東京新聞杯

東京11R東京新聞杯(GⅢ・芝1600m)
◎9 ロイカバード
○3 マイネルアウラート
▲7 エアスピネル
☆6 ブラックムーン
△2 ブラックスピネル
△5 プロディガルサン
レースの見どころ
春の古馬マイル王決定戦『安田記念(G1)』と同じ舞台で行われる一戦で、今後のマイル路線を展望する意味で注目度が高いレースよね。
 
荒れるから、個人的にもかなり注目しているわ!

過去10年でも1番人気の馬の成績が著しく悪く、伏兵の台頭が毎年目立つレースなのよね。
 
今年はエアスピネルが圧倒的な支持を集めそうだけど、過去の傾向からは絶対視は危険!

詳しくは後述するけど、エアスピネルを◎にするつもりは全くないわ!!
 
 
それじゃ、今年の出走馬を見ていくわよ!

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ダイワリベラル牡656.0北村宏司菊沢隆徳美浦
22ブラックスピネル牡456.0M.デム音無秀孝栗東
33マイネルアウラート牡657.0柴田大知高橋裕美浦
44ストーミーシー牡456.0江田照男斎藤誠美浦
55プロディガルサン牡456.0田辺裕信国枝栄美浦
66ブラックムーン牡556.0内田博幸西浦勝一栗東
77エアスピネル牡457.0武豊笹田和秀栗東
78タガノブルグ牡656.0吉田隼人鮫島一歩栗東
89ロイカバード牡456.0横山典弘松永幹夫栗東
810ヤングマンパワー牡557.0戸崎圭太手塚貴久美浦

予想に入る前にまず、月曜日に出したデータをまとめるわ。
 
【前走クラス別成績】
格が高いレースより、G3組、オープン特別組が好走
 
【前走着順別成績】
勝ち馬のほとんどが前走掲示板内
 
【前走人気別成績】
前走1番人気は過去10年間で未勝利
 
 
それじゃ、ここからは新しいデータを使って予想していくわ。
 
以下のデータは、東京新聞杯過去10年分のデータになるわ。


まずは、当日の人気別成績

レース当日 人気別成績
人気

ハンデ重賞でもないのに上位人気馬の勝率は低いわね!

過去10年の連対馬の過半数を5番人気以下の馬が占めているレースなんて、そうそうお目にかかれないわよ…
 
上位人気に支持された馬の成績が良くないのは、「年明けの始動戦で使われる事」「目標はもっと先だから万全ではない」というのが理由よ。
 
その他にも「厳寒期」だったり、「Dコース特有のトラックバイアス」だったりと言った理由はあるけど、ここを本番にしている馬を優先した方がよさそうよ!
 
このレースでは、“上位人気馬だから信じれる”というのは危ないわ。


次に、脚質別成績

脚質別成績
脚質

逃げ馬の勝率が10%程度と、逃げ切りが難しい東京の芝1600m。

でも逃げ馬と先行馬の好成績は、このレースには荒れる要素があるってことのようね。
 
先にも触れたけど、Dコース・開幕間もない開催が影響してそう!

