G1レース展望
今週から夏の北海道開催は函館から札幌に舞台を移して9月4日まで行われるの。

その札幌開催の開幕を飾る重賞は牝馬たちによって争われるクイーンステークス。

前走重賞組が有利だけれど、条件戦組も馬券に絡んでくる面白いレースよ!
 
まず登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
ウインプリメーラ55.0大久保龍栗東
カトルラポール51.0浅野洋一美浦
キャットコイン55.0二ノ宮敬美浦
シャルール55.0松永幹夫栗東
ダンツキャンサー55.0谷潔栗東
チェッキーノ52.0藤沢和雄美浦
テルメディカラカラ55.0石橋守栗東
ナムラアン55.0福島信晴栗東
ノットフォーマル55.0中野栄治美浦
ビービーバーレル51.0中舘英二美浦
ペルフィカ55.0岡田稲男栗東
マイネグレヴィル55.0和田正道美浦
マコトブリジャール55.0鮫島一歩栗東
メイショウスザンナ55.0高橋義忠栗東
リラヴァティ55.0石坂正栗東
レッドリヴェール55.0須貝尚介栗東
ロッテンマイヤー51.0池添学栗東

 フルゲート14頭に対して17頭の登録があるようね。

今年の出走馬の中で最も注目なのはオークス2着のチェッキーノ!
3歳馬VS古馬!どんなレースを見せるか注目よね!
 
それじゃ、クイーンステークスを紐解いていくわよ。

以下のデータはクイーンステークスの過去10年分のデータになるわ。
 
前走クラス別成績
class


過去10年で馬券に絡んだ30頭の内22頭が前走重賞から挑戦した馬なの。

当然と言えば当然だけど、重賞でもG1組が群を抜いているわ!
でも1600万下が馬券に絡まないと旨みが出ないのよね。

もちろんエビコは重賞好走馬だけで馬券を組み立てるんじゃなく、1600万下も馬券にしっかり仕込むわ!
 
ただし、1600万下が馬券に絡むのには条件があって、札幌か函館での成績が特に良い馬たちだけ!

ここは重要だから忘れないようにね!!
 
【前走G1】
・ウインプリメーラ
・シャルール
・チェッキーノ
・レッドリヴェール
・ロッテンマイヤー
 
【前走1600万】
・テルメディカラカラ
・ノットフォーマル

 
 
前走着順別成績
着順別成

過去10年のクイーンステークス出走馬の前走着順に目を向けると、4着以下の馬券圏外だった馬が好走するパターンが見て取れるわ。

勝ち馬は前走9着以内からほぼ出ているけど、2着馬・3着馬は前走10着以下の馬からもたくさん出ているから、馬券的には手広くいきたい所!

 
年齢別成績
年齢

年齢別に見ると3歳馬の数字が若干良いわね。

この大きな要因は“斤量差”でしょうね。

3歳馬はクラシックで好走しても背負う斤量は“52㎏”、逆に古馬は一律“55㎏”と3㎏の差があるの。

これは、3歳馬にとっては大きなアドバンテージよ。

6歳上の高齢馬で好走するのは、過去に重賞で掲示板に入っていたり、札幌競馬場や函館競馬場での成績が良い場合よ!

ここも高配当を得るためには重要なポイントよ。
 
【3歳】
・カトラルポール
・チェッキーノ
・ビービーバーレル
・ロッテンマイヤー
 
【4歳】
・キャットコイン
・シャルール
・テルメディカラカラ
・ナムラアン
・ノットフォーマル
・ペルフィカ
 
【5歳】
・ダンツキャンサー
・マイネグレヴィル
・リラヴァティ
・レッドリヴェール
 
【6歳】
・ウインプリメーラ
・マコトブリジャール
 
【7歳】
メイショウスザンナ
 
それじゃ、ここまでのデータを使って私のオススメ馬を発表するわ!

 

注目馬1
チェッキーノ(3歳)
【前走:オークス2着(2番人気)】
 
前走のオークスこそシンハライトの切れ味に屈した形になったけど、この馬の強さを発揮したのは2走前のフローラステークスよ。
 
東京2000mの大外枠という圧倒的なビハインドを物ともせず3馬身差の圧勝。
3歳牝馬ではトップクラスに力があるし、52㎏で出走出来る今回は絶対的な本命で間違いないわ。

 
チェッキーノ自身、札幌競馬場は初めての出走だけど、父キングカメハメハの産駒は札幌や函館の芝を得意としていて、チェッキーノの兄姉たちもこの芝を得意としていることから、チェッキーノ自身も適性が高いのは間違いないわ。
 
秋華賞に向けて絶対に負けられないレースと言って良いわ!!
 

注目馬2
ノットフォーマル(4歳)
【前走:阿武隈ステークス11着(9番人気)】
 
1600万からの馬は芝適性が求められるってデータの所で言ったけど、この
ノットフォーマルの札幌成績は【1-1-0-1】と連対率は66.7%とかなりの適性を持った馬よ。
 
去年のクイーンステークスにも出走して逃げたんだけど、後続馬にマークをされて息を抜くことが出来ない厳しいレースにも関わらず勝ち馬から0.3差の小差。
 
今年は人気も無くてマークを薄くなるのが予想されるから去年以上の結果に期待ね。

 

注目馬3
シャルール(4歳)
【前走:ヴィクトリアマイル18着(9番人気)】
 
2走前の福島牝馬ステークス2着から挑んだ前走のヴィクトリアマイルは、先行したけどハイペースの煽りを受けて直線では手応えなく失速・・・結果はシンガリ負け。
G1では力が足りないけど、1600mと言う距離もこの馬には向いていないわね。

 
父ゼンノロブロイは札幌の1800m以上では勝率は12.2%と好成績を上げているから芝適性は問題ないし、牝馬限定のG3なら上位争いは十分に可能ね!
 

注目馬4
リラヴァティ(5歳)
【前走:マーメイドステークス1着(6番人気)】
 
前走のマーメイドステークスで初重賞制覇を飾った5歳の牝馬。
持ち味は前に付けて粘り込むことなんだけど、とにかく並んだら抜かせない勝負根性は素晴らしいわよ!

 
札幌のコース形態上、前に行った馬に有利な競馬場であるのは間違いないから脚質的には有利よ。
 
あとは、55㎏の斤量を克服出来るかどうかね。

 
忘れ去られたあの馬!(エビコも今思い出したわ!!!)
今回の絶対的伏兵馬であり、誰もが見落としがちの馬!
あのレースの勝ち馬がチェッキーノに黒星を付ける!?

 
注目穴馬

レッドリヴェール(5歳)
【前走:ヴィクトリアマイル14着(18番人気)】

覚えている人はいないでしょうね・・・この馬が2歳時にハープスターに勝ったことを・・・。
その後は、ダービー出走など訳の分からない事ばっかりしてしまったせいで、馬の歯車が狂って2歳時以来ずっと未勝利・・・。
でもね、私は買うなら“ココ”と思っているの。
 
2歳時に札幌2歳ステークスを勝っていて、去年のクイーンステークスは2着と適性は高いの。


札幌の芝って言うのは他の競馬場より圧倒的にパワーを求められる芝なの。

ステイゴールド産駒は札幌競馬場を得意としているし、この馬の血統はスタミナやパワーにとにかく優れた血統だから、札幌競馬場が最適よ!

近走の成績からかなり人気はないと思うけど、G1馬の復活&一発に期待よ。




実績


エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る