ユニコーンステークス

東京11Rユニコーンステークス(GⅢ・ダート1600m)
◎4 リエノテソーロ
○15 サンライズソア
▲5 サヴィ
☆7 アンティノウス
△2 ハルクンノテソーロ
レースの見どころ
3歳のダート重賞、ユニコーンステークスの情報が揃ったわ!

上位人気になりそうだったアディラートの出走回避により、今年は2番人気以下が混戦する模様…。

例年ほど簡単にはいかなさそうね。

スタンスは月曜から変わらず、リエノテソーロからどう流すか!

3着が紐荒れ傾向にあるレースだけど、しっかり予想できたわよ。

今回は三連単フォーメーションを3点支持したから、ぜひ馬券の参考にしてちょうだい。


まずは、確定した枠順をみてもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11シゲルコング牡356.0木幡巧也松永康利美浦
12ハルクンノテソーロ牡356.0田辺裕信高木登美浦
23ブルベアバブーン牡356.0酒井学藤沢則雄栗東
24リエノテソーロ牝354.0内田博幸武井亮美浦
35サヴィ牡356.0藤岡佑介中内田充栗東
36ラユロット牝354.0杉原誠人藤沢和雄美浦
47アンティノウス牡356.0ルメール国枝栄美浦
48サンライズノヴァ牡356.0戸崎圭太音無秀孝栗東
59シゲルベンガルトラ牡356.0横山典弘服部利之栗東
510サンオークランド牡356.0北村宏司角居勝彦栗東
611タガノカトレア牝354.0菱田裕二岡田稲男栗東
612テイエムヒッタマゲ牡356.0田中健福島信晴栗東
713ウォーターマーズ牡356.0高倉稜岡田稲男栗東
714トロピカルスパート牝354.0丸田恭介高橋文雅美浦
815サンライズソア牡356.0岩崎翼河内洋栗東
816トラネコ牡356.0吉田豊堀井雅広美浦

過去10年、6枠が4勝しているんだけど、馬券にはどの枠も満遍なく絡んでいるから、枠によるマイナスは考えなくて良さそうよ。

予想に入る前に、月曜日のデータをおさらいするわね。

■前走着順別成績
前走の連対馬を中心に馬券を組み立てればOK。
穴馬には前走6着以下だった馬で、それなりの理由がある馬を!

■前走クラス別成績
前走OP特別・地方・海外組をベースに!
条件戦組は、当日上位人気になる馬がいれば相手に入れる。

■前走人気別成績
勝ち馬は前走5番人気以内から!
2着3着では前走6番人気以下の馬が馬券に絡む確率が高い。

というものだったわね。

それじゃ過去10年分のデータを使って、さらにユニコーンステークスを深堀するわ!
※2013年は3着が同着だったから、一部合計が11頭になるデータがあるわ

1着はリエノテソーロと決めているから、2着~3着を絞り込んでいくわね。


まずは、当日の人気別成績よ。
当日人気別成績
人気別成績

2着馬は当日の3番人気以内が中心、今年で言うと2~3番人気はサンライズソアサンライズノヴァになるわね。

前走を見ても、2着馬は上記2頭を中心に考えて良いわ

気になるのは3着馬よ。
過去10年で6番人気以下から7頭が馬券に絡んでいるの!

早速、共通点がないか探してみたわ。

■当日6番人気以下で3着となった馬の共通点
※2013年は同着のため2頭いるわよ

2014年 7番人気 3着
バンズーム(前走3着)

2013年 8番人気 3着
サウンドトゥルー(前走1着)

2013年 11番人気 3着
ケイアイレオーネ(前走10着)

2012年 8番人気 3着
タイセイシュバリエ(前走4着)

2010年 6番人気 3着
サンライズクォリア(前走2着)

2008年 6番人気 3着
アポロドルチェ(前走11着)

2007年 7番人気 3着
ナムラジョンブル(前走1着)

前走芝を走っていたアポロドルチェに関しては、月曜記事で「初めてのダートではあったけどG1に出走できるレベルであれば、未成熟の3歳馬でも通用する」と紹介したのを覚えているかしら。

そのアポロドルチェ以外の6頭で、前走の着順よりも、当日の人気の方が低いという共通点が見つかったわ!

ユニコーンステークスは、たった2つしかない3歳のダート重賞。

中央競馬で2歳のダート重賞はないから、前走が重賞だった馬は芝だったということ。

つまり、前走にダートを走っていた馬は、格に差のないレースを走っていたということなのよ!

それなのに前走の結果よりも低い人気になるというのは、前走の持ちタイムを軸に今回の人気が決められているということ!

実際の力は上位なのに、低い支持をされた馬が穴馬として3着に好走していただけってことなの!

今年そんな穴馬になりそうな馬は…

6番人気予想:
アンティノウス(前走1
着)

7番人気予想:
ラユロット(前走1
着)

8番人気予想:
サヴィ(前走1
着)

9番人気予想:
ウォーターマーズ(前走3
着)


4頭とも前走の結果よりも人気が下回っているわね。

月曜日記事を含めて、これだけで十分な気もするけど…


キャリア数別成績も見てもらうわ!

