東京スポーツ杯2歳ステークス

東京11R東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ・芝1800m)
◎1 マイネルラフレシア
○4 ロスカボス
▲9 プロディガルサン
△2 アグレアーブル
今週は今年最後の3日間開催になっています。
暮れのG1朝日杯フューチュリティステークスや来年のクラシックを占う上で重要なレースである、東京スポーツ杯2歳ステークスが東京競馬場で行われます。

それでは、東京スポーツ杯2歳ステークスの予想をご覧下さい。
まず、出走馬の枠順を見てみましょう。

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11マイネルラフレシア牡255.0柴田大知高橋裕美浦
22アグレアーブル牝254.0岩田康誠斎藤誠美浦
33ハレルヤボーイ牡255.0横山典弘田村康仁美浦
44ロスカボス牡255.0M.デム高野友和栗東
55ダイワリアクション牡255.0北村宏司鹿戸雄一美浦
66キラージョー牡255.0藤岡康太藤岡健一栗東
67カミノライデン牡255.0柴山雄一高市圭二美浦
78レインボーライン牡255.0蛯名正義浅見秀一栗東
79プロディガルサン牡255.0戸崎圭太国枝栄美浦
810スマートオーディン牡255.0武豊松田国英栗東
811タイセイサミット牡255.0ムーア矢作芳人栗東


頭数も頭数なので枠にはさほどこだわらなくてもいいでしょう。
2歳戦故にデータ量はさほど多くはありませんが、共通項などは見えてくるのでその辺りのデータを出しながら予想を行っていきます。

では、馬番順別のデータを見てみましょう。
このデータは東京スポーツ杯2歳ステークスの10年分のデータになります。
 1番:(3-0-1)
 2番:(2-2-0)

 3番:(0-0-0)
 4番:(1-0-1)
 5番:(1-0-0)
 6番:(0-1-2)
 7番:(0-0-0)
 8番:(0-1-1)
 9番:(0-0-2)
10番:(0-0-2)
11番:(1-0-1)
12番:(0-1-0)
13番:(1-0-0)
14番:(1-1-0)
15番:(0-3-0)
16番:(0-1-0)
17番:(0-0-0)
18番:(0-0-0)
過去10年分の馬番順の成績を出しましたが、今年は11頭立てと少ないのでそこまで参考になるかは分かりませんが、データ上だと1番と2番で50%という高い勝率を誇っています。
連対率でも圧倒的に1番と2番が数字上では抜きん出ているのが分かります。
今年は、1番がマイネルラフレシア、2番がアグレアーブルとこの2頭は要注意かもしれません。

では、次のデータを見てみましょう。
前走のレース別成績になります。
新馬:(6-0-2)
未勝利(1-2-5)
いちょうS(1-2-2)
萩S(1-1-0)
野路菊S(0-0-0)
芙蓉S(1-0-1)
アイビーS(0-0-0)
勝率、連対率で60%を誇るのが新馬戦からの直行組です。
新馬戦からここに参戦し勝った馬の共通点として、6頭の馬が全て新馬戦で3番人気以内に支持をされていると言う事です。

新馬戦である程度の評価を得ていないとここで勝ち負けするのは厳しいと言うのが分かります。
今回のメンバーで新馬戦から勝った馬は、アグレアーブルとキラージョーの2頭ですがキラージョーは新馬戦で7番人気と割と低評価で勝っての参戦なので、データ上ではここはバッサリ切っても良いようです。

どこまで参考になるかわかりませんが、前走の脚質と上がり3ハロン順位のデータです。
まずは脚質データからです。
逃げ(1-1-1)
先行(7-4-3)
中団(2-4-5)
後方(0-1-1)
まくり(0-0-0)
前走で先団から中団に位置していた馬の勝率がいいのが分かります。
しかし、逃げも連対率は21%あるのですっぱりと切るのは禁物かもしれません。

次に、前走上がり3ハロン順位別データです。
1位(4-4-6)
2位(5-3-4)

3位(0-0-0)
4位以下(1-2-0)※5位までのデータ。6位以下は全て馬券圏外。
面白いんですよ。
前走の上がり3ハロンに関しては1番早い馬より2番目に早い馬の方が勝率・連対率共に1位の馬を上回っています。
人気どころでは、キラージョーとスマートオーディンが前走で上がり2位をマークしています。
が、2頭とも前走データに不安があるので取捨に迷いますね。

