レース回顧

東京11R東京スポーツ杯2歳ステークス予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 6 6 ブレスジャーニー
2着 8 9 スワーヴリチャード
3着 1 1 ムーヴザワールド
4着 3 3 キングズラッシュ
5着 5 5 トラスト


払い戻し・配当
単勝 6 320円
複勝 6 110円
9 170
1 120
枠連 6—8 950
馬連 69 1,470
ワイド 69 380
16 200
19 330
馬単 69 2,390
3連複 169 1,100
3連単 691 8,270


当サイト予想印
枠番 馬番 着順 馬名
8 9 2 スワーヴリチャード
6 6 1 ブレスジャーニー
7 7 6 ジュンヴァリアス
2 2 7 ショワドゥロワ
1 1 3 ムーヴザワールド
3 3 4 キングズラッシュ
 
<東京スポーツ杯2歳ステークスの予想記事>
 東京スポーツ杯2歳ステークス 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ


エビコの結果報告
土曜日に東京競馬場で行われた東京スポーツ杯2歳ステークスの回顧をしていくわ!

過去の勝ち馬から、じつに9頭ものG1馬が出ているまさに“クラシックの登竜門”の名に相応しいレースだという事は、直前予想でもお伝えしたけど、今年も楽しみな馬が勝ちあがったわね。

早速レース回顧をしていくわ!

まず大前提として、この日は朝から小雨が降り続くあいにくの空模様。

この天候は午後に入っても続き、レースが行われた時点の馬場状態は「稍重」。

世界一水はけの良い競馬場と言われる東京競馬場だけど、雨の日の芝コースのトラックバイアスは極端で、“雨が降っていると外が伸びる”

逆に“雨がやんで馬場が乾きはじめるとうちが伸びる”

この日は外が伸びる馬場状態だったわ。

勝ったのは柴田善臣騎手騎乗の2番人気ブレスジャーニー

少頭数で平均ペースの流れを後方4番手で追走、直線に向かう段階でもまだ後方の位置取り。

直線に向いても焦る事無く、ゆっくりと位置取りを大外へ。

馬場の良い外に出して追い始めたら…

前を走る馬めがけて首をグイッと下げて猛然!

追い込んでくる姿は一流馬のソレだったわ!!
ちょっとグラスワンダーを思い出したわ。

直線、左手前で走っている時間が長かったけど、右手前に変わってからまっすぐ走った最後の100mぐらいは、若駒ばなれした素晴らしい末脚だったわ。

血統は地味なので、成長力に疑問はつくけど・・・

今後も楽しみな馬には変わりないわね。


2着は、四位騎手騎乗の4番人気スワーヴリチャード

スタートはちょっと出遅れ気味、道中も最後方付近を追走する形に。

四位騎手も腹を決めたように焦っていなかったわね。

直線ではまっすぐに伸びて上りは最速の33.6秒。

ハーツクライ産駒だから晩成型のイメージが強く、完成した姿が楽しみな1頭ね。


3着はC.ルメール騎手騎乗の1番人気ムーヴザワールド

この馬も上位2頭と同じく後方からの競馬。

直線では上位3頭の中では最内の進路を選択、進路の差が着順の差に表れた感じだわ。

直線で馬体を併せて叩き合っていたら結果は違っていたかもと思わせる内容で、この馬もやっぱり強いわ!

血統的にもタッチングスピーチの全弟にあたる良血で、ディープインパクト産駒。

この先も要注目の1頭ね。

10頭と少頭数の競馬だった割には終わってみれば粒ぞろいの一戦だったわ!

現時点で抜けているのは上位の3頭。

次走、どのレースを選択してきても勝ち負けは必至じゃないかしら。


今年の東京スポーツ杯2歳ステークスも“クラシックの登竜門”に相応しいレースになったわ!
過去の提供情報
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る