シンザン記念

京都11Rシンザン記念(GⅢ・芝1600m)
◎10 ダッシングブレイズ
○01 ノースストーム
▲05 クインズロンペール
△02 サトノフラム
×12 ナヴィオン

昨年から2歳限定戦の番組が大きく改革。500万戦やオープン特別、重賞などが増えたことで、各馬様々なローテーションが組めるようになった。

当然それと共に昇級を加算できる場所が増えたワケで、真冬のこの時期は春に備えての充電期間にあてる有力馬が増加。今年のシンザン記念は12頭と寂しいメンバー構成だ。

例年なら朝日杯FSで人気の一角になっていたような馬が数頭集まるものだが、今年は朝日杯FSで5番人気だったナヴィオンくらい。まずはこの馬の取捨選択がポイントとなるだろう。

朝日杯FS組が巻き返すときのパターンは、ほぼ決まって先行馬。GIの厳しいペースになって力尽きた先行馬が、楽な流れに変わって力を見せるのだが、ナヴィオンは理想的な差しの利く展開になったにも関わらず伸びを欠き11着に敗退。たしかに京都や新潟のような軽い馬場向きで、阪神の道悪が応えたという敗因はわからないではないが、使い込んできて上積みが見込みづらい状況や、今の京都はグリーンベルト状態で差しが利かない傾向ということを踏まえると、どうも触手は動かない。押さえの1頭程度の評価でいいように思う。

オルフェーヴルでさえ2着に負けたレース。京都の外回り戦と言えども、差し追い込み馬は割引が必要で、狙えるのは内枠の先行馬たちだろう。

◎ダッシングブレイズは前走2着に敗れたが、中京の馬場を考えれば上がり34秒3は出色。出遅れて後方の内々。終始前が開かず、スローペースの流れでは絶望的かと思われたが、そこからハナ差まで詰めてくるのだから負けて強しと言えるだろう。本来好位で運べて速い上がりを使える馬だけに今の京都への適性も高く、1勝馬がこのレースで活躍するときはキャリアが浅いことがほとんど。今年はこの馬で間違いない。

距離短縮でキレが増すはずの○ノースストーム、芝で真価発揮が期待できる▲クインズロンペール、まだ見限れない△サトノフラム、実績断然の×ナヴィオンまでが相手。

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る