では、最後に軽く東京1800mの種牡馬の成績を載せます。
1位は断トツでディープインパクトです。
複勝率は40%弱あり2位のキングカメハメハに大きく差を付けています。
ディープインパクト、キングカメハメハはもちろんですが是非注目して欲しいのがダイワメジャーです。
連対率はディープインパクトに次ぐ2位で21%を誇ります。

今回はタイセイサミットが出走していますが果たしてどうでしょうか。

それでは、月曜日にも出したデータも参考した上で私の予想を発表します。
皆さんの予想にもお役立てください。

◎・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○ロスカボス

▲プロディガルサン

△アグレアーブル

としました。
本命馬は後程お話します。

では、ロスカボスから簡単にお話しします。
叔父に菊花賞、有馬記念、天皇賞(春)を制したマンハッタンカフェがいるキングカメハメハ産駒。
新馬戦は大きく立ち遅れ後方からの競馬を、道中じわじわ脚を使いながらポジションを上げ最後の直線では外からアストラエンブレムが迫るとギアを一段階上げて伸びを見せ完勝でした。
前走の野路菊ステークスでは伸びあがるようにスタートしまたもや後方からの競馬になってしまいましたが、直線では馬場の真ん中を突こうと思ったら前に壁が出来、そこからさらに大外に馬を持ち出して上りは1頭だけ34秒台の上がりを繰り出し差し切り勝ち。
ゲート難はあるものの、秘めたるポテンシャルはG1級で間違いないでしょう。
さすがに、重賞ともなれば出遅れて勝てる程簡単ではないので課題のゲートをどう出るかでしょう。
ゲートさえ五分ならば連は堅いのではないでしょうか。

次に、2連勝中のプロディガルサン
新馬戦はムチを使うことなく勝利し大気の片鱗を見せました。
休みを挟み芙蓉ステークスから復帰し、逃げ馬と捉えに行く2着馬と一緒に動き出し勝ちパターンに持ち込んだ2着馬をきっちり捉えて勝利。
着差は半馬身ですがそのレースの中身は濃いように感じました。
お兄さんのリアルスティールよりもポテンシャルは高いかなと思います。
しかし、今回が本当の試金石になるでしょう。
関東のエースになるにはここは是が非でも勝っておきたい1戦です。

さぁ、紅一点のアグレアーブルです。
牝馬ながら果敢にもここに挑戦してきました。
まだキャリアは1戦ですが、新馬戦ではイン大好きの岩田騎手が終始外々を回らせ4コーナー手前から動き出し坂を上ってからは牡馬との叩き合いを制し完勝でした。
直線では2着馬に接触をしたにも関わらず叩き合いを制し、勝負根性があるところを見せました。
上がりも1頭だけ33秒台とこのメンバーに入っても引けは取りません。
これまで牝馬の勝ちはありませんが、この馬なら期待できるかもしれませんね。

ではここで、是非押さえておきたい、
誰も気が付かなかった注目の本命穴馬を紹介します。


登録がまだの方はメールアドレス(フリーメールアドレスで大丈夫です)のみで無料登録頂けると、ねらい目の穴馬を見ることが出来ますよ!
ではズバリ、その穴馬とは・・・


マイネルラフレシア』です。
父ジャングルポケット、母父ダンスインザダークといかにも長い距離が合いそうな血統故に1800mは若干短い印象を受けますし、レースでもまだ左右にフラフラしながら走るので子供っぽさは拭えません。
しかし、そのレース振りはしっかりしたものだと思います。
馬体重が430㎏と決して大きな馬ではありませんが、追われてからの伸びはしっかりしてますし走りに力強さを感じます。
特に前走のアイビーステークスは、直線では狭い所を抜けようとし左右から馬体を当てられたにも関わらず怯むことなく抜け出し着差は僅かクビですが着差以上の強さを感じました。

母系を辿ればバブルガムフェローやザッツザプレンティなど中長距離のG1で活躍した血統です。
なぜか地味さは拭えませんが、ここでも間違いなく勝負になる馬です。

と、今回は頭数が少ないので4頭にしました。。
この時期の重賞はクラシック候補と言われる馬が出てくるのであんまり荒れる事は考えにくいです。
ただ、現状でマイネルラフレシアのこのオッズなら単勝で狙っても面白そうです。

さぁ。今週末はジャパンカップが行われます。
ジャパンカップの展望も月曜に載せるのでお楽しみに。
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る