クイーンステークス

札幌11Rクイーンステークス(GⅢ・芝1800m)
◎11 シャルール
○4 レッドリヴェール
▲3 テルメディカラカラ
☆9 ノットフォーマル
△8 ロッテンマイヤー
△13 リラヴァティ
ついに関東でも梅雨が明けて夏本番って感じよね。
しかし、最近の涼しさから一気に暑くなると思うとゾッとするわ・・・。

まぁ、私には相棒のエアコンがあるから今年もフル稼働させてやるわ。
 

今週の札幌の天気を見るとずっと雨模様なのよね。

開幕週だから芝は水捌けが良くて乾きやすい状態だと思うけど、断続的に降るなら雨も考えて予想をしなければならないわね
 

私は雨が降って馬場が悪くなる前提で予想して行くわ!

雨が降るのが理想だけど、仮に雨が降らなくても力を出せそうな馬を後で教えるわね!

最近流行の『二刀流』ってやつね!!
 
今年の枠順が確定したから見てちょうだい。

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ダンツキャンサー牝555.0勝浦正樹谷潔栗東
22マコトブリジャール牝655.0四位洋文鮫島一歩栗東
33テルメディカラカラ牝455.0ルメール石橋守栗東
44レッドリヴェール牝555.0ティータ須貝尚介栗東
45カトルラポール牝351.0菱田裕二浅野洋一美浦
56ウインプリメーラ牝655.0福永祐一大久保龍栗東
57ナムラアン牝455.0三浦皇成福島信晴栗東
68ロッテンマイヤー牝351.0池添謙一池添学栗東
69ノットフォーマル牝455.0柴山雄一中野栄治美浦
710マイネグレヴィル牝555.0丹内祐次和田正道美浦
711シャルール牝455.0横山典弘松永幹夫栗東
812メイショウスザンナ牝755.0大野拓弥高橋義忠栗東
813リラヴァティ牝555.0松若風馬石坂正栗東
 
今年はフルゲートの14頭が集まったわね。

注目は何といってもオークス2着から参戦したチェッキーノよね・・・。

ん??チェッキーノは・・・いない!!
 
どうやら屈腱炎を発症して休養に入るようなの。
初めての古馬を相手にどんな競馬をするか楽しみだったのに。
 
まずこの表を見てもらおうかしら。

配当


これはクイーンステークス過去3年分の3連単の配当になるんだけど、結果だけ見ると比較的穏やかな結果と言えるんじゃないかしら。

ここ3年間は、大きく荒れる事もなく1番人気がキッチリ馬券に絡んでいるし。

今年の1番人気だったはずだけど… なんだか雲行きが怪しくなってきたわね…
 
ここからはいつも通り新しいデータを使ってクイーンステークスを予想していくわ。

以下のデータは、クイーンステークスの過去10年分のデータになるわ。

 
人気別成績
人気
 
人気別成績を見ると、1番人気・2番人気は抜群の安定感を誇っているわね。

特に1番人気は過去10年で7頭も馬券に絡んでいると言う堅実っぷり。

特に過去5年の1番人気の成績は【3-1-1-0】と複勝率は100%
 
6番人気~9番人気の馬は、ここ3年間では必ず1頭は絡んでいるからこの辺りの人気になりそうな伏兵馬も押さえる事が必要となってくるわ。

人気馬から伏兵馬へと言うのが馬券の買い方になってくるわね。


 
脚質別成績
脚質別成績
 
小回りの札幌競馬場の特性上、逃げ・先行馬の好走が多く見られるわね。

特に、開幕週という事もあり近年では前に行った馬が圧倒的に有利と言えるわ。

基本的にこのレースはスローペースで流れる事が多いんだけど、稀にハイペースになると後方の馬の対抗も見受けられるからメンバー構成からどんな流れになるかを読む必要もありそうよ。
 
 
それじゃ、これまで出したデータをまとめるわよ。

 
■前走クラス別成績は、重賞組が強いが1600万組が穴を開ける
 
■前走着順別成績は、掲示板外の馬の巻き返しが見られる
 
■年齢別成績では、3歳馬の好走が目立つ
 
■配当を見ると、大荒れは見られない
 
■人気別成績では、1番人気・2番人気の信頼度が高い
 
■脚質別成績は、逃げ・先行馬が強い。

 
以上のデータを踏まえてクイーンステークスの印を発表するわ!
  
