東京ジャンプステークス

東京8R東京ジャンプステークス(J・GⅢ・芝3110m)
◎11 オースミムーン
○04 メイショウヨウドウ
▲05 シャイニーブラック
△02 ビービーラッシュ
×07 ネオレボルーション

重賞にしては手薄と言わざるを得ないメンバー構成。ここでは9戦8連対の◎オースミムーンの実績が断然だろう。

前走の中山グランドジャンプでは初めて連対を外したワケだが、中山コース自体が初めてであったし、スピードが売りのタイプで、タフな中山コースは戦前から不安視されてもいた。アポロマーベリックという強敵がいたこともあり、負かしに行く競馬も応えて大きく崩れたが、これで評価を下げるのは早計。

今回は得意と思える東京コースに変わることに加え、距離短縮も好材料。天敵アポロマーベリックのいないこのメンバーなら首位は譲れないところだ。

メイショウヨウドウは重賞勝ちこそないが、好位からの安定した競馬でオープンクラスで大崩れのないタイプ。こちらもタフな競馬よりスピード勝負に強いのが売りで、東京替わり、距離短縮は魅力。連続障害が続き、最後の直線にも障害のあるこのコースは、直線は長いが案外好位で立ち回れタイプが強いレース。そういった意味からも信頼度は高い。

シャイニーブラックは7歳になるが、今年は特別戦でアポロマーベリックの2着に好走して、続くG1でも4着に善戦。ここへ来ての充実ぶりの目立つ1頭である。

障害馬は経験を積むことにより力をつけるタイプが多く、7歳馬とは言ってもまだまだ成長の見込める範疇。ここ2戦のレース内容は明らかに以前とは異なる内容で、軽く見ては痛い目にあう可能性がある。

ビービーラッシュは前走凄まじい捲り差しを披露。ここに比べると相手が楽だったことは否めないが、直線の短い福島コースで、3角9番手から一気に捲り、直線突き放した内容は秀逸だった。主戦山本康Jが「オープンのリズムに慣れてくれば、そのうちいい脚を使えるようになる」と期待して育てていた素質馬。五十嵐雄Jに乗り替わりとなって結果が出たのは皮肉だが、直線芝替わりがいい方に出て前走一変。今回も注意が必要である。

×ネオレボルーションはひと叩きされて目標のここへきた臨戦過程が好感。昨秋の東京ハイジャンプで3着なら、今回のメンバーなら当然マークしなければならない。

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る