G1レース展望
さて皆様。
日曜日の競馬はいかかでしたか?

これまで、数々のレースで思い知らされて来ましたが、このレースでもそれを見せつけられる結果となりました。
やはり、『競馬に絶対は無い』という事です。


昨日の宝塚記念は、ある意味後世に語り継がれるほどのレースとなりました。
ゲート試験をパスし、万全の状態で挑んだはずのゴールドシップがまさかのゲート内中立による大出遅れ。
一度は落ち着いたかのように見えたが、二回目に立ち上がった時にゲートが開くと言う最悪のタイミングでのスタート。
スタート後に、横山典弘騎手が首を横に振っているのが実に印象的でした。

先日、生徒が先生に恩を返すことが出来れば三連覇は出来ると言いましたが
まさか、ここにきて反抗してしまうとは思いもよりませんでした。
結果論ですが、G1を三連覇する難しさを感じる事となりました。
単に馬の能力だけでは成し得ることは出来ないのだなとも思いました。
後は、もしかしたら天皇賞(春)で精根尽き果ててしまったのかもしれませんね。

レース後、横山典弘騎手は「彼に聞いてみないとわからない・・・」と言い
須貝調教師は「ゴールドシップを見捨てないでください・・・」とコメントを残されました。

JRA史に残る記録の達成は成し遂げられませんでしたが、
それ以上に、良いも悪いもファンの記憶に残るレースになったのではないでしょうか。


さて、先週で中央での競馬開催は一旦終わりになり、今週末からは夏のローカル開催に変わっていきます。
函館、福島、中京での3場開催となり、ここでは福島で行われるラジオNIKKEI賞の展望をお話させて頂きます。

ラジオNIKKEI賞とは、夏の福島の開幕を告げる3歳の中距離重賞となっており、
クラッシクに出られなかった馬や、秋に飛躍を誓う馬などが顔を揃える名物重賞となってます。
クラッシクに出られなかった馬たちが顔を揃えるので、勝った馬が秋以降に活躍するかと言われると実際がそうではないですね。
やはり、力的に一枚は落ちる馬たちによる戦いですからね。

では、注目馬を挙げて行きたいと思います。

まずは、ダービートライアルのプリンシパルステークスを制しながらダービーを回避し
こちらに回って来たアンビシャス(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)
これまで5戦3勝・3着2回と複勝圏内パーフェクトの成績。
前走も後方からレースを進め、上り3ハロンがメンバー最速の34.0を記録。
恐らくダービーでも好勝負出来たはずだが、照準をここ一本に絞ってきました。
菊花賞に向けて賞金を加算したいですし、問題は小回りへの対応だけでしょうね。

次は、三冠馬オルフェーヴルの弟のアッシュゴールド(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)
デビューから否応なしに注目され続けている馬だが結果は、まだまだその期待からはかけ離れてしまっています。
特に前走の毎日杯では、最後の直線で両方から馬に挟まれた途端走る気を一気に失くし結果は15着と大敗。
同じ時期の兄・ドリームジャーニー、オルフェーヴルよりも子供な面を見せています。
昨年の未勝利やデイリー杯2歳ステークスなどを見ると持っている能力は上のクラスでも通用するはずです。
後は、心身ともに大人になるのが先でしょう。
この、3ヶ月でどれだけ馬が変わっているかが注目です。

次は、ナヴィオン(牡3、栗東・橋口弘次郎厩舎)
新馬戦とききょうステークスで見せたパフォーマンスはその先の可能性を感じさせるものではあったが、
その後はちぐはぐな競馬が続いています。
こちらも、前走の毎日杯でよもやの大敗。
新馬戦以降、これといった休みをとらないままレースに望んでおり近走では体調面が優れなかったのが原因かもしれません。
しかし、今回はしっかりと休みを取っての仕切り直しの1戦となりますのでここも要注目です。

外国産馬でこれまで2戦2勝のキャンベルジュニア(牡3、美浦・堀宣行厩舎)
今年のダービートレーナーの堀厩舎が送り出す新たな刺客。
二冠馬のドゥラメンテに骨折が発覚し来春まで出走が出来ないことが発覚し、その後釜としてこの馬にも期待が掛かる。
キャリアはまだ2戦だが2走ともセンスを感じるレースを見せています。
父は、日本でもお馴染みのフェアリーキングの直仔のエンコスタドラゴ。
自信は短距離を中心に活躍していたが、本馬は2000mを2回使っており距離不安などは無いだろう。

オグリキャップの血を引く数少ない馬のストリートキャップ(牡3、美浦・斎藤誠厩舎)
90年代前半の競馬ブームを彩ったオグリキャップの血を引く貴重な牡馬。
新馬戦は4番人気ながらロスなく立ちまわり快勝。
そのレースセンスのよさに今後の可能性を感じたが、その後は結果が出せず前走の500万で久しぶりの勝利。
スタート後、スンナリと好位に取り付き直線では力強い伸びを見せた。
勝ちタイムも使いながら縮めており、徐々に力は付けているのかもしれない。
オールドファンにはたまらない、オグリキャップの血統。
この血で、秋の淀を走る姿を見てみたいですね。

と、名前を挙げられるのはこれくらいでしょうか。
現段階ではアンビシャスが抜けていると思いますが、競馬なのでどうなるかは分かりません。
また、週末にお話しさせて頂きます。
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る