今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

阪神大賞典2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 阪神大賞典 最終予想

阪神大賞典の最終予想をするわよ!

先週の金鯱賞では、最先着したギベオンを含め、馬券内3頭を的中させたウチの予想。

欠かさず読んでくれているみんなに、近年稀に見る高配当を届けられたみたいで嬉しいわ!

この調子で今週も大穴を狙っていくから、楽しみにしていてちょうだい!

さて、今年の阪神大賞典、アリストテレスに人気が集中しているわね。

月曜日に伝えた通り、たしかに1番人気の信頼度はかなり高いけど、昨年は彼と同じくらい人気したキセキが飛ぶ波乱もあったし、決して油断はできないわよ。

今回、引き続きデータを使って各馬を調べ上げたところ、実績から軽視されているアノ伏兵に思わぬ好材料が見つかったの。

ここ10年なかった6桁配当に期待できそうだから、ぜひウチの予想印をチェックして的中させてちょうだい!

注目の穴馬候補は、ページの最後で紹介しているわよ。

さっそく、確定した枠順を確認していきましょう!

2021年 阪神大賞典 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 タイセイモナーク 牡5 56.0 小崎綾也 西村真幸 栗東
2 2 タイセイトレイル 牡6 56.0 岩田康誠 矢作芳人 栗東
3 3 シロニイ 牡7 56.0 松若風馬 池江泰寿 栗東
4 4 メイショウテンゲン 牡5 56.0 酒井学 池添兼雄 栗東
5 ナムラドノヴァン 牡6 56.0 内田博幸 杉山晴紀 栗東
5 6 ディープボンド 牡4 56.0 和田竜二 大久保龍 栗東
7 アドマイヤジャスタ 牡5 56.0 斎藤新 須貝尚介 栗東
6 8 ショウリュウイクゾ 牡5 57.0 団野大成 佐々木晶 栗東
9 アリストテレス 牡4 56.0 ルメール 音無秀孝 栗東
7 10 ユーキャンスマイル 牡6 57.0 藤岡佑介 友道康夫 栗東
11 ツーエムアロンソ 牡5 56.0 松田大作 本田優 栗東
8 12 ダンスディライト 牡5 56.0 福永祐一 松永幹夫 栗東
13 ゴースト セン5 56.0 鮫島克駿 橋口慎介 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
前走G2組のなかでも日経新春杯を使った馬が好調
3勝クラスで馬券になった馬なら買える

■前走着順別成績
前走で3着以内だった馬が馬券の中心
前走がG2以上なら巻き返しもある

■レース当日人気別成績
1番人気は素直に買っていい
穴馬は重賞で馬券経験のある馬から選ぶ

■年齢別成績
4歳馬が優勢
今年の高齢馬は好走条件にそぐわない

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年分のデータを基に阪神大賞典の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2021年 阪神大賞典 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
2 0 2 6 20.0% 20.0% 40.0%
0 2 2 6 0% 20.0% 40.0%
1 1 1 8 9.1% 18.2% 27.3%
0 1 1 9 0% 9.1% 18.2%
0 0 1 11 0% 0% 8.3%
1 4 2 8 6.7% 33.3% 46.7%
2 0 1 14 11.8% 11.8% 17.6%
4 2 0 14 20.0% 30.0% 30.0%

外側に近いほど好走する、という傾向が見られるわね。

なかでも大外8枠はよく勝ち馬が出ていて注目すべきだけど、さらに見逃せないのが6枠
直近3年で4頭がここから馬券になっているのに加え、その大半が人気馬なのよね。

1番人気筆頭のアリストテレスと、ショウリュウイクゾは絶好の枠からスタートできるわよ。

一方、あまり成績が芳しくない内枠だけど…。
1枠だけは、なぜか好調。

ここからは2019年に当時10番人気だったロードヴァンドールが3着になった例もあって、回収率は単勝・複勝ともに100%を超えているわ。

ちょっと奇妙なデータではあるけど、今回1枠に入ったタイセイモナークは警戒しておきたいわね。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

2021年 阪神大賞典 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 1 3 0 11 6.7% 26.7% 26.7%
460~479kg 1 4 1 13 5.3% 26.3% 31.6%
480~499kg 1 2 7 22 3.1% 9.4% 31.3%
500~519kg 7 0 1 17 28.0% 28.0% 32.0%
520kg以上 0 1 1 12 0% 7.1% 14.3%

500~519kgだった馬が、図抜けた勝率を残しているわね。

ここから勝った7頭について調べてみたら、いずれも前走の格がG2以上だった、という共通点があったわ。

前走時の馬体重を参考にすると、
ユーキャンスマイル
ショウリュウイクゾ
ダンスディライト

の3頭がこの範囲に該当することになるわよ。

さて、断トツ人気のアリストテレスだけど、460~479kgに当てはまりそう。

阪神大賞典は小柄だからといって勝てないレースではないようだし、複勝率を見る限り好走傾向の範囲内

少なくとも、不利になることはなさそうね。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!

2021年 阪神大賞典 注目馬①

アリストテレス(牡4)
【前走:アメリカジョッキークラブカップ(G2)1番人気1着】

本走における本命は、やはりアリストテレス以外にいないわ!

