G1レース展望
つい先日、有馬記念が終わったばかりだと言うのに2016年の競馬が幕を開けました。
長い事競馬をやっていると何となくダービーを1年の区切りとして見てしまうので、競馬が1年終わったと感じる事はさほどありません。
今年の牡馬は粒ぞろいかなとも思っています。
朝日杯の1、2着馬にホープフルステークス組を筆頭にどんな馬たちが立ち向かっていくのかが大変興味深いです。

その、3歳最初の重賞が今回展望をするシンザン記念になります。
過去の出走馬にはジェンティルドンナ、オルフェーヴル、ダイワスカーレットなどG1戦線で活躍した馬が出走をしているレースになります。
勝ち馬だけでなく、出走馬にも要注意です。
では、このシンザン記念の登録馬を見て行きます。
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アストラエンブレム56.0小島茂之美浦
キングライオン56.0矢作芳人栗東
クリノシャンボール56.0川村禎彦栗東
コクスイセン56.0田中章博栗東
コパノリスボン56.0村山明栗東
サクレメジャー56.0村山明栗東
シゲルノコギリザメ56.0谷潔栗東
ショウナンアヴィド56.0須貝尚介栗東
スナークスカイ56.0川村禎彦栗東
ダンツエンペラー56.0本田優栗東
ツーエムレジェンド56.0池添兼雄栗東
ドゥーカ56.0作田誠二栗東
ノーブルマーズ56.0宮本博栗東
ヒルノマゼラン56.0昆貢栗東
ピースマインド56.0宮徹栗東
ファインニードル56.0高橋義忠栗東
メイショウシャチ56.0石橋守栗東
レインボーライン56.0浅見秀一栗東
レオナルド56.0藤原英昭栗東
ロジクライ56.0須貝尚介栗東
ジュエラー54.0藤岡健一栗東
ラルク54.0松永幹夫栗東
クリスタルタイソンセン56.0荒川義之栗東



それでは、データ面からシンザン記念を紐解いていきます。


1番人気(3-1-0)
2番人気(3-1-2)
3番人気(1-1-2)
4番人気(1-0-1)
5番人気以下(2-7-5)
勝ち馬の傾向としては人気馬が勝利を収める傾向になります。
一方、紐ではやや波乱が見られますので、相手は手広く選んだ方が良さそうです。


朝日杯FS(2-2-2)
未勝利(2-1-0)
中京2歳S(1-2-0)
千両賞(1-1-0)
東スポ杯(1-0-0)
ひいらぎ賞(1-0-0)
出走頭数は朝日杯組と未勝利組が多いですが、数字ではそこまで信頼は置けません。
逆に、千両賞、ひいらぎ賞など500万特別を勝ち、参戦してきた馬の好走が目立ちます。


1着(4-3-3)
2着(1-1-2)
3着(0-1-1)
4着(1-0-1)
5着(0-1-1)
6~9着(2-0-1)
10着~(1-3-1)
過去10年での勝馬の半数は2番人気以内の支持を受けています。
3着まで見ても3番人気以内の複勝率は高いです。
しかし、10番人気以下の穴馬の激走も目立ちます。


逃げ(3-1-0)
先行(4-5-5)
差し(2-3-4)
追込(1-1-1)
3歳戦故にハイペースにはなりにくいです。
なので、前残りも見受けられます。

特に、最後に坂が無く止まりにくい逃げ馬には要注意です。


1200m(0-1-0)
1400m(2-1-4)
1600m(6-5-5)
1800m(2-2-0)
2000m(0-1-1)
1200mは極端に悪いです。
1800mまでこなせる馬は尚良いです。


さて、これらのデータを踏まえた上で私の印を発表します。
皆さんの予想に参考にしてください。

×レオナルド

×ツーエムレジェンド

☆ノーブルマーズ

△アストラエンブレム

△シャドウアプローチ

▲ラルク

ピースマインド

ジュエラー



では、一頭ずつ触れていきます。


×レオナルド
新馬戦は1番人気に支持されるも雨が堪えた3着でしたが、続く未勝利戦ではキッチリ勝利。
初めてのマイル戦が唯一の不安材料でしょう。


×ツーエムレジェンド
前走の朝日杯では、1、2着馬には離されてしまいましたが3着からは0.1差と差のない競馬をしています。
血統背景からはダート色が濃いのでここの成績如何ではダートに進むのもいいかもしれません。


☆ノーブルマーズ
これまでキャリア6戦と重ねている中で、掲示板を外したことのない堅実な走りが持ち味です。
全レースで上がり3ハロンがメンバー3位と堅実な末脚も魅力です。


△アストラエンブレム
兄は一昨年の札幌2歳ステークスを勝ったブライトエンブレムです。
兄の父がネオユニヴァースなのに対し、アストラエンブレムはダイワメジャーと兄よりもマイラー色の濃い血統となっています。
前走のサウジアラビアロイアルカップは先に抜けた2頭を捉える事は出来ませんでしたが、最後は最速の上がりを見せ3着。
母方のムラッ気が出なければ好勝負必至です。


△シャドウアプローチ
京王杯2歳ステークスで1番人気に推された素質馬も、朝日杯では11番人気の低評価でした。
しかし、その低評価を覆し3着に入り波乱を演出。
まだまだ絶対的な信頼を置けるわけではありませんが、押さえておく必要はあります。


▲ラルク
2014年のセレクトセールで1億5000万で取引された超が付く良血馬です。
新馬戦は逃げる形になりましたが、終わってみれば圧勝の形でした。
血統面も含めて未知数なところは多いですが、世代随一と呼び声高いディープインパクト産駒に期待です。




〇ピースマインド
新馬戦はリオンディーズの2着。
そのリオンディーズは朝日杯を圧勝と怪物っぷりを発揮している中で、3着に3馬身を付けた新馬戦は評価できます。
続く未勝利は文句なしの圧勝。
この馬も一気の距離短縮が課題でしょう。





◎ジュエラー
姉ワンカラットは2009年のフィリーズレビューを制するなど主に短距離で活躍しました。
その弟で、父はヴィクトワールピサに代わりファルブラヴの姉に比べれば距離は融通が利きそうですし、
何より新馬戦のパフォーマンスが圧巻でした。
ステッキを使わずに後方から差し切った脚は結構なポテンシャルを感じます。
間隔も開いて、2戦目と超えるべき壁は高いですがここも楽に勝てるようなら、朝日杯の1、2着馬にも割って入れるだけの能力はあるはずです。



と5頭上げさせて頂きました。
ここからクラシックの幕が開けます。
近年、名馬への登竜門として確率されつつあるこのレースの勝ち馬はどの馬なのでしょう。

ここで挙げたデータを駆使して予想に役立ててください。
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る