函館スプリントステークス

函館11R函館スプリントステークス(GⅢ・芝1200m)
◎9 アクティブミノル
○1 レッツゴードンキ
▲3 シュウジ
☆5 エポワス
△13 アースソニック
△12 ティーハーフ
函館スプリントステークス予想
 
日曜日に函館競馬場で行われる函館スプリントステークスの予想をして行くわ。
月曜日にも書いたけど、この函館開幕から本格的な夏競馬の開幕ね!!
 
“夏競馬って盛り上がらなくない!?”
 
“G1馬がみんな夏休みだから面白くない…”
 
って声が夏になると良く聞こえてくるんだけど、夏競馬には夏競馬の魅力あるのよ!
今週のレースで早速体感してもらうけど、
 
それは・・・
“高配当が出やすいってこと。

やっぱり、ローカルの競馬場って小さい作りになっているから紛れが起こりやすいのよね。
つまり、力のある馬が力を出せずに負けて高配当がどーーーーーーんと出るの。
 
どう!?
これはこれで魅力的じゃない!?

当然、今までの予想をしていると、夏競馬の高配当を獲るのは難しくなるから、

穴馬専門のエビコ予想をしっかり活用してね!
 
私は夏競馬が好きだし、ローカル開催ではいつも以上に穴党の嗅覚が働くのよね。
だから、いつにも増して攻めの予想になるの!
その分、破壊力もあるからたまらないのよねぇ~!!
 
細かい話は後にするとして、まずは函館スプリントステークスの枠番を見てちょうだい!
 
競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11レッツゴードンキ牝454.0吉田隼人梅田智之栗東
12ヤマニンプチガトー牝754.0村田一誠木原一良栗東
23シュウジ牡352.0岩田康誠須貝尚介栗東
24オデュッセウス牡352.0戸崎圭太手塚貴久美浦
35エポワスセン856.0杉原誠人藤沢和雄美浦
36セイコーライコウ牡957.0柴田善臣竹内正洋美浦
47オメガヴェンデッタセン556.0武豊安田隆行栗東
48ティソーナ牡352.0柴山雄一藤沢和雄美浦
59アクティブミノル牡456.0藤岡康太北出成人栗東
510スカイキューティー牝654.0勝浦正樹斎藤誠美浦
611キャンディバローズ牝350.0菱田裕二矢作芳人栗東
612ティーハーフ牡656.0池添謙一西浦勝一栗東
713アースソニック牡756.0三浦皇成中竹和也栗東
714ローレルベローチェ牡556.0中井裕二飯田雄三栗東
815ファントムロードセン856.0藤岡佑介堀宣行美浦
816ソルヴェイグ牝350.0丸田恭介鮫島一歩栗東

今年のメンバーで気になるのは3歳馬ね。参戦がいつもの年よりも格段に多い。
しかも、この距離は走れそうな馬たちだし興味深いメンバー構成になったわ。
 
それじゃ、函館スプリントステークスの予想を始めて行くわよ。
まずはこの表を見てちょうだい!
これは、過去3年間の函館スプリントステークスの配当よ。

配当

こんなの見せられたらよだれが止まらないわよね!!!


さすが夏競馬!過去10年間でも3連単の10万超えが5回と荒れるレースね。

去年は2桁人気が2着・3着に入って94万馬券、一昨年は断然の1番人気だったストレイトガールが飛んで87万馬券と、今年も一筋縄ではいかなそうね。
 
馬名が赤くなっているのは牝馬を示しているんだけど、こんな格言を知っているかしら?
 

“夏は牝馬!!”
 
牝馬は夏に良く走る傾向にあると言われていて、上の表でも9頭中4頭が牝馬なのよね。


過去10年間で3着以内に入った30頭の内“牝馬は12頭”と牝馬の相性が良い事を覚えておいた方が良いわね。

牡馬が結果を残さないという事ではなく、他の時期に比べて牝馬が台頭する時期なの!
 

次はこれよ。
過去5年間の函館スプリントステークス3着内馬の位置取りを表したもの。

位置取り表
位置取り

 
まず、これで分かるのは脚質が二分するという事。
割合的には半々だけど、ここ2年は差し馬同士で決まっているし、逃げ馬が粘る時は先行勢で決まるのよ。

つまり、その年のペース判断が重要になってくるのよ!!
今年は開幕週に行われるからここの読みが最も予想に大事な個所!


位置取りが赤い所は前半の600mが33秒台のハイペース、赤い所は34秒台の遅めのペースとなるの。

今年はどんなペースになるのか?
後で教えるわ!!
あわてない!あわてない!
 
ここからは表にはしないけど私が見つけた馬券に絡みやすい傾向を教えるわ。
過去の傾向は嘘つかないから見逃したら損するわよ!!!

 
函館・札幌での3着以内の経験があると良い。
 
・過去に1200mで3着以内の実績があると良い
 
・3歳馬は1200m戦での3着以内の実績は必須(格が高ければ高いほど良い)

 
 
とにかく、函館や札幌の馬場と、1200mの距離適性が大事って事!
 
このデータに1つも該当しない馬はこの子たちね。
・スカイキューティー
・セイコウライコウ
・セカンドテーブル
・ソルヴェイグ
・ファントムロード
・ローレルベローチェ

私はこの6頭とは決別よ!!