月曜日の検証では、まさに欠点が見つからなかった彼。

今回枠も絶好のところに入ってくれたし、馬体重も十分好走範囲内とあって、安心して買ってよさそうね。

彼は調教についても順調で、栗東のCWで行われた最終追い切りでは【82.9-66.0-51.7-38.0-12.3】の時計を記録。

かなり強めの寮馬相手に馬なりで軽々先着するなど、状態のよさは継続している印象だったわ。

菊花賞からの強烈なインパクトで、単勝はほぼ元払いになりそうな彼。

それでも今回に関しては、軸に据えるだけの価値がある1頭よ!

2021年 阪神大賞典 注目馬②

ショウリュウイクゾ(牡5)
【前走:日経新春杯(G2)7番人気1着】

アリストテレスの対抗馬になり得るのが、ショウリュウイクゾよ。

馬体重に関してはアリストテレスよりも好走傾向にあるし、枠を含め月曜からの検証でもかなりの好データに該当しているのよね。

今回が初の長距離レースになる彼だけど、今回の舞台である阪神では5戦中3戦で馬券になっているなどなかなかの好相性。

昨年は同じようなキャリアのトーセンカンビーナが連対しているし、過剰な心配はいらなそうよ。

そんなショウリュウイクゾの最終追い切りは、栗東の坂路で【51.1-37.5-24.3-12.1】の時計。
終いは波乱を演じた前走時より早い時計が出ていたし、状態については問題なし、って感じよ。

上位2頭が人気を吸っているおかげで、10倍程度のオッズが見込めそうな彼。
コスパ面でもかなり狙い目ね!

2021年 阪神大賞典 注目馬③

ダンスディライト(牡5)
【前走:京都記念(G2)4番人気6着】

好走気配十分の1頭として警戒したいのが、ダンスディライトよ。

前走の京都記念では重賞初参戦ながら、強力なメンバー相手に6着と上々の走りを見せた彼。

本走においてG2組が強いのは伝えた通りだし、枠や馬体重も絶好の範囲内にある今回は十分上位が狙える存在よ。

そうそう、今回ダンスディライトには福永祐一Jが騎乗するんだけど、実はこのコンビ、阪神ではこれまでに4戦して3勝を挙げているの。

本コースとは人馬ともに抜群の相性だし、そういった面で思わぬ一駆けがあってもおかしくないわよ。

そんなダンスディライトの最終追い切りは、栗東CWで【83.8-68.0-53.0-39.3-12.4】の時計。
1週間前もそこそこ走れていたけど、今回はさらに早い時計で良化傾向にあるし、準備は万端、って感じだったわ。

今回オッズは、20~30倍程度に落ち着きそうな彼。
後押しする好材料も多いし、強気で狙っていきたい穴候補よ!

2021年 阪神大賞典 注目馬④

タイセイトレイル(牡6)
【前走:ダイヤモンドステークス(G3)9番人気8着】

長距離のキャリアでは本走で一二を争う、タイセイトレイル

このレースと同距離だった前々走の万葉Sでは、しっかりと馬券を確保しているし、距離適性の面では優勢な存在と言えるわ。

今回6番人気以降もあり得る彼だけど、人気薄から馬券になる条件の「重賞で3着以内がある」に唯一該当しているし、目立たないながらも月曜から好データにはよく当てはまっていた1頭。

本走においてここ10年で4勝の実績がある岩田康誠Jが鞍上に決まり、データ面でも気配は十分ね。

そんなタイセイトレイルの最終追い切りは、栗東の坂路で【52.4-38.4-25.2-12.9】の時計。
ここのところかなりコンスタントに使われている彼だけど、年末に好走した時と同じような時計が出ているし、疲れを感じさせない動きは好印象だったわ。

高配当を狙うなら、彼を切ろうなんて考えないことね!

例年、堅く決着しがちな阪神大賞典だけど…
今年はキャリア十分なアノ伏兵が、波乱の展開を巻き起こすわよ!

2021年 阪神大賞典 注目穴馬

タイセイモナーク(牡5)
【前走:松籟ステークス(3勝クラス)11番人気2着】

本走における注目穴馬に推したいのが、タイセイモナークよ!

月曜日の検証から上位陣に引けを取らない好データに該当していた彼だけど、今回好調1枠に決まってくれたことで、さらに買いやすくなったわね。

何度か伝えたように、阪神大賞典は前走の結果がそのまま着順に影響しやすいレース
本走が昇格戦になるタイセイモナークだけど、昨年のトーセンカンビーナを含め同じようなローテーションの馬が何度か馬券になっているし、重賞馬を蹴散らすようなことがあっても不思議はないわよ。

そんなタイセイモナークの最終追い切りは、栗東の坂路を【54.0-39.0-25.3-12.6】の時計。
そこそこな時計ながら動きは軽快で、いかにも状態はよさそうだったわ。

これほどのデータが揃いながら、今のところ最下位人気を争っている彼。

金鯱賞のギベオンに続く、かなりおいしい穴馬になりそうね!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次