“前々で運べて、マークが薄そうな馬”が狙い目ね。

【先行】
・エアスピネル
・ヤングマンパワー
・マイネルアウラート
 
【差し】
・ブラックスピネル
・プロディガルサン
・ロイカバード
・ブラックムーン
・ダイワリベラル
 
【追い込み】
・タガノブルグ
・ストーミーシー
 
 
最後は年齢別成績

年齢別成績
年齢

これは分かりやすいわね。
 
7歳以上馬は用なしのスタンスでOK!
とは言っても今年は4~6歳馬の出走しかないから、全馬にチャンスはあるという事ね。

【4歳】
・エアスピネル
・ストーミーシー
・ブラックスピネル
・プロディガルサン
・ロイカバード
 
【5歳】
・ブラックムーン
・ヤングマンパワー
 
【6歳】
・ダイワリベラル
・タガノブルグ
・マイネルアウラート


それじゃ、ここまで出したデータをまとめるわ。
 
【前走クラス別成績】
格が高いレースより、G3組、オープン特別組が好走
 
【前走着順別成績】
勝ち馬のほとんどが前走掲示板内
 
【前走人気別成績】
前走1番人気は過去10年間で未勝利
 
【人気別成績】
上位人気馬は疑ってかかるのが正解
 
【脚質別成績】
前々で運べて、マークが薄そうな馬が狙い目
 
【年齢別成績】
今年は4歳~6歳の3世代の勝負


これらのデータと各馬のレース内容から私の印を発表するわ。

印は6頭紹介するけど、出走頭数が少ないから点数を絞って、◎⇒〇▲☆の馬連・馬単3点ずつで行くわ!

◎ロイカバード
 
○マイネルアウラート
 
▲エアスピネル
  
△ブラックスピネル
 
△プロディガルサン

ブラックムーン

それじゃ、1頭ずつ触れていくわ。

本命
ロイカバード(牡4)
【前走:元町ステークス(1600万下)1着(3番人気)】
 
まず良血ってイメージが先行する馬ね。
今回は横山典騎手が手綱をとるので、どんな競馬をするのか興味が尽きないわ。

先行させる競馬をするようなら残り目があっても驚けないしね。
 
東京のマイルも経験済みで問題なさそうですし、潜在能力も高いから展開ひとつってイメージね。
 
人気も高くなく、絶好の1頭よ!


対抗
マイネルアウラート(牡6)
【前走:ニューイヤーステークス 1着(7番人気)】
 
過去に穴をあけている馬と特徴が合致するわ。

前走がOP勝ちしているにも関わらず、今回も5~6番人気に落ち着きそうな感じが良いわね。
 
前々で競馬をするはずだし、マークはエアスピネルが背負ってくれるから気楽に行けるわね。
 
東京でも好走、33秒台の脚も持ってるから、このメンバー相手でも勝負になって不思議じゃないわ!


単穴
エアスピネル(牡4)
【前走:京都金杯(G3)1着(1番人気)】
 
マイルはここまで4戦して3勝、2着1回と適性距離なのは間違いないわね。

そもそも体系や血統背景からもそれは分かっていた事。

一連のパーフォーマンスや良血を理由に、適性外のクラシック路線で戦ってきた馬よね。
 
自分の庭に戻れば能力上位は明らか。
目標は先でも、恥ずかしい競馬をすることは無いと思うわ。
 
過去人気を裏切った馬とは格が違うと思うけど、馬券の事を考えると3着になってほしいわね。


連下
ブラックスピネル(牡4)
【前走:京都金杯(G3)2着(6番人気)】
 
特徴が掴みづらい馬よね。

でも、ここまで掲示板を外した事が1度しかないように安定感は抜群で、高い競走能力が証明されているわ。
 
前走エアスピネルに迫った脚は見どころ十分だったし、テン乗りのデムーロ騎手が思い切った騎乗をすれば際どい勝負になりそうね。


連下
プロディガルサン(牡4)
【前走:菊花賞(G1)11着(11番人気)】
 
リアルスティールの全弟という良血馬!

お兄さん同様、そんなに長い距離は合わないんじゃないかしらね。
 
だから前走の『菊花賞』は度外視。
2400mの『日本ダービー』や『青葉賞』も度外視するなら、この馬やっぱり相当に強い馬の可能性があるわ!


波乱の芽がたっぷりの東京新聞杯
小点数で厚めに張りたいレース!
エビコが目を付けた展開がハマる穴馬とは…



注目穴馬

ブラックムーン(牡5)
【前走:京都金杯(G3)9着(3番人気)】
 
キャピタルステークスの勝ちっぷりは、重賞と判断して間違いないわね。

前走の京都金杯は冴えなかったけど、寒い時期でちょっと太めだったのが原因。
 
今回は剛腕内田騎手がテン乗りになるけど、度胸があって思い切った競馬ができる騎手だし、腹を決めて脚を溜める競馬に徹すると思うわ。
 
となれば、終いは間違いなく伸びてくるから、最後は際どい勝負に持ち込めると思うわ!



2017年的中実績

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る