あらっ!?
上位人気が濃厚なローレルベローチェが消えたわ!!
ますます、高配当の匂いしかしないわね!
 
さて、私の渾身の予想を発表するわよ!!
 
◎アクティブミノル
 
○レッツゴードンキ
 
▲シュウジ
 
△アースソニック
 
△ティーハーフ

 
エポワス
 
それじゃ、各馬について触れて行くわ。
と、その前にお約束のペースの話をするわね。

今回の函館スプリントステークスのペースを私はどう判断したか言うわ。
 
ずばり、前半600mは34秒台前半で流れて先行勢に有利な展開に働くと読んだわ。

絶対的に逃げたいのがローレルベローチェだけだし、すんなりハナを取れそうなのは濃厚だから速くはならないと考えて前の方でレースが出来そうな馬を選んだわよ。

 
◎
アクティブミノル
【前走:高松宮記念4着(16番人気)】
 
ここ2戦は控える競馬を覚えて、前走の高松宮記念では5番手からレースを進めて勝ったビッグアーサーと0.4差とあわや3着!と思わせるレース振りで頑張ったわね。

 
新馬戦、函館2歳ステークスと連勝した実績があって函館巧者であることは間違いないし、全3勝全てが1200mと距離への適性もばっちり!!

乗り慣れた藤岡康太騎手に大いに期待ね!!
 
○
レッツゴードンキ
【前走:ヴィクトリアマイル10着(8番人気)】
 
去年の桜花賞馬も気が付けば過去の馬・・・あの馬は今ってテレビがあれば出るわね。
って誰もが思っていると思うけど、私は違うわよ!!


ただ、買うのは今回だけよ!

前走の高松宮記念は、スタートからG1のスピードの付いて行けずに後方からのレースになったんだけど、しっかり折り合いは付いていたように見えたわ。

で、最後の直線では馬群に突っ込んだら前が壁だらけで追う事が出来ずに10着・・・。
ただ、この10着はまともに騎手が追っていないの。
残り50m付近でやっとスペースが見つかったころには万事休す!
 
それでも、馬なりで4頭くらい抜いているからまともに追っていればもう少し着順は上がっていただろうし、3着争いも出来たと思っているわ。


札幌競馬場で好走しているように北海道の馬場にも対応済み、本質はスプリンターではないから距離への不安はあるけど、人気もないし是非狙ってみたい1頭ね!

鞍上の吉田隼人騎手も魅力よ!

▲
ティーハーフ
【前走:安土城ステークス6着(5番人気)】
 
去年のこのレースの勝ち馬。
しかし、去年の勝ち方はすごかったわねぇ。
道中最後方から4コーナーでは中団の外に付けてそこから突き抜けてのゴール。
確かに去年はハイペースのおかげで後ろの馬が来たけど、この馬が函館を得意にしていると思うわ。

 
2歳時には函館2歳ステークスで3着だし、札幌のキーンランドカップでも3着と“洋芝”と言われる函館・札幌と相性が良いのは間違いないわね。

※洋芝とはパワーが必要な芝の事よ
 
特に、函館競馬場の重賞はリピーターが多く見られるから去年勝っている実績を考えれば抑えは必要よ!

 
△
シュウジ
【前走:NHKマイルカップ12着(8番人気)】
 
デビューから3連勝と高い素質を見せていた馬だけど、ここ数戦は距離や馬場に泣かされて良い所なし・・・。
でも決して悲観する必要はなくて、久々に自分の土俵でレースが出来ると思うのよ。

 
父キンシャサノキセキは2010・2011年の高松宮記念を連覇した生粋のスプリンター。
この馬にはスピードに溢れた血が流れていて1200mの今回なら十分見直せるわ。


スプリント適性も高いし52㎏の斤量も魅力ね!
 
ただ、3番手評価にしたのはこれまで1度も函館と札幌の経験が無いという事。

 
△
アースソニック
【前走:春雷ステークス9着(3番人気)】
 
去年のこのレースで大外から突っ込んできて波乱の片棒を担いだ馬。
この馬の場合は展開の助けが必要だから、ハマらないと厳しいかもしれないけど、万が一ハイペースになれば去年の再現も十分に考えられるわ。

 
ティーハーフの所でも言ったけど、函館は函館巧者のリピーターがよく来るから馬券の相手に入れておけば、思わぬ大金が入ってくるかもしれないわ!
 

THE・洋芝適性!!
と言っても過言ではないこの馬!
力より適性が物言う函館で
ちゃぶ台をひっくり返すような穴となるこの馬!!

 
注目穴馬

エポワス
【前走:京王杯スプリングカップ16着(16番人気)】

 
この馬の函館の成績は【1-3-0-0】と連対率100%と“Mr.洋芝”と言ってもいいくらい適性は高いのよ。

洋芝が得意って話だけど、他にも阪神や中京と言った重めの芝の競馬場でも好走が目立つの!前走の16着は目を瞑りましょう。
 
前走は8ヶ月半の休み明けだったし今回は確実に状態が上向いてくるわ。

 
父ファルブラヴの函館・1200mの成績は【8-6-3-35】で勝率:15.4%、複勝率:32.7%と出走頭数が50頭を超えている種牡馬の中では2番目に高い勝率と、血統面からもこの舞台が合っているのが分かるわ。
 
とは言え、1着までは見えないから馬券の相手として置いてJRAからボーナスでももらっちゃおうかしら!!



実績

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る