クイーンステークス

札幌11Rクイーンステークス(GⅢ・芝1800m)
◎12 アドマイヤリード
○10 パールコード
▲4 クインズミラーグロ
☆1 トーセンビクトリー
レースの見どころ
クイーンステークスの枠順が確定したわね。

事前予想でも伝えた通り、1番人気はアドマイヤリードになりそうよ。

僅差でアエロリットも張り付いているけど、いくらG1馬とは言えちょっと過剰な気がするわね。


月曜日記事で伝えた通り、アドマイヤリードを軸に相手3に絞ったから、要注目よ!

詳しくは後で話すわね。


まずは、確定した枠順からみてちょうだい。

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11トーセンビクトリー牝555.0福永祐一角居勝彦栗東
22アエロリット牝352.0横山典弘菊沢隆徳美浦
33シャルール牝555.0四位洋文松永幹夫栗東
44クインズミラーグロ牝555.0藤岡康太和田正道美浦
45ハツガツオ牝655.0古川吉洋石栗龍彦美浦
56マキシマムドパリ牝555.0藤岡佑介松元茂樹栗東
57ヤマカツグレース牝351.0池添謙一池添兼雄栗東
68クロコスミア牝455.0勝浦正樹西浦勝一栗東
69ラインハート牝655.0丸山元気上原博之美浦
710パールコード牝455.0川田将雅中内田充栗東
711ノットフォーマル牝555.0江田照男中野栄治美浦
812アドマイヤリード牝455.0ルメール須貝尚介栗東
813エテルナミノル牝455.0蛯名正義本田優栗東

サトノアリシア、スズカゼ、ハッピーユニバンスの3頭が出走を取りやめ、13頭となったのね。

それじゃ予想に入る前に、月曜日に紹介したデータをおさらいするわよ。


■過去9年の結果より
1番人気が馬券に絡む率が高く、今年はアドマイヤリードを軸に置くのがセオリー

■前走クラス別成績
今年は条件戦・OP特別組はパッとしないから、G3組以上で考えるのが良さそう

■当日人気別成績
前走G1で以下の馬に注意
当日の4番人気以内
・当日人気薄だけど、2走以前で好成績を挙げていた馬の巻き返し

■年齢別成績
3歳馬で馬券に絡む可能性があるのは、アエロリットのみ


今回、相手を3頭に絞るために2つのデータを用意したわ。

データは、函館で行われた2013年を除く過去9年分よ。


まずは、脚質別成績からみてもらうわね。

脚質別成績
脚質

予想通り、直線が短い札幌競馬場では追い込み脚質の結果が悪いわね。

特に開幕週で行われた6年(2007・2008・2010・2011・2015・2016)では、逃げ馬が2勝・先行馬が3勝しているわ。

今年も開幕週だから、逃げ馬と先行馬には注意したいわね。


今回逃げそうなのはクロコスミアだけど、1000万下からの参戦で馬券に絡んだ馬は過去にいないわ!

先行は、アエロリット・エテルナミノル・クインズミラーグロ・トーセンビクトリー・ノットフォーマル・パールコード・マキシマムドパリ・ヤマカツグレース…、8頭もいるじゃない…!

先行争いは激しくなりそうだから、スタミナがある馬を選びたいわね。

後方からのアドマイヤリードは、直線は短いけど走りやすいレースになりそう。

月曜日記事でも、勝ち切るのは難しそうと伝えたけど、結果的にも3着って考えるのが良さそうね。


先行勢の8頭の直近のレース結果をみて、スタミナ的に押さえておきたいのは…

クインズミラーグロトーセンビクトリーパールコードマキシマムドパリヤマカツグレースかしらね。


次は、前走のタイム差別成績よ。

前走着差別成績
前走着差

前走の勝ち馬の成績はあまり良くないわね。

複勝率で見ると、0.1~0.5秒で負けている馬を相手に選びたいわね。


前走を0.1~0.5秒で負けている馬は、シャルールクインズミラーグロハツガツオエテルナミノルの4頭よ。


それじゃ、ここまでのデータを基に予想をするわね。

今回はアドマイヤリードを軸に、三連単相手3頭のマルチ18点の推奨よ。

「え?この馬を切るの?」って予想になっているから、楽しみにしてちょうだい!