◎シャルール
 
○レッドリヴェール
 
▲テルメディカラカラ
 
△ロッテンマイヤー
 
△リラヴァティ

 
ノットフォーマル
 
それじゃ、1頭ずつ触れて行くわ。
 
本命
シャルール(4歳)
【前走:ヴィクトリアマイル18着(9番人気)】
 
2走前の福島牝馬ステークスは最後の脚は良かったけど、結果は内から粘り切ったマコトブリジャールを捕まえることが出来ずに2着。
 
前走のヴィクトリアマイルまでは、7戦連続連対した安定した走りを見せていたのよ。

その間は札幌、福島、中京、京都、東京と異なる競馬場で同じパフォーマンスが出来ると言うのは精神的に動じない強さがあるのね。

 
この馬自身も札幌で好走歴があって、近親にも札幌好走馬が見られるように洋芝適性は抜群!重馬場は福島で勝っているように全く問題ないわよ!
 
開幕週という事もあり鞍上の横山典弘騎手は絶対に前に付けて勝ちに行くはずだから思い切ってこの馬が本命よ。
 

対抗
レッドリヴェール(5歳)
【前走:ヴィクトリアマイル14着(18番人気)】
 
2013年の札幌2歳ステークスを勝って、その後の阪神ジュベナイルフィリーズではハープスターを破りG1勝利。
その後は絡むことはなかったけど、去年のクイーンステークスで2着。
 
この馬が馬券に絡んだ競馬場は札幌競馬場、函館競馬場、阪神競馬場と、どの競馬場もパワーやスタミナが問われる競馬場なのよね。
 
特に2013年の札幌2歳ステークスは騎手が泥んこになるほどの極悪馬場。
にも関わらず、長く脚を使って前との差を詰めて行って直線ではマイネグレヴィルとの叩き合いを制して勝利。

このレースを見ると、
今週は雨で馬場が悪くなることを考えれば買える要素は十分あるわよ。
 
 
単穴
テルメディカラカラ(4歳)
【前走:晩春ステークス1着(5番人気)】
 
母は阪神牝馬ステークスを2勝したジョリーダンス。

ジョリーダンスの父は菊花賞を制したダンスインザダークだから、中距離が合いそうな感じなんだけど、ジョリーダンス自身は短い距離で活躍したのよ。

そしてテルメディカラカラの父は2400mのG1勝ちがあるハービンジャー。

どう考えても中距離馬でしょ!?って感じなのにこのテルメディカラカラはマイル以下で活躍しているのよね。

 
現状、1800mは得意な距離とは言い難いけど、距離以上に重馬場の適性が高いことが今回は魅力なのよ。
 
今週の札幌は雨が濃厚、場合よっては重になることも考えられるから、そうなるとこの馬の出番になってくるわ。
 

連下
ロッテンマイヤー(3歳)
【前走:オークス13着(7番人気)】
 
叔母さんにブエナビスタのいる良血馬。
 
2走前で2000mの忘れな草賞を勝っているように今回の距離は問題ないわね。
前走のオークスは、17番が災いして1コーナーまでに脚を使わされたのが痛かったわね。
 
直線では止まっている訳ではないけど、伸びている訳でもない。
と考えれば、2400mの距離が長かったと考えるのが普通ね。

 
今回は距離も短くなるし斤量も51㎏で出走出来るのはアドバンテージになるわ。

3歳牝馬としてチェッキーノの分も期待したいわ!
 

連下
リラヴァティ(5歳)
【前走:マーメイドステークス1着(6番人気)】
 
オークスを勝ったシンハライトのお姉さんになるんだけど、妹とは打って変わって5歳になって前走のマーメイドステークスで重賞初制覇。
 
前走はスタート後3番手からレースを進めて行き、4コーナーで先頭に立つと後方から追い込んだヒルノマテーラの追い込みを封じて勝利。

 
ゼンノロブロイ産駒は、総じて札幌競馬場を得意としているし小回りをこなす器用さもあるので馬券圏内の争いには入ってくるでしょうね!

 
雨が濃厚な札幌競馬場。
血統面からも重はむしろ好都合!
開幕週で穴を開けるのはこの馬よ!!


 
注目穴馬

☆ノットフォーマル(4歳)
【前走:阿武隈ステークス11着(9番人気)】
 
去年のクイーンステークスでは、スタートからハナに立ちレースを作り直線でも驚異の粘りを見せたんだけどゴールまで交わされて惜しい4着。
 
ただ、去年は52㎏の斤量もあってマークされた逃げになってしまったのが痛かったわね。

でも、今年はハナに立てば競りかけてくる馬はいないし、自分の形に持ち込めるから去年のように最後まで粘る事も十分に考えられるわ。
 
近走は、控えたり中団でレースをしたりしているけどこの馬の力を出すならやっぱり逃げよね。
 
あと、札幌の成績が【1-1-0-1】とメンバーで1番相性が良いの
 
この馬はエルコンドルパサーの孫にあたるんだけど、エルコンドルパサーは超極悪馬場と言われた1999年の凱旋門賞で2着に入ったりと重馬場への適性もあるはず。
 
今回は、かなり人気がないから3着狙いの馬としてオススメするわ!




実績


エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る