キャリア別成績
年齢別成績

馬券の中心は、キャリア4戦~8戦の馬。

それ以外で馬券に絡んだのはわずか2頭、どんな馬だったのか調べてみたわ。

キャリア3戦で馬券に絡んだのは、2009年2番人気2着のグロリアスノア

前走の条件戦で2番人気に支持され、2着に3.5馬身の差を付けた実績があったの。

今度はキャリア9戦で馬券に絡んだ、2009年3番人気3着のカネトシコウショウ

前走のヒヤシンスステークス(OP)を7番人気1着、ゴール前で1番人気2番人気の馬を差し切った競馬をした馬よ。

ともに2009年のデータとなったけど、基本的に前走でそれなりの走りをした馬。

前走それなりの競馬が出来なかったキャリア3戦以下 or キャリア9戦以上は厳しいということね。

今年これに該当するのが、

サンオークランド
(キャリア3戦)

サヴィ
(キャリア2戦)

シゲルコング
(キャリア11戦)

シゲルベンガルトラ
(キャリア13戦)

トラネコ
(キャリア12戦)

トロピカルスパート
(キャリア9戦)

ブルベアバブーン
(キャリア10戦)


上位人気にはならなそうだけど、2戦2勝のサヴィが気になるわ!

残りの馬はバッサリ切るわね!


以上のデータを基に、ユニコーンステークスの印を紹介するわ!

そして三連単フォーメーションを3点で指示するわよ!

◎⇒〇⇒▲△☆

◎リエノテソーロ

○サンライズソア

▲ハルクンノテソーロ

△アンティノウス

サヴィ


それじゃ、一頭ずつ紹介していくわ。

本命
リエノテソーロ
【前走:NHKマイルカップ(G1)2着(13番人気)】

予想通り、抜けた1番人気になりそうね。

芝でもダートでも結果を出せることを前走で証明したけど、この先は芝が中心になると思うの。

出走できる重賞があるなら!
という感じで今回出てきたと思うんだけど、面子的に考えても力は数枚上手!

一番強い馬が必ず勝つというわけでは無いけど、馬券に絡まないなんて想像できないわ!

枠に良し悪しは無いって伝えたけど、先行する馬には内枠を嫌がる理由はないわよね。

単勝2倍ならば大金突っ込んでも◎、3走前・4走前のようにぶっちぎりの結果になると思うわよ!


対抗
サンライズソア
【前走:青竜ステークス (OP)1着(7番人気)】

この馬もリエノテソーロ同様、月曜日記事から変わらず2番手評価!

前走は大外枠からの出走で、スタート直後内枠の馬が邪魔だったけど最後まで自分のレースをしたわね。

あれだけ邪魔されたら直線でダレそうだけど、しっかり最後まで伸びたのは高評価!

逃げたシゲルベンガルトラも3着まで粘ったけど、不利を考えるとその差はもっと大きなものだと感じるわ。

今回も外枠だけど、力でいえばリエノテソーロの2番手は揺るがないわよ!

オッズ次第で、馬単1点勝負もアリね!


単穴
ハルクンノテソーロ
【前走:青竜ステークス (OP)2着(8番人気)】

3番手で紹介するのはハルクンノテソーロ

リエノテソーロと同じ馬主さんが所有する馬で、ワンツーフィニッシュを決めたいと思っているはずよ。

前走は、対抗で紹介しているサンライズソアの2着

最速の脚を使って追い込んだけど、1馬身以上の差が付けられてしまったわね。

先行勢が多い今回、枠次第では不利になると思ったけど内枠が取れたなら話は別。

前がゴチャゴチャするであろうこのレース、内を回れるならばマイナスになることはないと思うわ!

データ的にも、前走連対・前走6番人気以下の台頭と、まずまずよね。

当日の人気は、上位人気の回避を理由に4番人気程度になるとは思うけど、直線では前が壁になることなく良い脚を使えるはずよ!


連下
アンティノウス
【前走:3歳500万下 (500万下)1着(5番人気)】

過去の条件戦組で馬券に絡んでいたのは、当日の上位人気と前走それなりの競馬をした馬だというデータを紹介したわね。

直近の2連勝では、それなり以上の走りが出来ていると思うわ!

前々走では最終コーナーを前に動き出し、前走は最後の直線で突き放す競馬ができ、条件戦では力が抜けていることを証明してくれたわね。

この馬も4枠、ロスなく前で走れそうよ。

ハルクンノテソーロの方が優勢だとは思うけど、ルメール騎手というのにも注意したいところ。

6番人気~9番人気の3着の数をみても押さえておきたい一頭よ!


堅め決着傾向のユニコーンステークス
3着の紐荒れに期待するならこの馬がベスト!
三連単フォーメーションの相手に選んだ馬とは?!



注目穴馬

サヴィ
【前走:3歳500万下 (500万下)1着(7番人気)】

こちらもアンティノウス同様、前走条件戦上がりの馬

初戦となる2月の新馬戦だけでは判断できなかったけど、前走の条件戦で他の馬とは格が違うことを証明できたわね!

スタートを出遅れて後方からの競馬になったけど、ハイペースの中じっくり仕掛けるタイミングを作れたわ。

最後の直線、前が壁になったところも騎手が冷静に判断し、外に出して2馬身差を付けて勝利

出遅れ×ハイペースということで運が味方したという見方もあるけど、最後のあの脚は本物!

今回は先行馬が多いから、最後の直線では差し馬の見せ場があるはず!

前走のような手綱さばきが出来れば、誰もが驚く脚を見せてくれると思うわ!

これまで2戦しかしていないけど、十分に期待して良い馬よ!




2017年的中実績


うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る