すると、過去10年で一度も勝っていないことがわかるわね。

今回かなり注目されているクリンチャー、ちょっと気を付けたほうがいいわ。


さあ、ここで現段階の注目馬を紹介するわよ!

注目馬①
アルバート(牡7
【前走:ステイヤーズステークス(G2)1番人気1着】

昨年末にステイヤーズステークス3連覇を果たした、長距離巧者アルバート

実は、今回レースが行われる阪神競馬場では一度も走ったことがないのよね。

阪神適性が未知数なところや、「3000mでも短い!」と言われるほどの極端な脚が気になるところだけど…。

前走の格や着順、マクリもできる脚質など、今日調べたデータを考慮するとなかなか切りにくいわ。

彼の扱いについては、金曜までかけてじっくり吟味していくわよ!

注目馬②
クリンチャー(牡4
【前走:京都記念(G2)4番人気1着】

武豊騎手と新コンビを組むことが報じられ、すでに相当の注目を集めているクリンチャー

武Jは1週前追い切りでも騎乗して、彼の乗りやすさを高く評価していたわね。

その時のタイムも、栗東のCWで6F78.3-12.8とかなりの好時計で、京都記念を制した2月から更に状態が上向いていることが伺えるわ。

データ上もおおむね好走材料が揃っている彼だけど…。
ただ一点、負担重量を考えると勝ち馬候補には推しにくいわ。

彼が馬券に絡んでくるのは間違いなさそうだけど、軸にするのは考え直したほうがいいわよ!


少点数で獲りたい今年の阪神大賞典
どんなに買い目を絞っても、この馬は押さえておいてちょうだい!


注目穴馬

サトノクロニクル(牡4
【前走:有馬記念(G1)11番人気9着】

昨年の長距離G1、菊花賞では10着と大敗しているサトノクロニクル。

その情報だけを見て「彼に長距離は向いていないんじゃないか?」と考える人もいるようだけど…。

当時はどろどろの不良馬場のおかげで第一コーナーから大きくノメっていたし、本調子でなかったことは明らかよね。

彼は今回調べたデータにかなりよく合致しているし、なにより重賞初勝利を本走と同じ阪神で挙げているから、コース適性も大いに期待できるわ。

距離への不安で人気を落としてくれれば、ますます美味しくなるわね!




的中実績


 
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る