レース回顧

中山11R紫苑ステークス予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 8 18 ビッシュ
2着 5 9 ヴィヴロス
3着 1 2 フロンテアクイーン
4着 6 11 パーシーズベスト
5着 5 10 パールコード


払い戻し・配当
単勝 18 310円
複勝 18 140円
9 210
2 270
枠連 5—8 290
馬連 918 1,210
ワイド 918 540
218 720
29 1,270
馬単 189 2,230
3連複 2918 3,840
3連単 1892 14,590


当サイト予想印
枠番 馬番 着順 馬名
7 15 6 スマートルビー
8 17 12 クィーンズベスト
5 9 2 ヴィヴロス
6 11 4 パーシーズベスト
5 10 5 パールコード
3 6 8 ウインファビラス
 
<紫苑ステークスの予想記事>
紫苑ステークス 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ


エビコの結果報告
土曜日に中山競馬場で行われた紫苑ステークスの回顧をしていくわ!
 
今年から重賞となって記念すべき第1回目。


このレースを制したのは、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気ビッシュ。

いや〜、ここまで力が違うとは思わなかった…圧巻の勝ち方だったわね。
 
スタートして、ハナを主張する馬もいなくてどの馬が行くのかなぁと見ていたら、最内枠からゲッカコウがハナを叩いて行ったわね。

2番手にはキリシマオジョウ、パールコードは先行勢を見るような位置でその外にビッシュ、中団あたりからヴィヴロス、後方2番手からパーシーズベストと言った隊列でレースは進んで行ったわ。
 
ペース的にはスローというわけではないけど、終始馬群は固まった状態で進んで行って、3コーナー過ぎたあたりで数頭が不利を受けるアクシデント。

その煽りを受けたのは、ヴィヴロス、パールコード、スマートルビーなど。

 
この不利を一切受けずに自分のレースが出来たのが大外枠のビッシュ。

3・4コーナー中間地点からすーっと上がっていくと手応え十分で直線へ。

直線では、後続をあっさりと突き放し2着に2馬身半の着差をつけて完勝!!

クラシック3着馬の底力をまざまざと見せつけられてレースだったわ。

ビッシュは、間違いなく秋華賞では中心になるわ。


 
2着のヴィヴロスは、不利を受けて他馬が上がっていたところで動けなかったのは誤算だったわ。

でも、直線では伸びているし3着には3馬身半の決定的な差を付けたから、秋華賞本番ではヒモ狙いで面白いと思うわ。
 

2番人気に押されたパールコードは、良い位置でレースが出来たとは思うけど直線では伸びきれず5着。

次走は、調子が上向いてくるはずだからこの馬もヒモで期待できるわ。

 
私の本命のスマートルビーは6着だったわ。

後方から行くのは想定内だし、自分のレースは出来たと思うけど3コーナー過ぎの不利の影響で手綱を引く形になり、一旦ブレーキをかける状態になってしまったのは痛かったわよ。
 
直線では伸びてきているだけにスムーズに捌けていれば3着争いも十分にあったわね。
 
掲示板に入った馬の人気順は、1番人気→3番人気→5番人気→7番人気→2番人気と7番人気のパーシーズベスト以外は人気通りに5着以内に入ってきたわね。


今後の紫苑ステークスの傾向として、夏の上がり馬を狙うよりはクラシックを走っていた馬を狙うのがセオリーになって来るわね。
 
ビッシュ、ヴィヴロス、フロンテアクイーンには、10月16日(日)に京都競馬場で行われる第21回秋華賞への優先出走権が与えられるわ。
過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る