◎アドマイヤリード

パールコード

クインズミラーグロ

トーセンビクトリー


本命
アドマイヤリード(牝4)
【前走:ヴィクトリアマイル(G1)1着(6番人気)】

1番人気の複勝率が8割。
軸にするにはそれだけで十分だと思うわ。

しかも今回はアエロリットが差のない2番人気となっているから、アドマイヤリードが絡んでも、アエロリットが圏外になればガチガチの馬券にはならなさそうね。


アエロリットは確かにG1馬ではあるけれど、過去10年でNHKマイルカップを制した馬の次走の成績は微妙なのよ。

馬券に絡んだのは、ディープスカイカレンブラックヒルの2頭のみ。

この2頭に並ぶ力があるとは思えないわ。


アドマイヤリードを軸として考えた決め手は脚質

差し馬の成績は先行に次ぐ数値だけど、今回は先行馬が多いレース。

先行争いが激しくなるから、馬券に絡むのはスタミナのある先行馬と、後方からの脚を使える馬に絞ったわ!

開幕の芝だから直線で外に出すのは若干ロスになるけど、手綱は安心のルメール騎手。

1着までは届かないイメージがあるけど、3着以内の確信は持っているわ!


アエロリットが飛ぶだろうクイーンステークス
それを相手3頭、三連単18点でしっかり仕留めるわ!
しかも、あの馬も切ったから配当もそれなりになるわよ!



対抗

パールコード(牝4)
【前走:マリーンカップ(地方G3)5着】

月曜日記事でも紹介したけど、この馬は強いわ。

前走地方を走った馬がいないからデータ的には説明しづらいけど、これまでのレースから考えれば力があるのは容易に想像できるわ。

中央で走った直近3走のうち、G1の2戦を含めて5番人気以内の支持。

結果的にも掲示板を外していないのよね。

特に、エリザベス女王杯(G1)でミッキークイーンの0.1秒差というのは高い評価ができるわ。


前走の地方を走った理由が分からないこと、またその成績から上位人気からは外れたけど、この馬はまだ4歳。

ダート路線での可能性や、スタミナの確認で走ったと考えれば、マイナスにはならないわ!

おそらく前走も試しに走った程度。
上位人気馬に隠れた今回は、美味しい馬券になるわよ!



単穴

クインズミラーグロ(牝5)
【前走:マーメイドステークス(G3)2着(2番人気)】

安定性の高いマキシマムドパリは?
と思う人も多いかもしれないけど、紹介した通り前走で勝った馬の成績は良いものではないのよね。

また、前走のスタートは上手くいったけど、そもそもマキシマムドパリはスタートが苦手

今回先行できたとしても、他の先行馬に比べると精度的には劣ると思うわ。

スタートに失敗した場合には、後方から差す競馬をすることになるけど、ギアが変わるまでに時間が掛かるマキシマムドパリには札幌の直線は短いのよね。


そして、クインズミラーグロマキシマムドパリの力は正直五分!

でも、今回はこれまでのデータを踏まえて前走で負けたクインズミラーグロを選択したわ。

ちなみに前走はマキシマムドパリよりもクインズミラーグロの方が人気だったの。

人気が逆転する今回、尚更この馬を選ぶ理由になるわ!



注目穴馬

トーセンビクトリー(牝5)
【前走:マーメイドステークス(G3)9着(1番人気)】

月曜日の注目穴馬で紹介した馬。

理想通り、前走の負けで人気を落としてくれているわね。

ただ、前走の敗因は明確で、直線の位置取りと不利で9着になっただけなの。
今回は、1着が濃厚よ!


開幕初週で内枠を取れたのはプラスだし、前走0.7秒差で負けているというのは良いデータね。

過去9回のデータでは、前走0.6~0.9秒差で負けている馬が4勝しているのよね。


仮に直線で先行馬が前に並んだとしても、スタミナがある馬が多いから前が詰まるということもないだろうから、前走のような不利は考えにくいわ。

そして、先行馬にして切れる脚を持つ馬だから、最後突き抜けるはずよ!




2017的中実績


エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る